2021年10月23日

経済学ってほど風呂敷広げず財政赤字の件

先日財務省次官のマヌケな論考が話題になりましたが、
興味ある方は以下参照
矢野財務省事務次官の記事は”誰かワザとやらせてると思う”
https://kagewari-retour.seesaa.net/article/483862187.html

話を単純感すると
住宅ローンや自動車ローン(建設国債)、クレジットカードやキャッシング(赤字国債)利用している個人に、
「借金は帳消しにして、必ず貯金しろ」←この主張が財務省の財政均衡論です
 ↑
※経済学的には貯金はある意味(機関投資家なり金融機関が投資資金にするのでアレだけど)、現金需要(生産性が”0”)という”大間違い”で(一歩間違えば経済が死ぬ)、経済学的理想としてはどこぞのポイントみたいに利用期限があって、一定期間消費か投資に使わないと消滅する方式にしたいぐらいなんです。

もういっこ、
財務省の財政均衡論的に言えば、「人の金(銀行から見ると現預金は”銀行の預金者に対する借金”)で商売している銀行は、とっとと借金経営をストップし(預金を全て預金者に返し)、自己資本だけで経営しろ」と言っているようなもので、間違いどころかあなた、、、、
【どうして”国民性が’ルターの罪悪感”とか言われるドイツが、緊縮財政派なのかわかりますよね。キリスト教の教義「金貸しは悪い事」に拘束されているからです。→なので欧米では(キリスト教徒は金融に宗教上の抵抗があるので)分業としてユダヤ人が金融を担っている】

■つまり財務省の言っていることは「めちゃくちゃ」というか、
「お薬足りてますか?」レベルのどしようも無い話なんです。
(なんでこんなことなったかの背景には、明治維新前後に欧州あたりに留学したので、ドイツ財政学やらとかの影響が今でも残っているのかもしれない)
実際、そんな財務省が「禁忌と言われたサブプライムローン→35年ローン《フラット35》を許認可した」なんてのは、御冗談をって話で(これ国で言えば”35年もの長期赤字国債”)、、
 ↑
えーーと、、自分で何をやっているのかも多分わかっていないのです。


<<経済成長の法則を簡単に要約すると>>

・高度経済成長ってのは、3種の神器(+ピアノ)や自家用車など「個人が住宅ローンや自動車ローン」で需要を前倒しするので(投資的消費行動)、統計上の国民所得以上の需要が発生し、供給側もこれに見合う設備投資をしますから、←ほらどうなります?
国民総生産は、「あかたもローンの資金が実所得であるかのように伸びる」
そして?経済の伸びは給与を上昇させますから、ローンの返済が残っても生活は楽になっていく。
(※若い人ご存じないかもしれませんが、《クレジットカードが一般的になる前の》昭和の時代は役所や企業から役人社員が福利厚生ナントカかな低利で借金できたんです《今でもあるのか知らないけど》。統計残っているかわかりませんが、これもかなり効いたと思います。)
 ↑
これが所得倍増論です

・上記に対し(デフレ経済で需要不足がある場合)
個人がローンを組むのでは無く、国がフラット35だとかフラット100とかのローン(赤字国債)を組んで投資的消費行動を促し(需要を前倒しさせ)、統計上の所得以上の需要に見合う設備投資を供給側に求めるのを”財政政策”と言います(しかも日銀も自分の子会社なので事実上金利も自分で決められる)。


※ちょっと話逸れますが、軍事予算も設備投資です。バカでもわかることですが「安全保障が脆弱だと通貨安になります」(何時滅んでもおかしくない国の通貨など紙切れに過ぎないからです)。潜在インフレ率が高くなるみたいな考え方もできるかもしれません(軍事力は国民の生命と財産を守るものなので保険制度として見れはわかりいいかも)。→うがった見方になりますが、軍事予算を増やせば通貨の安定度が増すのですから、国債発行して軍事力を強化してもなかなか財政破綻は起きない(所謂軍事経済ですね「その代わり負けたら終わり《ハイパーインフレになる》」なんですが)
WW2前の日本で言えば、当時は国内金融資産が脆弱であったため、国債をウォール街や英国シティに購入してもらったのですが=当時の彼らはそのまんま「(ロシア帝政に対抗する勢力として)日本の勝利に賭けた」という意味です。
私が米ドルを「核弾頭本位制」とか「軍本位制」とかチャカして言うのも同じ意図

<話を戻すと>
単純化して言えば
●財務省の言う「プライマリーバランスの均衡」というのは、
=「経済は循環再生産すれば十分なので、成長率を0%にしなさい」という意味になります

(ちょっとそれは、、バカなのかと :確信犯でデフレを前提にする経済政策も《バンバン海外投資する:原則的にインフレ円安・デフレ円高だから》無いでは無いがここでは割愛)

《終わり》




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:03 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0