2022年01月17日

記事リクでわかる「心理学的解説って何?(それは自分の意見だから)」

一個前だかに<心理学ってのは>書いてますが、
少し具体的に話を進めてみましょう、
所謂心理学系カウンセリングなりではもっと踏み込んだ話になりますが、一般論の範囲に留まりながらも記事リクでのやりとりは、構造としては同じものです。

●何故あんなに反論が続くの?
(読者の方わかると思いますが、これ私が伸ばしているんじゃありませんからね)
また、課金目的でもありません(有料相談における依頼間隔の規制はもっと長いです)
どうしたって、そうなっちゃうんです。
 「強迫心理」の自我防衛があるから

■そもそも質問や相談は返信内容を予め示唆している
 ↑
何も難しい話ではありません、
「自分でわかっていたとするなら、そのまま自分の意見ってことじゃん」《終わり》
且つ、このブログで言えば心理学専門というか心理学論説系であること「わかった上で」相談なり質問が行われており、依頼者自身に「この問いは心理学的見解だとどう理解すればいいのか」ってアイデアが予め存在することになります。
で?
最初から自分にその知識があれば、記事リク返信で記載されている内容を「自分の考えとして思いついていることになる」←ですよね=【自分の考え】ってことです

■しかも心理学的論説なり見解ってのは、「強迫心理」無力化したとこにありますから
(私が同じ「強迫心理」の縛りかかってたら大変ですしww→あるワケ無い)
どうして依頼者が返信内容に類するものを自分の考えとして今思いつけなかったのか?という部分を、心理学は踏まえますから(どうしてわからずに質問なり相談せざるを得ない状況に追い込まれているのか)、そのままの自分では到底受けけれられない話が登場します。
 ↑
わかりますよね?だから自分で思いつけないことなってんですから(「抑圧」)

●ですから(何も自分の考える結論ってことじゃないよ)
「自分の考えとして、少なくとも選択肢として思いつく範囲のものが「抑圧」により思いつくこともできない状況にある」のですから、その選択肢を目にすれば?=【「抑圧」構造が顕在化する】←ですよね?
 ↑
これが無限反論発生の理由です
(同じように普段は類する考えを無意識下に抑え込んでいるんです
※単純に思いもしなかったことなら(反論とならず)「へーそういう考え方もあるんですね」で終わるじゃん

「そんなやりとりやっても意味無いんじゃ?」お嘆きの方いるかもですが、
いえいえ、そうはならんのです。
だって、本来は「自分の考え」なんですぜ?(設問思いついてるのは本人なんですから)
更に、勿論のことですが記事リクなどでお馴染みのように、心理学的論説ってのがガッチリとエビデンスで補強されてますので【理論武装されている】、ちょっとやそっとの権威性認知では覆せません(思春期『反抗期』における、理論武装による”家幻想”崩壊と同じ構図)。
いつものように「ささっと抑圧できない」のです(むしろ『自意識』のテーブルに押し返される)、

しかもログは消えない、
反論も倍返しされる、
 何らかの影響を確実に及ぼしている

有料のとこの精神分析のコースは確かにエディプスコンプレックス本丸に切り込みますが(みなさんの心理学やフロイト精神分析のイメージもこちらでしょう)、だから速攻大返しできるほど容易なものではありません。
全体像を読むうえでの基本構造が分かるので話が早くなる(或いは正確になる)のは事実ですが、映画などに登場するような推理小説の謎解きカタルシスなんて滅多に起きないのです。
●自分で言うのも何ですが、
特別有料相談を選択しなくても、意欲のある方なら日常のブログ記事を読むことで”一定の効果”は期待できるんだと思ってます(一般論なのである意味自己分析におけるリスクも低減される・読むだけなら反論も抑制できる←コメント欄も廃止しちゃったしね)。
だからこう、カチカチ書いてんだけどさ(笑


<逆に言えば、「どうしてこうなるんだろ」←アブナイ、アブナイってね(いい意味で)>

いくら「強迫心理」が強くても、構造が類似している『共同幻想』適応人格ほど支配力は強固になりません(保守派の石頭ほどでは無いの意)。
当事者の『自意識』には、「歩留まり」的な揺らぎを残しており、
割と頻繁に「どうしてこうなるんだろ」までは抑圧しきれないのです。
(自分が消えるほどじゃないってことですから、それこそ本人自我サルベージのとっかかりである)

しかも”何らかの事情”で過去覆せなかったコンプレックスを原動力にしている以上、
(逆さに読めば、覆し解消しておくべきコンプレックスってことです)
一歩も引かず徹底抗戦で
「無意識下に埋没し隠されている本音はどんどんサルベージするべき」であり(自己の回復)
 ↑↓
サルベージの意味わかりずらい方は以下のように考えてください
【無意識下、カオスの海に沈められている”中の人”を救出する】

■どれほど「強迫心理」が強くても、
自然権としての自己回復力の全てを奪うことはできない、
ということなんだと思いますよ。
(どこかに「どうしてこうなるんだろ」は残る、自我を会社組織にたとえれば「内部告発者までは潰せない」みたいなことでしょうか)




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 20:27 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド