2021年10月31日

リクエスト関連(Lolo さんワクチン接種の件)

Lolo さん
>職場の圧力で嫌々一回目の接種を受けました。10日経っても腕の違和感が消えません。怖いです。その後にコロナワクチンは免疫力の低下招くと聞いてく後悔しました。コロナワクチンが儲かるから医者は接種を勧めるんですね。でもワクチンを二回目打った人も多いから、今まで防げていたコロナ以外の病気への免疫力が低下する人が増えたり、ガンの発生率が増えるなんてことになるかもしれませんね。数年後どうなるか。ワクチンの動物実験で5回以上打たれた動物が死んでる話もあるから今後の経過がどうなるか恐ろしいです。

打つ選択されましたか、
それも選択です
(そうなったからには、くよくよしない方がベターです←【まさにこの結果免疫力が低下します】)
上記括弧にあるように(余計悪循環となることを阻止しなければなりませんので)、
このような場合「意識して、戦術的に考えるのが吉」です

●使える事象を並べてみましょう
・既に国民の7割が2回接種しており(こうなれば一蓮托生だ)
・職場の同調圧力は、それも現在の日本の民度であり「民主主義」社会を生きる自分にとって、望まないものだったが(やむを得ないという意味で)ベターな決断だった
・ブースターショットのリスクは「イスラエルが人体実験薬を買って出ているため(実はこの件でイスラエル国内でも相当の批判が起きている)」欧州を中心に、否定的世論がかなり出ています。
流石に厚生省もブースターショットの安全性に関しては高いレベルで配慮するでしょう
(※Lolo さんの件には関係ありませんが、現在欧米では子供への接種の是非で大激論になっています)
・免疫力が逆に後退する可能性の論議は「根拠はありますが、当該個別のワクチンに対する十分なエビデンスのある論文ではありません」
(また、Lolo さんのお話に登場するように、ワクチンに懐疑的な方が接種後強く後悔すると、心理的理由で免疫力は大きく後退してしまうため、因果関係が確認できない。)
(※上記件は欧米ロックダウンにも言われていたことです。特に介護施設などの高齢者が《管理上楽だからと思いますが》事実上個室に監禁状態に置かれた結果、大きな免疫力の後退を招き《人間は適度な外出と散歩などで免疫力が大きく上昇するのです》、持病の悪化などで亡くなる例が多数あったのではないかとされています《この件はあくまで情報で確定的なエビデンスはありませんが、免疫学上は論理的な話です》)


■上記に羅列した事象を組み合わせて
「やむを得ないと判断した自分なりの論理性にミスは無い(そこに後悔は無い)」
(現在の日本の民度論は、生まれた時代論と同じです)
「心理的な後悔から免疫力が激減するのは、マヌケ過ぎる」
「免疫力の後退を心配するのであれば、この選択にグズグズ考えるのだけはやめよう。それから自然免疫力向上を期待して、以前より散歩を増やしてみようか」
 ↑
<上記は結論ではありません。「のような思考」を、Lolo さんなりに考えてみてください>



posted by kagewari at 01:36 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0