2022年03月06日

リクエスト関連(女性は愛する人の子供だから育てられる?さん『共同幻想』論)

女性は愛する人の子供だから育てられる?さん(二編まとめて)
>自己愛的な性的興奮から来てるんですか?愛する人との子供は愛の結晶だと言ってます。(離婚する人もいますが)それで命がけで出産したり、何十年も愛する人やその子供を命かけて守ろうとする関係なってるのはすごくないですか?男性だって命がけで恋人や家族を守ろうとするんです。彼女達は「〇〇な考えに惹かれた」「価値観や趣味が似てて楽しい」「仕事が出来る」「頼りがいがある」などの理由で惹かれたと言ってます(容姿や年収は普通以上の前提ですが)。哲学とまではいかなくても彼女達なりに好きになった理由はいくらでも語れると

>地元に住んでた女性が新婚旅行先で強姦されて妊娠し、大好きな主人の子供かもしれないと思って産んだら黒い肌の子供で、強姦犯の子供は育てられないと施設に棄てて逃げました。ネットでも強姦されて妊娠した女性が「愛する人の子供かもしれないと思うと中絶できない。彼の子供だと信じて産みたい!」との相談を見かけます。それも自己愛的な性的興奮なんですか?強姦での中絶は俺もやむ得ないと思うけど、強姦した奴の子供だった場合は棄てるんだろうから愛する人の子供かもしれないとの賭けで産まないでほしいと思いますが。

■まず(詳しくはサイドバーコンテンツの専門用語解説『共同幻想』読んでください)
旧来の文化の延長における一般常識や社会認識のことを『共同幻想』と呼びますが(民族意識や国籍や通貨あ言語もそうです)、
結婚制度というのは、近代まで性行為の許諾権を権威者が持ち(不純異性交遊の禁止と欧米でいば結婚を前提とした教会権力が認める関係に限る)、同時に当該社会との関係は当時本人の生命線と関わっていました(日本で言えば村八分←これは間接的な殺人です)。

端的に言えば文化習俗に適応せず逆らえば「一生性交させない上に殺害する」という強迫がかかっているんです。
※ですから近代までは親がそこに嫁入りが決まったと言えば「二つ返事でわかりました言えた」のです。何故こんな制度が必要かと言えば、田植えから刈り取り(武家なら下剋上含む運命共同体《不始末があれば部下ともども腹切り》)、共同体の形成が集落全体の生命線であり、結婚や子供の管理は個人のものでは無く、一族や集落の定めるとことだったからです。

日本の一般世帯でも姑が絶対的権力を誇り、嫁いびりをするなんてのは日常風景でしたし、
K国のように異常とも言える儒教国家の場合、息子が性交する前に一部では父親が嫁と性交する慣習すら存在してました(試腹と言います)。

<<<現代でも結婚制度とは上記の文化を引きずっており、>>>
どうしてなのか論理的に本人が説明できないのに広範に女性特有の「結婚願望」などが存在します(これは明らかかな強迫神経症です)。
●勿論逆説的に言えば、統治する権威側も若者の過剰な反発を受けても制度を維持できません。これを懐柔する行為を”インセンティブ(利益誘導)”と呼びます。
(運動会に表書式や賞品があった理由です)
 ↓
村の祭りは無礼講で、酒池肉林のフリーSEX祭りだったり(その残滓が一部地方に今も残る、男性自身のドデカイオブジェを神輿のように担ぐお祭りです)、実際ねぶたなど伝統的な祭りも古代はそういう趣旨であったと言われており(昼間から酒が飲めない常識など、飲酒の承認も権威者が定めていました「その時だけ飲める」)、
日本の一部漁村などでは、青年になると村の子供は全員合宿し(童貞を失わせるため)話をつけている後家さんに夜這いを行う慣習があったりしました。

簡単に言えば「言う事聞けばSEXの狂乱も社会的地位も与えるが、逆らえば生涯誰とも性交させず奴隷階級に落としたうえで反抗すれば殺害する」というものだったんです。

■ですから”皆が認める結婚”を表す「披露宴」なんてな習慣が今も残っている
逆説的に言えば、
その文化の上に、GHQが持ち込んだ「自由恋愛幻想」が乗っかっており、
言えば、彼氏や彼女のいないような交友関係を持てない若者は”不適応者”であり、堂々と表を歩く資格が無いなどの強迫心理です(これが引きこもり発現の背景です)
 ↑
近代の設定がモデファイされたものであることわかりますよね?

なので、この時代から(つまりは「承認欲求」なのですが)
ガールズトークなどで「えーーっなんとかさん彼氏いないのー?(不適応ならイジメに堕とすぞ”オマエ”、口裏ぐらい合わせる空気読めよ)」のような一般社会であればガチ法律違反のセクハラまがいの会話が交わされるようになります。
夏休みは友達と遊びに行ったり、そこで彼氏や彼女ができるなどの通過儀礼を経ない奴は、落伍者であり不適応者だみたいな強迫心理です。
《どうしてそういう強迫心理が発生するのかは近代からの歴史を踏まえれば歴然》


「私は適応者である健常者なんだ」とやたら言いたがる←こういう「承認欲求」の強い”DQNなどの崩れ”ほど、
背景にあるのは、「承認不安」であり(落伍者に堕とされる恐怖やコンプレックス)、
そういう人物が、
彼氏がーだの、誰も興味の無い色恋沙汰をさも大事件でもあるかのように話したがるんです。

(※繰り返しになりますが、育児や母親になることと「彼氏がーどうたらこうたら」は無関係です《恋愛事情は女としての個人のものですから》)
 ↑
=そういうことを言う女性はこの「承認欲求不安やコンプレックス」を背景にそのような言動になってますから、非常に高い確率で「これまで一度も(男性に限らず)人を愛するなどしたことは無く」、
話に登場する彼氏がーも(そもそも人を愛するとか考える余裕の無い承認不安ですから)前後の誰もまったく愛しておらず、「”自分の”彼氏がー」←自己愛(自分のことを話したいんです)

■また「恋愛幻想」というのは(それこそ郵政民営化市場経済新自由主義みたいなもので、許可なく自由にSEXしてよしって”表向き”若者を旧来からの常識に繋ぎとめようとする)インセンティブですが(理由も無く”元服式”ですら無いのになんちゃっての成人式なるインチキ行事に「晴れ着で美容院に行く」みたいな話をくっつけたのもインセンティブ)、
実はこれ真正の恋愛という概念に矛盾するんです。
真の恋愛対象と人生で遭遇する確率は非常にレアで(都会にも出ない場合どうしてド近所に運命の人がいるの?←トンデモの数学的確率になりますよ?)インセンティブとして成立するには「それも縁で私にはついぞ真なる恋愛対象が現れなかったわね」って話になっちまいます。
※ま〜わかりやすく言えば、性欲ベースで知り合った男を「恋愛対象デース」とか言ってるだけの話です。
 ↑
ですから現代「歩留り」達は(むしろ近代の縁談の方が《場当たり的に決めて無いから》”運命感は強い”)
あまり彼氏がーとか言いたく無いんです。
「んま〜恋愛と言えば恋愛かもだけど友達の延長からかな」みたいな謙虚な認識は、
現代社会適応インセンティブとしての「恋愛幻想」をそのまんま鵜呑みに「アタシ―の愛する彼がー」とか”、、
痛すぎ”て言えないってことです。


●うーん端的に言えば今回の設定に登場するような夫婦は「(その余裕が無く)ロクな親にならないでしょう」
(しかし、昔から「親は無くとも子は育つ」言いますので、子供サイドの当事者が考えることだと思います。)


<<<また後者の強姦の話は、彼氏がーと何の関係もありません>>>

女性にとって、出産は(仮にそれで子供が生まれないのであれば)大変なコストになり、入院までするとなれば重病にかかったのと同等ですから、(恋愛模様と関係無く)「望まない出産はしない」ことは女性の権利です(これは長年女性解放運動が女性差別と血みどろの戦いの中で勝ち取った権利です)。
WW2でもロシア軍のドイツ侵攻時(2千万人も戦死したロシア軍も恨み骨髄で)天文学的数字のドイツ人女性に対する強姦をやらかしまして、
この後、堕胎を求める女性達が長蛇の列をなすという歴史があります。

■ですから女性解放闘争とは「ピル解禁」を求めたんです
(女性がデフォルトでピルを飲み、望まない出産は女性の側の意思で予め阻止する権利)
日本におけるピル解禁が遅れた理由はわかりますか?
できちゃった結婚でもいいから、女性の権利を縛るためです。
(これは半ば、押しの強い男性のアプローチという言葉で解釈された、事実上のパワハラまがいのレイプも横行しており、彼らにとってそれは和姦で求愛行動のつもりだったということです。)

つまり「望まない出産と」
「アタシの愛する彼氏がー」みたいなふざけた話には全く関連がありません。
バリキャリの女性にとって、愛する男性パートナーがいるからといって、今望まないのであれば妊娠をしない自由があるのは”現代社会の常識”です。




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 18:08 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド