2021年11月17日

リクエスト関連(腕が痒いさん「いえいえですからねw」)

腕が痒いさん
>数年後スパンで語られている抗体性なんとかのリスクというのががんや他の病気を防ぐための抗体か免疫が下がるってことではないんですか。動画を紹介なさってた松田何とか先生も接種の危険性、接種後の重症者率も増えると仰ってますね。BIも働けない単身者への家賃や医療扶助的なものを自治体で担保される所はいいですが、財政に余裕がない自治体はそういったサービスができずに月7万だけで生活しないといけない所も出てくる。だからBI反対派もあるのでしょう。幼少期からBIもらっても色んな事情で使い切っちゃうこともあるでしょう

全部自分で回避できることですから
(その自由を担保するのが民主主義であって、「民主主義は面倒見る制度じゃありません《てか面倒見られたら家畜です》」)
●何故知見のある個人が全力であれこれ選択を行使する(それこそ生存の普遍的原理)ことを前提にしていないのって話なんですってば(政策的にできることは”その環境”を整えるまでです←そこ踏み越えると左翼の《国民を家畜に捉える》全体主義になります。)

ちょうどタイムリーに心理学テキストの方で「快・不快原則」の解説してますから
是非読んで欲しいんですが、
「もうダメだ終わりだー」とやらかすと(これは想定ですから煽る可能性無限大なので)、主体的選択(自由意志)の欲求を食い尽くします。【それが鬱フラグ】です、
 ↑
この構造は
不快代謝ストレスで煽る『被る(こうむる)』認知は無限大なので、
それをやらかすと、確実に
快感代謝で動機形成すり『抗う(あらがう)』認知を超えます、
(『被る(こうむる)』に負けます)→主体的選択は「抑圧」され【思考停止】になるんです。
●そして、【不快代謝ストレスで煽る】現象は(想定なので)終わりがありません、
恋愛にたとえれば無限に続く片思いのようなもので、抜け出せなくなる(それが鬱病の構造です)
(※そればかり考えてしまい、何も手につかなくなる)

■この話の構図って<戦場にたとえると以下のようなものです>
「敵方がプロパガンダのビラを多数投下しています」
「内容は?」→「補給物資は届かず(それを殲滅した)我軍は孤立するとの内容です」
「まったく、、そもそもロジスティクスに不安は無い、次の作戦が始まるまでの間の武器弾薬食料に現在のままでも不安が無いことを徹底させてくれ(まだ新兵も多いだろうから)」
「了解しました」
(今現在の私の説明も上記のようなものです)
この状況で、何をどう説明しても
※「もう終わりだーー我軍は孤立し全滅するのだー!!」と絶叫する士官がいたらどうします?
「いやいや、違うから(そのビラはプロパガンダだし、、てか士官なら見てわかるでしょ、、)」
【じゃあ何ですか?この戦争に必ず勝てる保証ができるんですか?!】←”これパラドックス”ね
(実は設問自体が無効)
「最初からそういう話じゃないでしょう、、、」

<<もう一度整理しますけど、、>>

逆にワクチンによる抗体がってのは(抗体依存性感染増強:Antibody-dependent enhancement, ADE)そういうリスクが完全に治験で確認されていないって話で(その治験を確実にやるには数年かかるので感染に間に合わない)「そういう話があるのは事実」と言及してますが、
この点のみ公開情報では無く、個人的な伝手の話になりますが(話せる医療関係者がいるので→某所でコロナ担当医と直接の関係のある人物)「学会でそれはどうなってんの?」って話で、
役立たず研究で有名だった山中教授のIPS細胞をガン化させない研究で発見された治験が、そのリスクのブレイクスルーの役に立ったらしいと話があり。
私はLoloさんにも”彼らにもリスク回避の根拠となる研究成果があるのは事実”と言及してます。
(※これはワクチンがパチモンって意味では無く、完全な治験に数年かかるわけで最初から無理難題。かといって世界的なパンデミックで《特に欧米人が》今現実にバタバタ死人が出ていた場合《彼らとしたら”製薬メーカ”喜ぶ関係抜きに》「どちらを選ぶか」になるでしょ。)
 ↑
でーリスクベネフィットを考えれば(日本人は異常に重症化率が低く、脅威度が例年のインフルの大流行した時並みであることから)特にCOVIDで若い人は重症化しませんから、40代以下の若い人はワクチン接種の必要性がほとんど無いと、素朴に統計的な解説をしたもので(どんなワクチンにも副作用ありますから)、
●知見のある人の間ではそれは事実ですが、
左翼メディアの危機煽りを真に受けている階層では(それこそリテラシー民度の問題)
「そう思っちゃうでしょうから」→職場などで同調圧力もあるでしょうと(それにいいも悪いもありません、残念ながら周囲がバカばかりってだけです)、

完全では無いにしても一定の治験を終え(期間はともあれ、数だけなら十二分に完了しています)
世界でこれだけの人口が接種してますので、「騒ぎ立てるほどのリスクはありません」
(※しかし計算上、リスクベネフィット的に矛盾があるのは事実)
(事実政府もブースターショットに関しては慎重に各国情勢見ています←こは日本政府も慎重です)

松田研究所動画の話ももちろん「その立場からは正しい解説」であり、
(※何度も言いますが→計算上、リスクベネフィット的に矛盾があるのは事実ですが、周囲がバカばかりだった事まで大阪市立医大井上名誉教授の責任ではありません←こちらは社会的信用の問題ですから《カラオケに無理やり誘われたこと(社会の同調圧力)と教授の見解には関係がありません》)
●彼が言っているのは、
「戦う意思のある人は、(間違いではありませんから)この理論武装でどうぞ」という意味で(また政策当局は理解ここ事前の知識としてインプットしてくれと:この件高市早苗氏にはブリーフィング済みです)、
やろうと思えば、会社を辞職もできます。
事実米国の草の根民主主義では、ワクチンを拒否する人の権利のために、自分は賛成派で接種済みでも「職を辞して」反対派のデモに参加する勇者がいます←民主主義とはこういうものです。
 ↑
どうするのかは、自己責任でと、
(背景をわかっていれば、どちらを選んでも間違いでは無い「自分の選択」ですから)


【それからベーシックインカムの件は説明をしっかり読んでください】
>財政に余裕がない自治体はそういったサービスができずに月7万だけで生活しないといけない所も出てくる。
 ↑
経済学として、ベーシックインカムの理論の位置づけは(これ福祉政策じゃないからね)
ヘリコプターマネーで「需要不足がある時には、国債を中央銀行に引き受けさせ(事実上根拠無く札束を刷れという意味)ヘリコプターでばら撒けばよい」という話なの、
(※逆説に言えば「需要不足」=「過剰供給力」→なのでインフレターゲットの範囲内なら支給額は何万円に設定してもよい。)

ですから「財政に余裕が無い」という状況は想定にありません。
(マイナス金利同様に、政府には《インタゲ設定値を超えるまで》無限に財源があるという想定でもよい。)

でーこの前の支給実験(10万円給付)どうなりました?
「瞬間的にもインフレは起きましたか?」
(加えて財務省の統計は”いかにも怪しい”んですが《お金に色ついてませんから》)
彼ら曰く、「7割は貯蓄に回った」
経済学的なその意味は?→本当に困っている人だけ使い、所得に余裕のある人は貯蓄に回した(マネタリベース的には、ばら撒いたが元に戻った)=「その何倍ばら撒いても余裕」ってことです。

※ベーシックインカムが再三誤解される背景に
「社会福祉改革の切り札」的に、福祉政策じゃないかみたいなのありますが、
(その論議の中で脚光浴びたのは事実ですが)
そもそもそれが目的ではありません。
●本来は「需要不足」で経済成長が止まった時の”経済刺激政策”です。
(少子高齢化時代の先進国では公共投資に所得分配能力が失われるため:またインフラも飽和状態なので公共投資の乗数効果も期待できない。)

端的に言えば、ベーシックインカム反対論者とは、
「マネーの価値を高めたい(金利も高めに留めたい)」「その監督権限を守りたい」
=財務省と、国際金融資本が”反対派のケツ持ち”です、
(それに今現在結託してるの誰?日本の財務省と都市銀行だけで無く、中国と、ウォール街でしょうに、←あなたがサンマがどうしたってお怒りの中国です《反習近平の上海閥だけど》)

それから
>幼少期からBIもらっても色んな事情で使い切っちゃうこともあるでしょう
 ↑
なんでこんな奴の面倒みるのも政府の責任になるの?
(勿論制度が志向される時に、年金基金みたいな積み立て仮登録にするなど政策的にも考えるでしょう。)
ガチの自己責任でしょうに
「手取り足取り面倒みないと、もう終わりだー!!」とか流石にネーでしょ。
(それはいったいどういう世界なんですか、、)

最後に繰り返しになりますが
 ↓
ちょうどタイムリーに心理学テキストの方で「快・不快原則」の解説してますから
是非読んで欲しいんですが、
「もうダメだ終わりだー」とやらかすと(これは想定ですから煽る可能性無限大なので)、主体的選択(自由意志)の欲求を食い尽くします。【それが鬱フラグ】です、



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 05:13 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0