2021年09月10日

「強迫心理」なる”別人格みたいなものがある”のでは”無いぞ”

前回コンプレックス論のここ
 ↓
■無意識下にあり、(意識的に整理した記憶では無く)現在当人の現実判断に大きく影響を与える「関連コンプレックス」の総称を「強迫心理」と呼ぶ←こういう解釈でいいのかもしれない

で、俺の推定は(特別意味は無いので推定で何ら問題無いんだけど)
前にニーチェ引用で善悪論書いた時のここ
 ↓
「義務教育の知見は流石に皆わかっただろうから、後は矛盾ないよう合理的に」
(権威的指導者の戒律としてのお告げから→『自意識』マターの常識論化へ再構築)
再構築される中で
言語としては『共同幻想』的に(サイドブレーキ引いとけに善悪も被らないので)
善悪が絡んでくる上位概念が「道徳」って用語として残ったのかもしんない

 ↑
無意識下の「強迫心理」は、連想性・関連性フラグで起動して自我を『興奮』状態に追い込む影響力を持つが(自分がコンプレックスに感じている話に触れられるなど:地雷と同じ動作)、
●話が善悪に及ぶ「強迫心理」は、超自我領域(意識の神棚)に憲法のように格納されるので(構造としては『共同幻想』適応人格の道徳と同じ)恒常的鬱症状などに関係していると見るべきで、 ↓
■非常に重要なことだが
このネタバレは「左翼に憲法改正の必要性を納得させるようなものだ」(それほど難しい)

トンデモ左翼と憲法9条の関係は、
鬱症状と「強迫心理」の関係に非常に類似している。
(※逆説的に言えば、憲法9条とは日本社会における「強迫心理のようなもの」だから)
”9条さん”って個別の人格があるワケ無いでしょ(笑
しかし”9条が関係してきたときの血相変えた左翼の状態”
もうさ、普段のその人とは違うってか、人が変わったように大変な状態になるじゃん。
(”自分で作った憲法でもない”のにさ←「強迫心理」を自分で作った覚えがないのと同じ)
それは鬱下で酷い落ち込み状態の人物に
「おいおい大丈夫か」と声かけても(人が変わったように大変な状態になっており)、素人では手に負えないのと同じ。

するってーと、トンデモ左翼はフロイト心理学アンチなのか?→「そうですw」
(多分、同じユダヤ人ながらマルクスのが上って謎の話になるんでねーの、サルトル的解釈が正しいとかなんとかさ、、左翼革命を示唆しているのだとか、)
だって、トンデモ左翼は(左翼『共同幻想』適応人格だから)
「構造論的にフロイト心理学を理解できない」のだし、
●伝統『共同幻想』適応との違いは→「”郷土愛”が、”共産党革命同士愛”に変わるってこと」


トンデモ左翼人格をもっと深く考えれば(それこそワールドワイドに)
●マルクス資本論だけでなく、ゲバラの言葉や、毛沢東語録やら、導入時(認識適応時)印象的だったものが、「その人の”共産革命”」みたいなフォルダに格納され、あたかも日本の憲法9条のような「強迫心理」を構成し、
そこに『自意識』共犯が積極的に関与すると”概念”となる。
(無秩序にも思える複合《コンプレックス》から→整理され論旨を持った思想的概念となる)

話逸れるけど大事な特徴をひとつ
 ↓
■そもそも「強迫心理」ってさ、「うまくいかないからめんどくさいことなってるネタ」だから、
「反動形成(レバレッジ)」や『退行化』(過去化→更に退行続けると幼児化)のルートを経てるワケ、だから「反動係数倍化、デフォルメ他、関係する現実認知はエスカレートやエレベートする」
わかりやすく言っちまえば、
→(快感代謝の煽り法則上)「”より大きな方向”にめんどくさいことになってしまう」
※これは理論上も構造論的にも現実から乖離する方向で確実に”話は大きくなる”
【合理性が保たれているため「強迫心理」と認知されないものに”教訓”がある《構造はほぼ同じ》】
この「教訓」は、大袈裟かもれないが強い危機感のあるものほど有効でしょ?
そのベクトルは《同じ構造の》「強迫心理」も同じです。
 ↓
●ベルトから上の江川のストレートには”絶対に手を出すな”そこは誰も打てないんだ!
(福本さんみたいなバット持ってる大洋の加藤博一はホームラン打っちゃうんだけどねw)
●こんな”学歴では”はどんな会社に行ってもダメなんだ!
(いやいや、あなた全ての会社に履歴書出すことから不可能だろ、それとも千里眼なの?)
 ↑
現実との乖離具合はともあれ、前者は自覚的だし、
合理性が保たれているので教訓的にはそんぐらいの強調感でOKだとされる
ゴリゴリに体育会系なら、
試合でうっかり高めの真っ直ぐ空振りしようもんなら(教訓としての強調感不足として)殴られるからね(バカモーンみたいに)。ましてや(加藤博一論のような)ネタバレに手を出したら試合に出してもらえなくなる。
※で、言うまでも無く後者は「強迫的」で、且つ教訓同様に過剰に強調されているでしょ。




●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:強迫心理
posted by kagewari at 04:42 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0