2021年11月27日

「不安は退屈に呼ばれ登場する(退屈とは?「=欲求不満、代謝不全である」)」

きっとね、ベテラン読者の方にも「快・不快原則」がイマイチ理解及ばないところあると思う。
●ポイントは「全てが関連している(単語の語彙上同じ言葉になっていないので難解なだけ)」
 ↑
こういうことなんだわ、
なんせ単語をあれこれ作っていた時代に心理学の知識を持つ原始人がいたらあーた未来人だw
角度を変えれば違う現象に見えても、実態は「ボトルを正面から見た絵か、裏から見た絵の違いでしかない」なーんてことはよくあることで、

1)不安=”不快代謝”の刺激やネタ振りである、受動的動機形成(不快『興奮』を煽る煽る《悪い方への想像力はコスト0円で無限大》、欲求の無限大な拡張:脳内における興奮物質と受容体の関係はアル中に似た中毒性悪循環へ)、認知方式:『被る(こうむる)』

2)退屈=欲求不満=代謝不全=睡眠不足や空腹飢餓状態のようなもの
(潜在的に、動物時代の古い脳はこれを「生存本能」に関連つけているので、解決《何らかの『興奮』ネタの確保は》最優先事項)

3)不安の反対は?→自信満々=勝算(戦術)や職務遂行(攻略)の目算があるなど(”生存本能も安心”するような)”快感代謝”による”主体的”動機形成がある(欲求のナチュラル充足:”ほぼ1対1”)、認知方式:『抗う(あらがう)』



<<<1〜3を組み合わせると「快・不快原則」理解できると思うけどどうかしら?>>>

■って、ことわーー
「上記の2)を先読みして補足すれば過半の強迫事件は未然に防げるんじゃね?」

そのとーーり

「退屈=欲求不満=空腹や睡眠不足みたいなの」←これの端緒って無いだろうか?

●「さあみなさんいよいよ日本シリーズ終盤、なんとヤクルト山田の3ランで追いつきました、9回同点でマクガフの登板です」「代打でジョーンズが登場しましたね、先日のサヨナラ負けの時には緊張したのかフォアボール出してしまったマクガフですから要注意です」
(実はこのケース四球でも全然OKだった)
「おーっとボール2−、やはり意識しているのでしょうか」
「マクガフは、、」
 ホーーーームラ――――――ン!!オリックス9回土壇場勝ち越しです!

マクガフが不安定なのは「いつものお約束」なんですが、
(これプロ野球視聴ファンは「劇場」と呼びます←まさに退屈を沸かせる劇場である)
先頭バッターを歩かせることがリスクなのはバカでもわかることですが(皮肉なことにその裏でオリックスのベテラン抑え元メジャーリーガー平野はヤクルト先頭打者にフォアボールを出している)、
いつものマクガフなら(なにがしか走者を出しつつ抑えるのがマクガフです)
カウント悪くなったところで、しれ〜っと四球でもいいかと思えていた筈です。

しかし、先日のサヨナラ負けですよ(実は打たれたいうより、エラーが続いて負けた)
先頭紅林にヒットの後、代打ジョーンズに四球(その後エラー絡みでガタガタに)
メジャーの偉大な選手とは言えビビッて歩かせたのは失敗でしたが、「が」
 ↑
その時と、今では全く状況が違います。
今も明日もジョーンズに一発打たれるのが気になるなら「歩かせてもいんです」
しかも今回は?先頭打者です(高確率で次の打者は送りバントで1死)
仮に吉田まで打順が回れば歩かせればいいし、その次杉本もボール気味に攻められる。
事実上、この回の勝負は宗君だけでした(宗君とジョーンズ、マクガフはどちらのホームランを警戒するべきですか?)。

・少しこの時の状況を整理させてください
オリックス中島監督は状態の悪いヒギンズを続投させたぐらいこの日リリーフに余裕は無く、病み上がりの山岡への代打でジョーンズです(もう延長もクソも後先考えられていない状態)
たぶん、マクガフがこの回を抑えれば圧倒的にヤクルト優勢、
「この前ジョーンズ歩かせたから」とか【状況に全く関係が無かった】
<うっかり、根拠も無く先日のサヨナラを”ジョーンズ四球”の連想キーワードで思い出し《厳密に言えば前回もジョーンズの四球はOKだったのに》>
 ↓
謎の「最悪のケースを考えて、ジョーンズにストライクと取りに行き一発でホームラン」

●もし捕手中村が(チームではムーチョさんと呼ばれてるらしいです)
マクガフの心のスキマに気が付いていたら
マウンドまで行って「2ボールだから、ジョーンズ歩かせていいぞ」言うべきでした

<<<ハイ、マクガフの「退屈信号はどこに出ていたのか?」>>>

メジャーリーガーの偉人、ジョーンズにビビッて投げにくいなら「そうならそうと言うべきでした」
(ゴニョゴニョ言えないなら、中村が「あーそういうことなんだろうな」と察知しなくちゃいけない)
劇場型抑えのマクガフにとって、ひとりノー文句に四球ぐらいいつものことです。
 ↑
つまり、「ジョーンズ攻略をどうしようかって勝算(或いは勝負を避け送りバントで1死取る作戦)」自信満々に考えていなかったんです。
するとどうなります?「不安=退屈=”不快代謝”の煽り」
ジョーンズは前回も歩いただけで、四球で3点入ったのではありませんよ?
今回は同点で、1点も許されない状況です。
先頭打者でジョーンズ、一番歩かせやすい状況でもあり「はいありがとうございます」と余裕の四球でも全然勝ち身に入ってるんです(そういう考え方もある)。

しかし?マクガフは「論理的に考えなくてもよい、”不快代謝”の煽りに負けた」
(なんせジョーンズはマクガフにとって”圧倒的権威上位者”ですから、打席に立つだけでマクガフはうっかりすると『被る(こうむる)』認知の暗示にかかってしまいます。)
「四球で歩かせるぐらいなら(メジャーリーグの格違いで打ち取る投球の目算も無いまま)」
直球で安易にストライクを取りにいった(直球だったと思う)。
(「だよね」「そうですね」と言わんばかりのストレート)
 ↑
●仕方ないって話じゃないんです「バカ、な、の、か、」って話
戦術上の読みそのままに、宗君に打たれちゃったなら仕方がありません、
吉田選手敬遠後の杉本選手に打たれたのなら仕方ありません、
オリックスがーでは無く、
マクガフの心理にとって最もホームランを警戒しているジョーンズに2ボールから直球でストライクを取りに行ったことは「バカげてます」
 ↑
(ここはですね、技術の問題ではありません。頭の問題です。)

■「自信満々とは、余裕があるとかって意味ではありませんよ。」
「ここの戦術は、こうやって組み立てていこうと、十分に主体的な”考え”があり(これを勝算と言います)」これが揺らいでいない状態を指します。
”根拠がある”=これで自信満々なんです
勝算とは?主体的”快感代謝”による動機形成のことです。


<<<<日常生活においてはこの端緒を「迷い」といいます>>>>

以下の言語は非常によく似てますが、全然違うぞと、
「さてさて、どうしようか(どうやって対峙しようか)」←”快感代謝”フラグ
「どうしたらいんだこれは(勝算も特にない=つまらない)」←”不快代謝”フラグ
 ↑
言えば(そりゃ義務ではないと思うけど)中村捕手は判断するべきでした、
マクガフの心理をです

【つまらないから、考えも無しに(『自意識』が抑圧され)打ったジョーンズも手ごたえすら無かったという”素朴な真っ直ぐを漠然とストライクに投げてしまった”】
 ↑
●誰だったかな、「魂込めた球は打たれない」クローザーのOBが言ってたと思いますけど、これは精神論では無いと思うんですよ。無意識にそう思ってるってことで、
本当のところは「勝算があるから(考えがあるから)”快感代謝”が流れ、自信満々なので『闘気全開』で投球できるんでしょ」←この世に絶対はないけれど、そら打たれる確率は下がっている筈です(何か考えがあるんですから)。

【つまり「退屈」とは”考え無し”(感じのいいアイデアが浮かんでいない)状態のことです】
(※『単独者』論で言えば外形的事実関係無しに”面白い事”思いつく→その反対が「退屈」)


<<なんか話が横道に逸れますが>>
■「諦めたら終わり」って言うじゃないですか(笑
オリックス山本投手を前に諦めていたら終わりです、
何故って「そんなの退屈じゃないですか(だからヤバい)」
野村監督配下の高津が捨てゲーム作るとかあり得ませんから、
嘘でもなんでも”選手がちょっと面白くなってきやがった”と思えように、
”考え無しとかあり得ない”でしょう。
(※初戦は、異様に球数の少ない奥川君をあてて「球数を意識させる」でした《山本君は下手したら中4で5戦登板の可能性もありましたから》、今度は山本君にとっての最終戦なのでこの手は使えません。)

逆に山本投手には若干不利な条件もあります
「最近自軍の打線が当たってる」んですよ、
パリーグで無双だった山本投手が退屈せずにやれてこられた背景のひとつが”援護点は無い”だったと思うんですよ、
仮にですよ?仮に(ヤクルト先発は高梨投手とも言われています)
「今日はヤクルト捨てゲームかと舐めてかかるとスキがうまれます(退屈だからです)」

もういっこ皆さん忘れてるかもしれませんが、
川端選手はフェンスギリギリの惜しい打撃でしたが、
オリックスのジョーンズ選手に似てる立場の内川選手はチャンスを潰す併殺打でした。
(今シーズンは思うような打撃ができず”退屈との戦い”だったと思いますが)
「向こうは往年の名選手が決勝ホームランか」←思うところあると思います
「退屈とか言ってられない心理状態ある筈です(自分の調子云々では無いの意)」
 ↓
高梨投手が投げるってことは、ひょっとして中3でライアン小川の救援もあるかもしれません。
(DH制の試合なので内川選手に出番があるかわかりませんが)
もし出番が無くても、狙い球のアドバイスでもいいんです、
ちょっと面白くさせてくれる役割を期待したいものです。
 ↑
それから、ちょっと関係するけど、
●高津監督へ「初戦予想でも言ったけど、DHは川端だってば」

(※それから山本君って、ロッテのレアードとか荻野君に打たれているんだよね。《そら調子もあると思うけど》「塩見と山田」負けてないと思うんだけどな、、、。作戦は「右打者は短めに持って内角球を全部真っ直ぐのタイミングで強引に引っ張る」でいきましょう。謙虚に反対方向狙うと術中にハマると思う。左打者も外角一本に絞ってひっかけていこう《内角カットは捨てる》、:五輪や初戦を見て「山本君が今の持ち球で”好きな球種”は右打者内角直球かツーシーム」と見た)
 ↑
ひつこいようだが少し追記すると、
「山本君は黒田でしょう説」の根拠のひとつが「カット、ツーシームの多投」であり、
このタイプの投手は打撃陣の援護を受けにくい、

何故かというと「(投球が投球なものだから)厳しい早い打球の内野ゴロ多過ぎて守備の緊張感が凄くて”疲れてしまうため”」だ
(守ってる野手は思うんだわ「そんな球速いんだからさ、もっと三振取ってよ」って)


posted by kagewari at 07:49 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0