2021年12月24日

リクエスト関連(ふとした疑問さん「ですからね「歩留まり」は普段偽装してるから」)

<補足記事あげたのでこちらも読んで>
https://kagewari.seesaa.net/article/484938176.html

ふとした疑問さん
>ありがとうございます。現在崩れ層が少数であるなら何故私が住んでたとこや訪れるところで崩れ層が大半を占めてるとこばかりなはずがないですが。何故私の住んでるとこや訪れた先では崩れ層が大半を占めるのですか?私の住んでるとこや訪れたとこでは、休日は遊び回ったり(遅くても20代半ばまでには)交際経験がある人が大半を占めてたとしても、その大半も共同幻想のふりして付き合いをしてる歩どまり層が大半を占めてるとのことではないんですか?じゃないと整合性が合わないですよ。

あなたが”信頼のおける「歩留まり」”や『単独者』では無いからです
(『共同幻想』適応系とほぼ自我構造が共通乃至類似する人物ジャンルに見られている)
「近くに歩留まりがいる場合、あなたには本当のことは言わない(偽装のためなら頻繁に嘘もつきます)」
※たとえば、そうですね20年ぐらい前までは”卒業旅行”なんてインチキなキャッtコピーがありました
(そこまで電通陰謀論とは言いませんがww、まどこぞが仕掛けたプロパガンダです)
そら崩れ共が我先にこれに参加や企画するワケですが(いつものお約束)
付き合わされた歩留まり達はぐったり疲労困憊だったと思います(しかもバイトの貯金を全て無くしてww可哀そうに)。

●繰り返しになりますが、「歩留まり」の普段は偽装してますので(だから「歩留まり」って呼んでいるんだけど、、:不良品率、8歩留まり、6歩留まりの歩留まり:非適応率を逆説的に呼んだもの)、
近所に崩れがいれば、それに嫌々調子を合わせます(この現象を「空気を読む」と言います)、
なので消費行動などにおいて、「あたかも”崩れ”優勢に見える」のが自然なんだってば、
(イジメ事件における”傍観者のこと”だと説明してんじゃん)
独身世論調査のキモはそこにあって、
「自分から進んで外出するか?」という問いになっているのであり、
「無理に誘われて嫌々参加している事例は《それを仕事の延長と認識》ノーカウントになっている」ワケ、
(うんで、歩留まり達は、この嫌々参加が日常化している人達だから)
”崩れ”の存在率の高い地方になれば、普通に観測しているだけだと「歩留まり」階層を発見できません(総選挙の時だけ「ウチの地元にも無党派層がこんなにいるのか」がわかる)。
てか、歩留まり階層が過半数超えてなけりゃ「政権交代」なんか起きません(民主党政権時代)。


■それから実際、私東京生活35年以上になっていると思いますが(38年かな)
主たる行動半径の中央線において、休日になると”連れの乗車”が多くなるとか「全く経験がありません」、常に乗車客の大半は単独であり、(DQN率の上がるファミレスやファストフードは知りませんが)ドトールコーヒー客も(商用を例外に)8割9割が単独じゃなかろうかと思います。
禁煙なので普段利用しないスタバも駅改札近くの店舗は視界に入るので、だいたいわかりますが同じですし、昔喫煙席が便利だった頃の東京では営業にとって憩いの場として有名な銀座ルノアールにしても、都心なら(商用を例外に)9割、郊外でも8割は単独客です(休日云々で差なし)。

●しかし、総武線で隅田川超えると第一次変化、荒川超えると(その先は千葉)第二次変化が起きます(これは素人目にも明らかな誰でもわかる変化です)
郊外で子供が増える点もありますが(ちなみに杉並では公園で遊ぶ子供はいません、小さい子供は全員ベビーカート)、
第一次変化で雰囲気が変わり(街では子供が公園で遊ぶ姿を目にする、運がいいと子供をおんぶする母親を目にすることもあります)
第二次変化で高校生などが増えることもありますが「電車内でも私語が聞こえます(会話する奴が出てくる)」
三鷹始発からずーっと乗車していると「タイムスリップしたのかな?」と思います
 ↑↓
(確かに朝日新聞購読率高いなど中央線もたいがいの左翼沿線ですが、日本全体の歩留まり率が極端に変化するとも思えませんから《統計上も》、この変化は”崩れ残存率”であり《足立区に行くと現代社会でも暴走族いたりしますからw》、崩れがいれば歩留まりはそっちに合わせて擬態するので、オセロゲームのようなドラスチックに変化が起きたように”見える”んです


※また、私はガチ『単独者』なので、各方面から本音を耳にするタイプになるんですが、
「歩留まり」達の嫌々の苦情から、DQN内部にも「俺、素顔は違うんだ」暴露まで、
そら大変な数の情報ありますが(なんせ転校組に加えて副業が営業ですから)、
判で押したような「若者が休日に遊び歩く」なんて(どこの広告会社の回し者かしりませんけど)、そんな話を聞いたことが無いと(フィールドワーク的には接客世帯数数百以上だと思いますから、ちょっとした人文系の参考統計になる母数だと思います)、
それは「私が『単独者』だからです」
(利害関係の無い相手にとって”仮想、善意の第三者に見える”)

※極論すればですが「彼らには偽彼氏や偽彼女すらいます(そこはお互い様で)」
これもどっかの世論調査のDATAですが(出所は成人の性的関係云々だったかな)
だいたい男性のが交際相手率などが常に女性より10パー低いんですよ、
今回の明治安田生命もそれに類するとこ出てますが、
【意味するところは】→一人の男性が複数の女性を相手にしているケースがそれだけ多い
全員が同時並行とは言えないでしょうから”疑似三角関係を含む”と見た場合、
元々交際率母数の率が少ないとこの10パーってななた、相当の率ってことです。
(私は個人的に「旧来の結婚制度否定派」なので、一夫一婦制幻想みたいなのはありませんが、ここでいう”交際相手がいる”などの設問意図は違うでしょう。)


整合性が合わない云々は、
「明治安田生命シンクタンク」にでも言ってくださいよ、
(凄いところ相手に「私の知人は違う」見解で喧嘩を売るもんだと思いますがw)

<それから前回記事返信で参考記事を週末あげます言ってた記事も先ほどあげました>
以下も参照ください
『単独者』の雑感「”群れ”について(心理学いうより動物行動学系の)」
https://kagewari.seesaa.net/article/484930872.html




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 03:24 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0