2021年12月30日

保守系の人もあれこれ考えて欲しい「民主党政権が全部悪夢では無い」件

<随分時間経っているので時系列間違いあったらゴメンです>

「あの民主党政権こそ、安倍長期政権の生みの親である」《終わり》

あの頃はまだ保守派の雄だった稲田朋美氏などが反TPPでガンガン質問したりですね、
自民党の憲法草案なども一番盛んだったのこの時かな、
野党に落ちた自民党が違いを鮮明にさせる狙いなのか、右に急旋回したんですよ。
国会論議の時点で、安倍首相を予感させる雰囲気が既にあった。
(今でも覚えているのは国会で、野田首相の解散発言で安倍氏が「もう一度伺います解散するんですね!今そう言いましたね!」とかやっていたの。)
中国の不審船騒動など含め、民主党政権が左翼特有のヘマを連発していたというのもあります。
(そこ突っ込むなら右派論客だと、)

話は戻って、
(安倍第一次失敗の後)麻生福田と自民党政権はダメダメだったワケで、
民主党への政権交代には、「大きく失望した保守派の何か変えよう」って判断もあった。
(そうでもしなけりゃ自民はダメなままだと)
そもそもが、派閥政治批判で小沢氏の小選挙区制や政党交付金の導入により(だってねみなさん当時の小沢氏は経世会のボスだったんだから、派閥政治のグダグダが続いてる方が安泰だったんだから)「派閥弱体化と政権交代可能性」が担保され(今でもこの緊張感は自民党を刺激している)、官邸の力が強化されたからこそ、安倍第二次政権の成功があったワケでさ。
 ↑
忘れちゃいけないけど、あの総裁選で安倍氏の立候補は当時町村派造反で出たんだから。

また、アベノミクスは安倍氏浪人中の勉強会で発案されたものでさ、

そんな小沢氏は(本音はわからずじまいなんだが)
事実上”共産党自滅作戦”をやってるようなもので、
結果として、米国『民主党』みたいに「左派として潜り込んでしまえばいいじゃない」みたいな形の解体になるかもしれないけれど、「立憲共産党作戦」は、事実上「維新・国民連合」を将来の野党第一党に押し上げる成果を挙げるのかも知れない。
(※維新を親中ガーって嫌う人いるかもだけど、立憲と比べたらどうなのかね?)
 ↑
(※2この情報の出所はどこかわからないんだが、現在の立憲党首、元国民で保守派と言われる泉氏のバックも小沢氏だという説がある。イロイロ考えさせられるよねww)


●実は今時々『住まいの心理学』ブログで「岸田流」なるヘンテコ記事書いているんだが、
「岸田流」とは(俺が考えたんだけどさww)、
予めダメだとわかっている人材などをあえて持ち上げ”その気にさせて”起用し、それみたことかと評判を落としてからの「残念だけど」と(正面から関係悪化する事無く)ダメを押す手法

 ↑
この記事でも、
「それは無意識なのか、ワザとなのかわからないままだが」ってくくりなのね、
それ、そのまんま小沢氏にも当てはまると思うんだわ。

いやいや、それは時代の流れや要請ってもので、
自然現象として起きているのかも知れないけれど(当人はそういうつもりなく)、
「逆神的働き」っての?目を見張るものがあるよねww
そして、保守派のみなさんに「民主党政権あったから、まだ今の自民はいくらかマシだけど、仮にそれが無かったら目を覆うばかりの親中政党のままだったと思うぞ」を付け加えておきたい。
※なんだかんだ、今でも安倍首相が影響力を持ち続けていてくれることは【凄くデカイ】よ、

同時に今回の民主党政権の昔話じゃないけれど、岸田政権がハト派であることも(これ党内保守派が大変だとなるので)全部が全部悪いことでは無いのだろうと思うのだよ。←民主主義ってものはどうしても時間のかかるもので、そこがメリットでもあるからね。

(※それから維新もさ、音喜多君が堂々と予算委員会で「ベーシックインカム」の論議してくれてます。この政党がひょっとしたら将来野党第一党なるかも知れないんだぜ?岸田首相も「論議はわかりますが、経過期間をどう考えるのか難しい部分もある」的反応で全否定では無いからね→あまり知られていないが”給付付き税額控除「負の所得税(準ベーシックインカム)」”論議は財務省からも出ている話)



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:22 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0