2021年10月22日

日本のCOVID19陽性者減にイベルメクチン効果の噂

本来この話は筋違いというか、
どうしてそうなるって流れをちょいと考えないといけないのだけれど、
噂になったのは、インドが変異株を急速に鎮静化させた背景が「治療薬のイベルメクチン」という話。いやいや予防薬では無く治療薬で感染が収束するのはオカシイだろというご意見もあると思うんだけど、たぶんこの話の流れは「感染者の回復が早い」→「治療にも余裕が生まれる」→医療関係者への二次感染が抑制され、「高齢者施設などでのクラスターを抑制する」みたいなことかな?
 ↑
返す返すも(予防効果あったにせよ)予防薬として組織的に事前投与したワケじゃないので、感染拡大を止める要因となったという判断も”微妙と言えば微妙”なんだが、

<上記のイベルメクチン伝説が一部医療関係者にあるというのを踏まえてくださいな>
(インドではかなり論議になっているとも聞く)

この8月から10月の日本の急速な感染の鎮静化を、欧米の一部メディアが「イベルメクチンの使用開始が原因じゃないか」と報じている。
(報道としては、日本医師会が使用を促し政府がこれを決定したみたいな話)

●え、そんな報道してたっけ?
と思っていたら、ようやくその意味がわかりました。
菅首相が大規模な実施を命令した「抗体カクテル療法」←こいつのカクテルの中にイベルメクチンが入っているんだと、

さて、巷の噂ですが(俺も正確には知らないので価格間違えてたらゴメンです)
1回200円のイベルメクチンは(その効果に評判がありながら)、利権的に製薬会社ロビーと医師会から使用に圧力がかかり欧米先進国の政府保険機関が使用禁止にしてたりするので有名。
(その200円の薬が効いちゃったら、莫大な投資している新薬開発がゴミ箱行きになってしまう)
これに対し、「抗体療法」は非常に高額として知られてます。
事実、今回日本政府が無料で行っている「抗体カクテル療法」は点滴一回31万円だそうです、
(これ大規模実施を命じた菅首相本人がネット番組で説明してました)
 ↑
意味わかります?製薬会社ロビーと医師会も
●「イベルメクチン単体での使用は受け入れられないが、混ぜる分には構わない」(笑
たぶんさ、そういう意味だったんじゃネーかな、、
で、イベルメクチン関連で論議になっている欧米メディアでは、
「日本がイベルメクチンで感染を収束させた」と一部で騒ぎになったという話です。


俺は、日本急激な収束を「集団免疫じゃね?」と推測しているので(冒頭書いたようにイベルメクチンを予防薬として配布したワケでも無いから)、それはどうかなと思うんだが(イベルメクチンの効果のことでは無くて感染収束の原因だろうかって意味ね)、、
日本ではあまり報道されていないが、
陰謀論渦巻く欧米では「そんな論議になってまっせ」という話でした。
(COVID19に関してはほんといろんなことがあり過ぎるよ、、)




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:14 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0