2021年12月26日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「それは錯覚」)

ふとした疑問さん
>何度もすみません。周囲の人達には「今日は小学校の時の友人と遊んだ。昨日は中学の友人と飲んでて、来月は大学時代の友人と旅行に行くんだ」などの話を聞きます。例えば中学時代の友人4人、高校時代の友人が3人、大学時代の友人5人と今でも友人付き合いがあるという感じの話もよく聞きますが、それらは歩留まり同士がプライベートで心を許してる親友ということではないんですか?また出産すれば同じ子育ての悩みを話せる友人と仲よくなる人も多いけどそれらも歩留まり同士で本音を話せる親友関係ではないのですか?

■まず統計は事実だから(論議の余地なく)←反論無用
自分の認識がそれと違う場合「どう考えたらいいのか?」
「何かが起きている」←ここまで変更の余地無し(と考えないとダメ)

●何度も説明してますが、私は人文系のフィールドワーク並みのサンプル数の個人情報に触れています(副業の不動産営業とはそういう仕事です)数百世帯に相当する数です。
「そんな話を一度も聞いたことありません」
(これという関係に無い、人から聞いた誰かの話で《あ〜崩れの人かなって》数例あるかないか)
繰り返しになりますが、私はひょんな事から中学時代にガチ不良グループに結果的に潜入した経験もあり(そら〜ド・崩れのDQNのど真ん中で)内部から観察しても「そんな奴はいないのです」

<唯一の例外は、「心理学の有料相談依頼の方達」です>

ふとした疑問さん話と”ほぼ全く同じ話を”(しかも無限ループの反論スタイル込みで)依頼主の半数以上から”頻繁に”耳にします(圧倒的な遭遇頻度です:それ以外のケースでは皆無に等しいので《私が『単独者』だからも関係してますが》、100倍近い差異になります)。
素の「適応強迫」現象です、
(なのでメンタル系の場合、同じ悩みを持つ人で集まると「大”取り巻き”強迫祭り」になるかもしれない、非常にヤバいリスクが高まります:ふとした疑問さんリクエストのきっかけとなった最初のリクエストで私が触れていた”お勧めしないが”という理由)
●各所で説明してますが、「強迫心理」は誰の自我にも存在してます(私の自我にも)
その中でも「適応強迫」なんてのは、とてもよく目にするもので(もちのろん私にもあります)、
 ↓
たとえば
「銭湯にいって、自分だけタオルが極端に小さい時」
(周囲と同じじゃなさすぎて、何か間違えたかと不安になりますね?)
(みにくいアヒル子シンドロームですよ)
 ↑
こういう反射的不安は誰にでもある(フルチン上等とかのゆかいな人を例外に)
きっと同じ状況になれば、私もそう不安になるでしょう。

●ようは程度の違いなんです
だいたいは(少々自分が違っていても目的《入浴》に不都合なければ問題ありませんから)
最初は”あれれ”と思っても、「ま、どうでもいいか」で終わります(『自意識』に打ち消されてしまう)
 ↑
しかし、葬式だとか慣習でそうだと決まっているものなど(自由にしていいものでは無く)「合わせるありき」のものだったら?(権威性場面ってこと)
「間違えたかもしれない」ってのは別問題になりますよね。
(その最たるものは、「ブラスバンド部、合奏時の譜面の弾き間違い」)
 ↑
わかります?これ構造『共同幻想』なんですよ(同じじゃ無ければならない)

『共同幻想』の存在を自分の実存より”上位概念《権威格》”においてしまうと、
(勝手に自分の考えで解釈してよいものでは無く)「同じに合わせなければならない決まり」になってしまいます。
 ↑
この全体像が”強迫的”ということで、
どうして社会なりが自分より上位概念になってしまうのか?と言えば、元ネタは”自分が子供だった記憶”です(人類普遍のコンプレックス:乳幼児が思春期並みのガチ反抗したら”命が危ない”ですよね《或いはパニくった親に100パー精神病院連れていかれる》=ガキとしても従うが”吉”思うのが自然)

<すると何が起きるか?>

「やることなすこと、周囲を見て同じゃないといけないと不安になる(実際本当に不快にもなる)」
(ところが”同じ”にしようとしている現実情報が”正確に耳に入っていない”→オカシナことになっていきます:「過半数の人は、対人関係に疲れており、休日ぐらい自宅でひとりで過ごしたい」と思っているのですからね。←何故かこの現実《事実》があなたの耳には入ってこない)
 ↑
●こういうテンションは周囲に一発でバレます(最強レベルの”合わせたい”ですから)、
「ふとした疑問さんに本音を吐露する「歩留まり」は一人もいない筈です(そういう合わせる偽装を嫌がってる人達ですから→”合わせたい”人に本音をバラすのはヤバい)」
逆説的に言えば
「ふとした疑問さんの耳には、偽装の嘘(社交辞令)しか入ってこない」ということです。

また、誰それが親友ということ無いんですか?の問いですが、
答えは過去ログで説明済みです、
100人いれば100人考えが違うんですよ?
厳密に言えば、気の合う人などこの世にひとりもいないのが真理です。
(どことなし<出産の話じゃないけれど>偶然共通体験とかがあるのが人間です<個性個性いっても人間の考えることはそう極端に違ったら大変です)
●どこかにわずかな接点がかするとこありますよね?(これを縁と呼びますが)
そこを頼りに、ま〜なんか親しくなった関係が大半です。
その接点が”単独行動”をキッカケにする場合、自己との実存関係は深くなりますが、
「よくある類型的行動だった場合(人がするから旅行いくとか、同期が結婚したから私もしようだとか)」、その接点の価値もステレオタイプに下がります(縁の価値がコモディティ化する)

「よくある不特定多数の接点で知り合う関係に、親友レベルが派生する確率は1割もありません」
(フォークダンスコンビのジレンマ:すんごいベタな数学的確率ですが《どんぶり勘定とも言います》、クラスにひとりは《友人含め》好きな人がいたりするのが我々のイメージです「異性数や同性数15人規模前後の話になりますね」→ハイ確率は?6.6%→てことは93.3%の他者とは”まあ気が合うとは言えない”:大人になってからの交友といのはまあ多くて母数5、6、通常は3人以下でしょう。=ほぼ対象者は無しってことです《だいたいの関係は”ハズレ同士”となる》。)

・世の中にはどこにだってレアな確率はありますから、
皆無ってことはないでしょうけど、
一義的に「過半は社交であり親友では無い」と【考えるべき】です
(ですが敵でも無いでしょ?「コモディティな友人だからといって程度低く見るってこともできない」もので、、←これを”大人の付き合い”と呼びます。

■好きな人100発100中にする方法はありますよ
(全員同じ人物に洗脳してしまえばいいのです)
これがファシズム時代の『共同幻想』モデルになります(或いはカルト宗教団体)
(洗脳できない異端は逮捕か殺害しますから)
左翼の日教組はこれをモデルにして(笑
「友達100人できるかな(同一だから実は一人じゃね?)」なんて、とぼけた冗談を(舌出しながら)平気で言えるんです。




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 05:31 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド