2021年12月10日

心理学的(或いは分析)は「何も言っていない」

心理学の特徴は(心理学はAI翻訳ソフトのようなものなので)
個別に方向性のある論旨も持ってませんし(簡単に言えば)それ自体に思想も無けりゃ、道徳も倫理も理念も理想も哲学も何も無いのです。
●何らかの相談質問設問があった時に「心理学が何をしているのか?」と言えば、
「どうして本人に答えがわからないのだろう」←【ここを推定するんです】
(心理学それ自体には何ら方向性も意見もありませんので)
うんでー
答えに自分で辿り着けない理由を分析して、
「それが解決していれば、この人はどう自力で答えを出すだろう(可能な限りエビデンスで補強しつつ)」理論武装となるような論旨で(辿り着けない構造に再び抑圧されないよう補強し)→それをまとめているだけです。
 ↑
極論私の個人的意見はまったく含まれておらず、
(それが必要だと思うときには、その旨注記して述べます)

●心理学がやろうとしてんのは以下であり↓
「自分で答えに辿り着けない構造が壊れ、『自意識』立ち上げが回復すれば、自然に以下のような論旨を語る筈だ(勿論それは選択肢のひとつであり絶対では無いが、絶対である必要性も無い)」
 ↑
心理学的な答申に、依頼者が反論しまくるってのは
 ↓
「自分で答えに辿り着けない構造が、日常的にそうしているように(心理学答申=自分の意見例)答申を攻撃しようとしているワケです(=自分の意見を普段抑圧しているように)」
端的に言えば
「自分で、自分の本音の一例に反論しまくっているような行為(しかも激怒していたり)」です。

 それがどれだけめんどくさい構造か考えるまでもなくわかりますよね?
 (本人にとって大変な理由)

そしてそういう自我内の矛盾は、人類ヒト科なら誰だって持ってます。
 誰 で も で す 
「今日はどうしようかな、やっぱプリン買って帰ろうかな〜、いや待てよこの前体重計ったら、、」
「さて、この時どうするか?」←【考えるとはこういうこと】
 ↓↑
「プリンとかダメに”決まっている”、もう帰ろう」
「どんな時にプリンは食べたらいいと思いますか?」←【抑圧とか思考停止とはこういうこと】


■仮にこのテーマが心理学的やりとりに持ち込まれたとする場合、
「プリンとかダメに”決まっている”、もう帰ろう」
「どんな時にプリンは食べたらいいと思いますか?」
 「たかだかプリン単体のカロリーはたいしたことありませんし、あなたが特別肥満ということもありませんから、好きな時に食べていいと思います(いきなり10個とか極端なものでなければ=ポイントは1個2個ならとなるのではないでしょうか)」
「私の知人はプリンを食べて10キロも太ったと言っています、やっぱりダメじゃないですか?」
 「いえいえだから、あなたプリン1個は何グラム?」
「実際太っているんです、知人は私をデブだと(口には出しませんが)絶対思ってます」
 「あの、、千里眼、超能力者の方でしょうか?」
「ふざけないでください、質問に答えてください。どんな時にプリンは食べたらいいと思いますか?」
 ↑
現場で起きているやりとりはだいたいこういうもので、
心理学サイドが、本人の抑圧されている本音役をやっているのわかると思います。
それは(質問者の)普段抑圧している”本来自分の意見”なんです。
【なんというか、抑圧のファイヤーウォールを突破されると大変なことになるとばかりに大反論が始まる】

●大事な事ですが「抑圧」されている行為は”選択肢を考えることそのもの”であり、極論すれば結論はメインではありません。ですから、心理学的答申のメインは「こういう考え方があり、そのプロセスが発生した形跡が無い」←ここであって、仮に「結果かくかくしがじかもあるだろうけど」の部分は”どうでもよいのです”(岸田心理学『唯幻論』)


※ちなみに期待されている返しは
「太るからいけません我慢しましょうね。太りやすい体質は御苦労も多いでしょう。(プリンを食べてもいいのじゃないかなどの発想は焚書のように燃やしてしまいましょう)」
或いは「10キロダイエットに成功する度に1個でどうですか?(間違いなく健康害する、、)」
(※心理学に知見の無い人が受けると、うっかり話に乗ってしまい上記対応となる。←この状況を俺は「”取り巻き”に堕とされる」と呼んでます。)
 ↑↓
「強迫心理」のネタバレは
※「どうして私だけ、好きなものを食べるだけのことで10キロダイエットしなければいけない事になっているのか!普通の人のように食べたりしたい(ここにコンプレックスがかかっており、文字中に登場する”普通の人イメージ”は、現実から乖離しかなり”盛られた”空想上の人物設定となっている)」
【この強迫心理に何か名前を付けるとするなら→10キロ地獄】

●それを近くで見ている第三者は
「全然太って無いよ、、なんかアタシの方が重いと思うんだけど、、」





●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 14:03 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド