2021年09月15日

「強迫心理」ってのは『思考停止モジュール』だから『自意識』の「抑圧」ができちゃうんだよ

更に細分化すると、
■複数のコンプレックスの結合により(三段論法のように)「決まった結論に誘導するロジック」の総体を「強迫心理」と呼ぶわけで(故にその解体の鍵は各コンプレックスのネタバレ各個撃破である)、
結果として、それ以外の選択肢をネグレクトするため、
思考もクソもさ、考える余地を奪われる→この状態が『思考停止』
(なので決まった結論に導くプロセスを「バカか俺」で一喝すると、自動的に『自意識』思考プロセスが再開する。)
『思考が停止してんだから』→その状態を『自意識』が「抑圧されている」と呼ぶ。

つまり「強迫心理」ってのは『思考停止モジュール』のようなものであり、
この間の結論は「確実に、全て『自意識』の本音では無い」
●ですから
「強迫心理」下にある個人の発言は「全て本音でも本意でも無く、当人が本音だと勘違いしているだけ」←こうなるワケ
(※全く自覚が無いのでは無い、「どうしようもない」「しかたがない」的な違和感は薄っすらある←言えば当事者意識が受け身に後退するため《『被る(こうむる)』》、自分には責任が無い《=権限が無い》とか。場合によると被害者意識として自覚されている。)

  ↑↓↑↓↑↓

それはやっかいだと言う人いるかもだけど、
<<<構造はオンザレール『共同幻想』適応と同じだからね。>>>
 ↓
『共同幻想』適応の場合どうなるかって言えば、
■権威の示す常識や慣習や「そうだよね」により(三段論法のように)「決まった結論に誘導するロジック」の総体を『共同幻想』適応(或いは同調圧力)と呼ぶワケで(故に『共同幻想』社会そのものの崩壊によりその構造も瓦解する)、
結果として、それ以外の選択肢を設定で却下するため、
思考もクソもさ、考える余地を奪われる→この状態が『認知リミッター』
(なので、適応度の高い”おりこうさん”ほど緊急事態などでも常識的対応しかできず、そんな時は異端のちょっとイカレタ奴のがアイデアを提供できる。←それが当たりかどうかはともかくだけど、、)
『考える能力を制限されてる』→だから”高学歴バカ”(IYI、Intellectual Yet Idiot)とか呼ばれちゃうのさ

つまり『共同幻想』適応社会ってのは「没個性偏差値認知モデル人格に個人を押し込める」ような一面があり、その決断は、たとえば文化伝統に殉ずる者としての矜持であったとしても「個人の意見では無い」(私語禁止)
(仮に文化伝統だと思ってたのが完全に嘘で根拠の無いでっち上げだと知らされると何もかも瓦解するじゃん)
●ですから
『共同幻想』適応系人格の意見は(そもそも組織で共有されているものであり:『宗教』で言えば教義)「当人が《発案したのではなくて》”これこそ正義であり道徳である”と信じる権威や概念である」
信じるものを疑うような変な知恵持たれると困るってのかなww(だから文化大革命とか焚書とか起きるんだよ)
(※全く自覚が’ないのでは無い、むしろ個を殺し私見を控える我慢や苦痛を常に感じており、この耐え忍ぶ体感こそがレーゾンテートル《存在意義》であり、当事者意識というよりも《その概念考えたの自分じゃないので》適応する権威への敬意や信仰心として自覚される。)


歴史的に「文明化と世俗化は同義であり」
権威の世俗化だから=権威性認知の崩壊なの
何も難しい話ではなくてさ、
老舗ってのは同族経営だから伝統を守れるけど、
株式会社になって、公開上場すればさ世俗化するんだよ。
(※再選択保守ってのは、買い戻して非公開にすること)
文化にまで至る(刀鍛冶とかさ)伝統芸能レベルのものは滅びないが、
町工場の職人芸はどうしたって世俗化崩壊の波にのまれる(その技を産業ロボが引き継ぐから)
便利な機械で誰もが職人レベルの仕事を簡単に実現できるようになる。
(そらF1のエンジン組み立てる専門職は無理だが、この話はニーチェ先生の貴族のナントカと同じことだから:例外事項)

その時に(誰の承認も必要無く手にしたMY電動ドリルで作業するんだから)
「何を作るのか?自由でしょ」←何かに適応するのではなくて、素で自分で考えるじゃん
(しかし近代までは、何を作るのかを決めるのは《その特殊技能を独占する》権威であり、個人はその命を実現する配下であった→この時には「俺は個人で好き勝手にやっていいならこんなん作りたい」とか《当時から存在する”変人”『単独者』を例外に》誰も思わない。高価で触るのにも緊張する会社のマシンで「個人の趣向で”ふざけたチンチンの芸術”造ってたらどうなるよオイ、、」)

●そして「さあみなさん権威が独占してきた特殊技能が、高学歴化(世俗化)により大公開、各個人みなさんの手に入りますよ〜」ってなったんで、
突然”自分の時間”の価値が100倍ぐらいに上昇したのさ、
「最低でも歩留まり以上」階層の台頭は、自然現象なの。
(※親方の権威者としての社会的地位が崩れたのも、自然現象なんです。)
(繰り返しになるけど、”再選択保守”《『単独者』別動隊》ってのは残るからね。そこに文化伝統級の境地があるのなら。)




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 13:07 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド