2022年01月12日

「偏見と民度」(まず地球が丸いってこともにわかに信じてもらえなかったこと思い出そう)

地球が丸いとか、太陽が回ってんじゃなくて太陽の周りを地球が回ってんですなことまで、俄かに信じられず(異端審問でしたっけ)、宗教裁判で仕方が無く「嘘でした」言ったんじゃなかったでしたっけ。
ちょっとガリレオのwikiを、、、
 ↓<一部引用>
当時(中世イタリア)の権力者たちの権力争いの渦に巻き込まれる中で、次第に敵を増やす形になってしまい、ついには彼のことを快く思わない者によって、彼の支持した地動説を口実に異端審問で追及されるように追い込まれたり、職を失ったり、軟禁状態での生活を送ったりすることになった。職を失い経済的に苦境に立たされ、齢も重ねたガリレオは病気がちになった。これを知ったルネ・デカルトは、自身も『宇宙論(世界論)』の公刊を断念してしまった。追い打ちをかけるように、ガリレオを看病してくれていた最愛の長女ヴィルジニア(マリア・チェレステ)を1634年に病気で失ってしまう。さらに1637 - 1638年頃には失明した。
フィレンツェのサンタ・クローチェ聖堂にあるガリレオの墓
しかし、そうした困難な状況においてもガリレオは口述筆記で成果を残し、1642年に77歳で息を引き取った。

異端審問で何と言ったかは書いてありませんでしたが、
「オイオイ、異端審問ビビッてた人にデカルト先生もおったんかい!」

●まそんなことで、
民度もクソも、『共同幻想』全盛期には「理屈もへったくれも無い」のでございます。
 ↓
まさにニワトリか卵かって話ですが、
「文明化により世俗化が起こり」同時に「世俗化により文明化が進む」のでございます。
(※ここ、時々数量経済学者の高橋洋一氏が引用するなんちゃらの法則で「民主化されてない国では経済成長が先進国手前で止まる」って話にも共通しているんだと思う)

■偏見ってことになろうものなら、
魔女狩り(実はユダヤ人狩りとも言われている、当時は錬金術師転じて薬剤師みたいなユダヤ人が多数いた)やっていた当時の中世ヨーロッパで何をすればいいのかってあーた
 ↓<「マシュー・ホプキンス」から一部引用>
当時、水は聖なるもので魔女を受け入れないので、魔女は水に浮くという言い伝えがあり、魔女と疑われる人物を紐で縛り上げ、水に入れて浮かべば有罪、沈めば無罪とする方法であった。しかし、有罪ならばもちろん死刑、無罪となっても溺死する事が多く、当然公正ではない手法である。
 ↑
この拷問官に「偏見はいけません」とか通じると思う?

●俺の記憶が確かなら、中世ヨーロッパの異端審問や拷問・火刑だけでなく、米国西部開拓時代の絞首刑なんかも(ラジオも無い時代の話だから)「村人みんな《祭りだ祭りだと》集まってきて一大エンタメとして大盛り上りだった」(屋台も出ようかって勢い《米国ならインチキ薬売りかな》)と言われてた筈。
これも、米国の場合連邦政府がきちんとするまでは任意のってか地元有志の投票で決まる”保安官”が(現代も投票制で存在する)任意に行ってたものもあると思う(有名なワイアット・アープとかはこの保安官)。日本も地元の十手持ち(おかっぴき:今でいう駐在のお巡りさん)はヤクザ者だったりする(だから銭形平次の”親分”なワケ、ちなみに任侠ヤクザの清水の次郎長親分も十手持ちでした)。←そのヤクザの治安維持状況を幕府が見回りするのを「八州廻り(或いは関東取締役)と呼ぶ」
 ↓
●偏見から(実はベトナム戦争の英雄、特殊部隊出身の)帰還兵が”よそ者のホームレスは出ていけ”と拷問まがいの扱いを受けるシナリオもこの地元保安官事務所だったと思う 《映画『ランボー』》。


よく文明開化だとか、産業革命言うじゃないですか、
実際の現場では「まさに宗教革命並みの荒事」であり
(参考「ラッダイト運動」←興味ある方は勝手に調べてください)
確か日本で農村に歴史上初めての健康診断実施を普及させることは(猛烈な反対を受け)命がけの作業だった(当時の農村では病気の者が出た世帯は村八分とされたため)。
※エボラ出血熱の時に診療に来た国境なき医師団を追い出すアフリカ住民を笑えない話
●言えばその時の『共同幻想』壊さないと始まらないワケ、

この表現は全然正しくないんだけど、、
「バージョンアップ型の『共同幻想』にモデルチェンジしてますか?」←これが民度だとは言わないけども、民度を考える上であり得る着想だと思う。
お宅の『共同幻想』流動性高いですか?みたいな(流動性も何も先進国社会ではそんなもの無くていんだけど)、
(※日本のような異例のサブカル大国は「堅い『共同幻想』社会を元々も経験していない」とこあるので《地方の”村社会”を除く》、バージョンアップ型かはともかく、近代前後から「関ヶ原、明治維新、戦前戦後、安保改定紛争、プラザ合意、平成の政権交代、安倍政権、、」司司《つかさつかさ》の『共同幻想』崩壊シーンでも目立った騒動も無くクルクル転換してきている。←他国と比較すると相当マシなの、これはマジな話)

ISが統治してるようなイスラム原理主義国家で、
「女性の権利を制限するのは偏見ですよ?」←言って通じると思う奴はおらんだろ
(翌日には首と胴体が別々になっとるがな)


■つまりさ「敵は本能寺にあり」なんだわ、
教育の問題以前に、「そこを支配している『共同幻想』社会をぶち壊さないと偏見が消えることは無い」←何かおかしいぞ?と思わないですか、
民度を高める教育ってのは、意識していなくても存在そのものが自動的に「当該『共同幻想』に対する宣戦布告」になるんです。←中国共産党の毛沢東先生がやみくもにインテリ階級皆殺しにするワケ無いじゃん(マジ危険分子と思ったから殺害したんです:「文化大革命」)。

だからイロイロ難しいんだっての(保守リベラルってのは”世俗化は無条件にゆっくりやった方がいい”という政治姿勢であり、俺は自称「保守リベラル」です:但し論理的根拠は鮮明にしておかなければいけないので《はい、これは崩壊してますよと》それとこれとは話が別な、)、
この辺の全体像が見えてないと余計話がややこやしくなる。
 ↓
そこに気が付かず、無意識に左翼になっちゃった人もいたと思うんだよね(なんか知らない間に論議のつもりが闘争の現場になっちゃったりしてさ)。

【参考】普遍的な知性はほぼほぼ難しい件は、以下を読んでくれ
(以下までいかないと、文明が『共同幻想』に対し無条件勝利することは”たぶん無い”←なので一歩一歩世俗化していくのだろうと《その世俗化がいいことなのか?そんなことは知らんけどね》、)
科学の進歩は「神の証明」まで続く
https://kagewari.seesaa.net/article/484812237.html




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 02:19 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0