2022年01月22日

「歩留り」系人格の観察的によーくわかる動画(昨今の政治家事情)

現在の政界における「歩留り」系人格代表選手と言えばこの方でしょう

超爆弾発言有!玉木雄一郎代表に訊く!国民民主党がこんなにまともになった理由。立憲民主党CLP問題、モリカケ、経済政策、国防、皇位継承などいろいろ質問してみた!|上念司チャンネル ニュースの虎側
https://youtu.be/51OS0x_Rgp8


いや”この方達”でしたね(笑
上念氏も玉木に突っ込める立場じゃないとこあるからな、、
玉木も玉木だけど、上念もアレだから
(トランプの時にはも〜あれで、、裏切者とは言わないよ《彼が言ってる論旨はわかる》、ただリテラシーの背景が権威性に留まってしまうなら《インテリジェンスにコネが無いのはわかるけど》状況に応じて『共同幻想』を批判できないのと同じだからね。ま〜彼には投資ゴニョゴニョの、、←この辺がアレな保守系の共通項。それと格闘技言う人は、、おっとそこはやめておこう。)

■いずれにしても現代「歩留り」人格にMAX求められる”いい人”の代表選手、
(なかなかこの方達以上を「歩留り」人格に求めるのは難しい)
玉木党首の発言も、ま〜参議院選挙の時にどうなっているのかは【わかりません】ww
(なんというか”軽い”でしょう〜個人的には玉木氏絶賛応援しておりますが、
NHKの訪問集金を廃止に追い込んた立花の危険なドス黒さとは好対照、

●よくあるフレーズだけど”悪い人では無い”んだよ、
特に上念氏がここ10年前後に左翼を批判し続けた活動は大きな成果を挙げたし(篠原を見出したのも彼)、作家の某氏のいい加減さを露呈させるなり(でもさ、この時も”彼は間違っていなかったのに”結局謝罪しちゃったんだよね→”巻かれた”)、結果どこぞで維新の足立議員が出入りできなくなった背景も「え、足立議員はそんな悪いか?」を間接的に気付かせてくれた。
彼の発信力の高さは武器だし(朝〇新聞解約団とかアイデアも秀逸)
得難いタレントなんだけど、苦労人でもあるので”ビビるとこのアンテナも敏感”なのじゃないかな。
それこそ超優秀な「歩留り」な人。
アレなとこあって相当信用失ったけど、もっと評価されていい人物でしょう。


■当たる確信は無いんだけど、
支持率低いのに勝ってしまった先日の総選挙(メディアの評価が実像から離れる)
法則が継続しているのなら、高支持率の岸田政権は参議院で思った以上に負ける。
(まあ微妙な線だと思うけど)
そして維新が後の野党第一党となる前兆を見せるか?
(自民と立憲が負けたとこを維新と国民が埋めれば、、、あるかも)
 ↑
これが理想なのね、
岸田政権は、立憲と切れている時の国民民主党より左だからww
(維新の背後には菅さんがいて、菅さんと岸田さんの関係がまた悪いんだわ=いろんな意味の建設的批判勢力となる。→岸田さんとしては余計に安倍ちゃんに頼らざるを得なくなるから)
更に大事なことだけど、昨今(維新台頭もあって)連立切られるんじゃないかと公明がかなり強硬な姿勢見せてるんだよね。

●「歩留り」タイプの政治家を『単独者』覚醒する方法なんて無いけどさ(笑
彼らの目にも(不安を刺激することなく)”流れが見えてくるなら”、躊躇しなくなるから。
やっぱ注目しているのは「メディアと立憲の結託関係」だと思うのね。
”流れを図るバロメーターのように”なってる。
うるさい『共同幻想』社会系の負けが目に見えたら、「待ってましたと本音が出る」筈で。
そのためには、目に見えての流れが欲しいんだわ。
11月の米国中間選挙ほどでは無いけれど、春の参議院選挙は重要ですよこれ、

岸田政権は「支持率と陽性者数の相関」にビビりまくってますから、
また、いらんことすると思うので(当然これはサイレントマジョリティーに対して逆効果)
前述シナリオ期待してもいんじゃないかと思うんだけどね。

<オマケ>

”確信犯的保守系”でご存じ西田さん(コロナの件も当然ご存じで)
オミクロン株はもはや風邪、まん防は不要!実態に合ったコロナ対策を実施せよ!!【西田昌司ビデオレター令和4年1月21日】


時々知見がアレなとこもある西田さんだけど(地方行政では共産党評価して同期なのかな?共産党の小池君を番組に呼んで討論したこともある)、全く自民党のマジョリティーにはならんのです。
リフレ派の山本幸三議員を落選で失い(山本さんも高橋洋一先生には”風見鶏だよ”と「歩留り」認定されておりますが、、)、今西田さん税調やってるんだっけ?孤軍奮闘状態です(でもMMTは違うと思うよ、、)。
 ↑
■ご自身証言されてますが、
西田さんが部会など各所で語っても「マスコミに叩かれるの怖い」と誰もついてこないということだそうです。
これが現在の自民党の現実です(西田さんの話はわかるん”ですけど〜”な人が多数と)
《むしろ西田さんが高市さんと並んで浮いちゃうみたいな》

※勿論そんな岸田首相もわかってます(この前安倍ちゃんと2時間も話し込んでたぐらいに)
だから『緊急事態』は言わない(対策など何ら必要が無い事は十分わかっている)、絶妙に中途半端な「やった感だけするインチキ・マスコミ対策」必死こいて考えてるとこです。

(マスコミの方は、報道するネタさえもらえればいい人と《しかし売れるネタなのでコロナ終わったとか言って欲しくない》、真正のバカで君洗脳されてるの?《上級市民気取り痴呆症》な人がごっちゃになってる状態でしょう。→更にその背後におっかない活動家がいる構造《怖いので「やめなさいよ」とか「おかしいよ」と言える勇気のある人は中にいない、、》、唯一TV朝日の小松君ぐらいかな《最近はどうか知らないけど》)




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

タグ:歩留り
posted by kagewari at 01:19 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド