2021年11月22日

「意識的に”バカであること”が求めらる現象(或いは無感覚)」→【思考停止】の話(1)

卵が先か、ニワトリが先かって話です。
『自意識』抑圧されれば誰でも(いろんな意味で)バカになってしまいます。
「それは本当か?」と自己検証する能力を喪失するからです。
リテラシーの機能そのものを喪失するのですから、
単純に言えば「言われたままになる」=受動系・依存系認知だけになってしまう。

反対に抑圧が開放されれば(あれこれ考える担当の)『自意識』がバリバリ全面に出ますから、相対的に(誰でも)賢いって事になります。←ここで文字が賢いとなっているのは、『自意識』が四六時中出張っているなんてことが”無い”からです。
出た時だけ目立つので、賢いとされますが能力的には人類ヒト科の”標準”です。

そのままですが、
ということは「抑圧」とは【思考停止】と同義であり、
もう考えることができないのですから、「こうに決まっている」と設定されたものは(直前記事の動画じゃないですが)理屈が通っていなかろうと、統計DATAと矛盾しようと、決定的な反証が発見されようが撤回されません(やりとりの中で無限に反論が続くだけです)。
 ↑
そらそうです、典型例は『共同幻想』ですが、
先輩がグラウンド100周と言ったら、理由がどうとか効果がどうだとか練習の意図が何だとか”全く無関係”であり(あれこれ自分の意見を考えること禁止、それ自体が反抗的秩序を乱す行為になる)、余計なことを考えられたら『共同幻想』が壊れます。
(個人的には『被る(こうむる)』認知のバカ人格となるのと引き換えに、『共同幻想』という集合知を授けようという構造→《ハイ『共同幻想』適応人格OSをインストールしますよって》)

●特に欧米やインドのカーストもそうかなと思いますが、
権力や支配体制を『共同幻想』で固める上で、意識的に下層階級を文盲に強いておいたり、文献を読ませないなど教育に接させないような時代あったワケで、
このブログで再三『共同幻想』崩壊の始まりが、教育でありほとんどの国民が高等教育受けるようになると自然に崩壊するって話に通じます(『共同幻想』社会は構成員をバカにしておきたいんです)
最強レベルの『共同幻想』社会である、共産主義ではスターリンにしても毛沢東にしても知的エリートを事実上皆殺しにしましたが、「変に自分の意見や考え持たれると困るから」です。

で、「強迫心理」の元ネタは『共同幻想』なので、
自力で抜け出すのが大変なんです。
(そもそも「強迫心理」の設定というのは稚拙で最初から論理的に破綻しているものも多いのに)
言うならば「自己暗示でバカみたいな洗脳されている」ようなもので、『共同幻想』社会にはそれでも担い手というか”現行世代”の上部構造当事者おりますが、「強迫心理」は無意識領域ですからね、、(想像や設定上の権威が無意識領域に君臨している)

このブログで無数に登場する「バカか俺」って強迫解除のキーワードは、
●人類ヒト科なら標準的な賢者状態が誰にでも備わってますから「バカか俺」と言ったのは誰?てな流れで、自動的に眠っていた『自意識』リテラシー機能が起動する”仕掛け”になっとるんです。


■現代社会の世界において、日本は例外的なんだと思いますが、
ちょいと前の動画紹介記事に登場した「トンチキな左翼主義者」みたいな階層はほんの一部に限られていますが、
【参考記事】https://kagewari.seesaa.net/article/484438836.html
これも歴史的背景あってのものだと思います。
世界トップランクのサブカル国家である日本の場合(一見村社会や体育会系など『共同幻想』社会が色濃く感じますが)江戸時代から高い識字率を誇り、市場における先物取引ってのを発明したのは日本であり、かなり高度な数学を庶民が使いこなしていたことで知られています。
 ↑
言ってみれば日本の『共同幻想』には最初から歩留まりがかかっており、完全な形での実施を”やめとこ”ってスタイルになっていた。常にどの社会も”変人登場確率を許容しており”(その正体は『単独者』ですが)、昭和のエンタメとしても『座頭市』、黒澤の『用心棒』、『子連れ狼』、『木枯し紋次郎』、『宮本武蔵』などなど、アンチ『共同幻想ヒーローが大好きで、
■現代の若い人には想像もできないと思いますが、
昭和中期には「脱サラブーム」というのがありまして(まだ高度成長期でもあったので)
「会社辞めてラーメン屋になるのが夢」とか大流行したんです(バンドブーム的に)

日本人の特徴に「実は”中の人”自分が存在することを隠している」部分がある。
反対に言えば(隠しているんですから)表面的に笑顔でバカなフリするのが得意技。
ここは世界的な『共同幻想』崩壊時代の現代における優位性だと思います。
すんなり「歩留まり社会」へ移行できますから、
(そこの背景には”非権力性権威”皇室の存在も大きく関与しているのだと思います。←かれこれ850年ぐらい前に皇室は権力に関わることから引かれた。←日本の封建的『共同幻想』崩壊の始まりはかなり早期から始まったと解釈してます。更に昔大和朝廷以前の邪馬台国卑弥呼も権力者では無く神官《当時の言えば”まじない師”です》であったとされてます。)



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:09 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0