2021年10月08日

「強迫心理」構成のシンプルな解釈(なぜ無意識にそれができあがってしまうのか)

ここのとこ、フロイト心理学の”超自我”の話もするようになってきてるけど、
(本来は『共同幻想』論でここ包含しようと思ってはいるんだが)
単純に言えば”超自我”ってのは、幼児期に神格化されている親やそれに類する(昭和以前は長兄とかの場合もあった)保護者とのやりとりで発生する「エピソード記憶」が格納される記憶エリアのことで、中間テストの勉強が記憶される場所と”違い”
「エピソードフラグを解除しないと忘れられない領域」を指し、
主として宗教的戒律や、道徳や、厳しい躾(家訓)など、個人的利益代表である『自意識』より上位の(超越的な)admin権限を持つ領域であるため→”超自我”と呼んでるものです。

「豚肉が食べたい、しかし、、どうしても食べことができない!(by.イスラム教徒)」
 ↑
これのこと(極端に言えば”カタカタ震え出すほど食べたくでもできない”みたいな)


●はい、そういうワケで
幼児期に権威者(幼児期ならではのデフォルメで神格化されたり、ヒーローイメージ化されたり、聖母イメージ化されたりするため)との関係で獲得される”極端に目立つ記憶”は(驚いたとか『興奮』伴ったとか)、自動的に「エピソード記憶」として、”超自我”に格納されるので、
・たとえばね
「子供時代に権威者と訪れた地元で有名な観光地などの記憶は?」
ガチ、ノスタルジーのシーンで鮮明に思い出される郷愁の一枚になります

 ↑
大人になっても仕事関係で手ひどい失敗などして、『退行化』すると速攻イメージが再現され、
「田舎に帰ろうかな」なんて思ったりするわけ(笑

読者の方はもうわかると思いますが、
「田舎のローカル『共同幻想』保守志向」ってのはこのようなエピソード記憶の獲得と、半ばフラッシュバックするような”仕組み”(ノスタルジー)により構成されることがわかると思う。
∴故に、ガッツリとローカル『共同幻想』に適応した自我は、決して田舎を離れません
(BOROのヒット曲「大阪で生まれた女」)


<<<ちょっと小ネタですが>>>
社会適応の”適応”って何?って、配慮に欠く表現すると、、「洗脳」です。
(本人の間接的同意の元入れ替えるので、正式にはオマージュとか”認識に対する影響”
自 我 の 一 部 を 社会 に 適応 さ せ る
=「入れ替えるとか、接続させる」って意味ですから、
自我の社会化=個人としての一部を社会的自我という”テンプレート”に置き換える
置き換えるためには、個人としての一部を「上書きする」ことになるので、
=『抑圧』と構造は一緒です
 ↑
何も恐ろしい話ではありません、
・ボール遊びをしている少年がいるとします(蹴ろうが持って歩こうが投げようが自由)
・公園でサッカーで大興奮している子供達を見ました
(自分の遊びよりより高い値の興奮を獲得している:快感代謝)
・「僕もそれやりたい」
・「サッカーって言うんだよ、手を使っちゃダメ、それからオフサイドって言ってさ、、、」
(僕のボール遊びは、サッカーに上書きされそのルールを守ることにも同意)
・自由なボール遊びとか忘れ、ルール遵守に道徳的認識すらある→ズルする奴に激しく怒るなど
「サッカーやろうよ!」
(●重要なポイントは、以降僕は「サッカーを知らず、ボールでマヌケなひとり遊びする子供を見つけるとバカにしたり、軽蔑するようにすらなる」ところで、『共同幻想』論や、イジメの論理などにも繋がる話でしょ?)
 ↑
これがスポーツという社会的概念への”適応”ね、


<<<話は戻って>>>
●話がベタ過ぎるとアレなので、昭和の「巨人の星」時代の設定にしてみよか
・兄は小さな妹達のことを考え進学せず働きに出た
・3人の妹達は兄が大好きで(父は戦死)兄はまさに大黒柱だった
・ある時、兄は(記憶が定かではないけど恵方巻の日?クリスマス?)珍しく姉妹におみやげを買ってきて、三人は大喜びしたんだが「ショートケーキ2個とおまんじゅう」という絶妙に苦しい組み合わせだった(貧しい暮らしだったのでそれが兄の精一杯であった:自分の分は買ってないワケで)
・ちゃっかりもの姉たちがショートケーキを手に入れ、何をしてもドべの私はお饅頭だっだ
「〇子はどうして泣いているの?」
「〇子がかわいくないから?かわいくないからショートケーキ食べられないの?」
「いやいや、、値段同じだし(なんかショートケーキ洒落てるけど)、貧乏だからさお菓子屋さんの割引を待ってたら、、」
(大号泣)
・末っ子の〇子は兄の前では言わないが、姉妹で喧嘩になる度に
「〇子がかわいくないからでしょ!!」と激高することがあり、
・兄の嫁の出産祝いの帰り道、〇子は好きでも無い〇男の誘いにワザとついていき、、、
(不快『興奮』による悪感情の快感代謝へ、、:DV夫とは離婚した)
 ↑
■同じこと起きると、同じことになるとか言ってないからww
こういう仕組みだよんってこと、
「強迫心理」形成のプロセスとか、コンプレックス論とかな、


■■■でさ、必殺このコンプレックスの本丸は■■■
 ↓
「子供の頃世話になった大好きなお兄さんって、素で見るとどこにでもいる冗談好きのスケベオヤジですよね?彼に直接聞いたんだけど、恵方巻の日?だかクリスマスだっけ?その日に彼は(どうしてお菓子屋さんの割引時間まで遅くなったのかというと)馴染みの風〇店によってきたらしいんですよ。そこで予定外”延長”。更に予算まで少なくなってしまい、ショートケーキとお饅頭が同じ値段って話も、ショートケーキが半額の割引になったらか同じ値段だったのであって、厳密に言うと同じ値段では無かったそうです」
「値段のことはどうでもいいです、じゃあどうして私だけお饅頭だったんでしょうか」

(割といい話パターンだと)
「〇子さんはその時虫歯があって、お母さんが〇子に甘いお菓子はダメと言っていたらしく(〇子には内緒)、お兄さんは常々お姉さん達に甘そうなお菓子は先に食べて〇子にはしょっぱいお菓子とか甘くなさそうなお菓子をあげてねと言っていたそうで、お兄さんの命令は絶対なお姉さん達は慌てて我先にケーキを口に突っ込んだってことらしく」
「そしたらそう言ってくれればいいじゃないですか!!!姉ちゃんなんかその時から私のあだ名を”まんじゅう”って、、、」
「だから、〇子さんは歯医者の前いつもぐずるのでお母さんが虫歯をそれ以上悪化させてはいけないと、」「だから何!」
「甘いものを隠すと〇子さん凄く怒るので、お母さんはお兄さんへの指示を〇子さんには秘密にするように厳しく言っていたそうで、、」
【一同真顔で頷く→「そのまま聞いてくれたらよかったのに、、」】
(※〇子にとって兄はカリスマだったのでとても気軽にそんなことは聞けなかった)


 「なにそれ、、、」←これが”幻滅”《いろんな意味のガッカリ》「ネタバレ崩壊」です


※思春期に『反抗期』とかであれこれするなかで、めんどくさい話はあんだかんだネタバレするものなんですが、性の嫌悪とかで『反抗期』発現の原動力にブレーキかかってるとか、部活が忙ししぎただとか諸般の事情でネタバレが不十分だと、超自我領域になんか残ってる子供自我が「強迫心理」化しやすいワケさ。
(強迫:「なになにしなくちゃいけないと、自覚の無いとこから自我を煽る(モチベーションに相当する興奮物質《アドレナリンやドーパミン》を持ってきちゃう)」:それを構成するパーツがコンプレックス)


■同じようなこと起きてると、同じようなネタバレがあるとか言って無いからww
・幼児や子供の視点から見ると、
年長者などの権威者が”すっごい”人物のように必ずデフォルメされる
(これは普遍的だし必然:幼児の視点から見れば大人は全員巨人だから)
子供と権威者間の事象は(道徳や宗教的概念の導入もあるように)
「特にエピソード記憶化しやすく」
極論、なんかすっごいマヌケな勘違いに由来するものも多数発生する
(「帰り道に霊柩車見ると、なんとかがかんとかするんだって」とか)
・所詮幼児や子供の考えなので、ジャーナリストのようなリアルな現実認知な筈もなく
(100パーどこかオカシイし、かなりの部分がデマかフェイクニュース)
「子供時代の幻想の、ネタバレ抜き大人になることを語れない」って意味です
 ↓
・権威者側の責任も何も、幼児がその時に好きだった遊びの影響で謎解釈が捗ることもあるので(そもそも幼児や子供のレスポンスと完全予測することなど誰にも不可能)、誰の責任だなんだって話になるとややこやしくなるだけで、
事実究明のため”司法取引が行われた”ぐらいの感覚で捉えるのが吉。
(とにかく、いい悪い論「道徳的反射」で『興奮』しないことです、←これは情状酌量目的では無いので勘違いしないように:事実解明のイロハです)



posted by kagewari at 12:52 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0