2022年02月25日

おそロシアによって、日本の憲法改正気運は高まるだろう

国際政治がどういう事情で動くのか、
日本国民の多くにもそれを理解する典型的な事件となった。

そもそも国対国の上には法律ありませんから
(国際法は戦争のルールみたいなもので行動を縛るものではありません←てかあっても効力が無いじゃん、誰が法執行機関をやるのさ。)
国対国が戦争も辞さずで事を構える時、倫理も道徳もクソも殺人も肯定されます。
倫理や道徳が影響するのは、停戦後の交渉でめんどくさいことにならない配慮程度の意味しかない。
国対国の紛争においては「やる時にはどこも躊躇なくやるんです」
日本が憲法で国民の生命と財産を守ると誓っている以上、軍隊の保有は義務であり、憲法9条はそんな”政府の責任”を免除するものではありません(生命と財産を守る件は嘘でも良いの意味では無い)。←本来現状の憲法9条のままでも軍隊の保有は義務です(自国を守る防衛軍を保有しなければ憲法9条が憲法違反というトンデモ解釈になってしまう)。
 ↑
●安倍ちゃん以下、与野党に憲法改正論議があるのには理由があって、
日本の戦後占領政策の影響で(保守系知識人の公職追放など)、上記のあり得ないトンデモ解釈が横行してしまい国民意識としても「軍隊保有が違法なのではないか」という疑念を持つ世論を一部に形成させてしまっているため、【その誤解を解く憲法改正】であればよいのです。
(※だから安倍ちゃんはギリギリのラインとして「自衛隊を保有する」明記だけでもいいじゃないかと政治判断していた。)

こういう表現はどうかと思いますが、
小学生の使う有名なレトリックの「どうして人を殺してはいけないんですか」なんてありますが、
「いやいや、人を殺してはいけないとか誰が言ったのかね」って話、

(それは国内における法であり、そういうことにしておこうぜって合意に過ぎません)
事実、国対国という構図になれば、世界各国が殺人行為に躊躇するとかありませんから。
(躊躇する方が異常)→「殺るか殺られるか?が世界の基本原則です」
 ↑
『共同幻想』とは、集団的安全保障のことであり、
それは戦争(一歩間違えば殺しないになること)を前提とした仕組みです。
●また、国家や国籍民族は「通貨や言語同様に崩壊合理性の無い、仮想普遍的概念」であり、『共同幻想』というよりは『明示的な共有概念』です(グローバリズムの侵入でも無い限り自然崩壊しません)。
逆説的に言えば「人類ヒト科の特徴は目的のためなら平然と殺人すらいとわないこと」にあります
(流石にスパルタじゃあるまいし、人を殺してナンボの人類ヒト科とまで言いませんが)

だから(きれいごとでは無く)有権者は個人でも銃を持つことが民主主義の原則なんです。
(軍人や警察官を「あたかも汚れ仕事を押し付ける奴隷階級のようにしてはいけない」)
米国が民間人から保安官を選挙で選ぶのも理に叶った話です。
 ↑
わかりやすく日本に置き換えて言えば、
地域の名士の”郵便局長さん”は、バッジを付けて銃で武装した自警団を必ず組織せよみたいな仕組み。


■ウクライナの件で『住まいの心理学』記事を追記補足したんですが、
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/485741823.html
一部引用しますココが謎なんですよ
          ↓
※ちなみに過去記事で「ドイツはウクライナNATO入りに最初から賛成していない」件書きましたが、
(強引に既成事実化しようと先行したのがオバマ政権)
ウクライナ政変のキッカケともなったEU加盟国民投票に至っては(財政規約などから)”EUからほぼ無理と言われており”、積極的に賛成している国も無かったと思います。
(欧州から見てもそういう背景があった前提を踏まえて考えるべきでしょう《ウクライナはガス泥棒呼ばわりもされていた》)
ウクライナが自信満々にNATO加盟をハッタリに使ったこと自体が不自然だし、欧州各国も表立ってプーチンに「実は反対なんだ」言えばいいものを(表立って言ってくれなければロシアの世論が収まらない)どうしてこうなったって話。

(※それはプーチンも疑心暗鬼になるでしょう、言語意味不明な上に相手が何を目的にしているって、、《間違えてもウクライナ国民のためでは無いのですから》←ウクライナが事故を起こしたことにしてクレムリンを核攻撃する可能性だってあり得る《ロシアから見ればウクライナ政府は誰かのいいように使われているようにしか見えませんから》)

<<<全体像の筋が悪い、悪すぎる、、どう考えても裏があり過ぎるだろ>>>

(※ロシア側の見立ても、当初篠原だけでなくロシア通の間で複数「ロシアは挑発に乗らない」という見解であったことに”読み違いは無い”←あまりにもオカシナことになっており、プーチンも異例の対応を繰り出していると見るべきところじゃないだろうか。)



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 14:47 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0