2021年09月02日

「善悪の悲願」心理学編(ぶっちゃけニーチェの著作は忘れてます)

副題「正義とは何か」でもいいかな、
ニーチェが何書いてたらもう忘れてんだけどさ(wikiであらすじ読んでも思い出せなかった)
ま、要約すると『共同幻想』として伝播される”鵜呑み道徳”の哲学的批判本だわね。
※今回内容が内容なのでR20指定です未成年の方は退席ください


さて、心理学に善悪も正義もクソもそんな言葉は無いんだが、
(看板に「いい悪い論・道徳的反射NG」と書いてるとおり)
心理学的に観測される「個人的善悪論」ってのは成立する、

■わかりやすくする意味で『共同幻想』専門用語となる”道徳”から説明しよう
(この場合「ニンゲン如きに徳などわからぬおこがましい」という仏教哲学は例外とします、またアフリカの文化的背景は全く知見無いのでワカラナイ)
確かに西欧・中東・ユーラシア・インド太平洋の宗教系『共同幻想』も、
「市井の庶民は知らないだろう、神はこう言った、この徳の道(道徳)を言えば間違いない(宗派によっては”救われるだろう”)」←な感じで演説上手が(ギリシャ哲学ならソフォストだわな)→説いて回って、それが同時に布教活動でもあるという構造(日本は「お前ら空気読め」世間様教)。

この宗教系”道徳の設定上”「それ以前はどういう話になっているのか」の典型が、
聖書で言えば『ソドムとゴモラ』
●この逸話詳しくご存じない方いるかもなので「どんなんなってたの」紹介すると、
(いきなり最初のここは今初めて知ったわミュジーカル『ヘアー』劇中歌の出だしの語源ここかっ)
ソドミー(まAF転じてモーホー)のこと、
確かね、神の使者かなんかが人間の様子を見にきてみたら、
この天使が美形で、「俺にケツの穴をやらせろー!!」と村の男どもが殺到し、
こまった(ソドムでいんだっかな)「やるならウチの娘を廻しなさい」とかとんでもな状況になり、
なんとか生き絶え絶え逃げ出した神の使者がそれを報告、
神は「はい、死刑、ソドムとゴモラの街を焼き払え」と言ったって話、

●うんとねインド宗教の(ペルシャ流れのゾロアスター教の影響強いバラモンあって後にヒンズーや仏教とかだったかね)原型とも言うべき神話叙事詩の「ナントカ”ヴェーダ”シリーズ」(リグヴェーダだかラーマヤーナみたいな名前)これもさ、「ケツの穴に入れちゃダメ」とか書いてあんのさ(オマイラ性交というものはだなと)、
暗に未開民族原始人類もう滅茶苦茶みたいな(笑

<<<で、「これ注意しないとダメだわ」ってのが宗教系『道徳』の始まりです>>>

イスラム教の「手を洗いなさいとか(衛生)、不浄の手とか(ケツ拭いた手で食べちゃダメ)、豚肉食うな(お前ら生焼けで食ったらばい菌あんだからもう食べるな)」この辺の協議もほとんど基礎的公衆衛生の普及のことなんだわ。
暗に、そんぐらい当時の庶民がダメダメで(なんつったって全員幼稚園すら行ってないんだから)
「これ注意しないとダメだわ」ってのがムハンマド君決起の動機、
「コーランを誰かが説いちゃダメ(偶像崇拝もダメ)、皆が読めるように」←皆が読み書きできるようになる学校を作りなさいの意。

こういう状態だったのでー
「とにかく(当時のインテリが神学や宗教家だから:大学の原型)、俺達インテリ(宗教家)の言う事聞きなさいってば」から始まってるので、
■”権威が言うことを鵜呑みに「ありがたい道徳の教え」”と恭順するのが、
『共同幻想』の始まりなワケ
だから、言語としての”道徳”ってのは『共同幻想』の専門用語なのさ、
(極端に言えば『共同幻想』ってのは”その社会の権威者が説く道徳そのもの”だとも言える)
日本の世間様教的には「みんんがそう言ってるから絶体正しい(道徳的に正しいの意)」


■誰でもわかると思うけど(ルターの宗教改革《聖書の出版:その当時なら広辞苑みたいなもの》→からのフランス革命じゃないけど)王侯貴族や宗教権威の知識が→「学校制度」として庶民に周知された段階で、基本的な『共同幻想』は役目を終えてます。
(『共同幻想』第一次”世俗化”崩壊)
<これいうとムスリムな人にすげー叱られると思うけど、、、「ムハン〇ドさんもう大丈夫、俺達みんな豚肉の調理法ぐらい知ってるからさ」>

そーれーがー「ローカル『共同幻想』みたいに」
連綿と地域にマジ権威者が君臨しているだとか、先祖信仰の流れで”昔の先祖が守ったことだから”だとか(冠婚葬祭儀礼の文化慣習なんてのもそうだよね)、ノスタルジックな郷土愛などなど、、、
■つまり”何らかの権威性が守らていると”?→「権威者の号令であたかも道徳のように概念が構成員に共有されると→それは『共同幻想』なの」←あんだかんだ『共同幻想』は残る(或いは末端に時限性『共同幻想』セルが派生する)。
(そらどこの世界でも、偉い人いると「こうだろお前、こうすんだよ、あれもってこい」とかなるでしょ)
 ↓
これもお叱り覚悟で言えば
典型例が「任侠ヤクザ」(この引用にはほんと他意は無い、構造がシンプルでわかりやすいから)
でさ、ニーチェの名著『善悪の彼岸』って、
そんなの全部ダメだろ(オマエラ原始人か?)「まず全否定ジャー!」って話



■で、どうすれば?ってどうもこうもさ、
素朴なものでも学問ある人なら、
「プリンは大好きだけど、今食べ過ぎたら晩御飯食べられなくなっちゃう」←【教わらなくてもわかるだろ】(流石に鞭で叩かれないとワカラナイって、、、、普通起きる?)
宗教家の「”あ”にやってんの」の始まりからして、性教育や公衆衛生であって、
義務教育として中等教育まであれば(原始の宗教家も)
「あ〜、もう道徳必要ないわ(みなさんよくご存じで)」となるだろってことで、
何もニーチェ先生みたいに大上段に構えなくてもいい(この時ニーチェ先生はさ中世以来の欧州教会権力みたいなんと戦っていたのでそういう構図になんのだと想像する)
 ↓
「義務教育の知見は流石に皆わかっただろうから、後は矛盾ないよう合理的に」
《これも『共同幻想』用語だけど、「常識的にわかるよね」の意=常識(宗教の先生に言われなくても村の全員どこの穴に入れればいいか知ってます”常識です”)、道徳(崩壊)から常識(再構築)へ》

言語としては『共同幻想』的に(サイドブレーキ引いとけに善悪も被らないので)
善悪が絡んでくる上位概念が「道徳」って用語として残ったのかもしんない



●ただし論理がバッティングすることも起きた
厳格なカソリックとなれば(ソドムとゴモラがあるからさ)「快感目的の性行為を神は禁じてます、これは道徳です」が転じて→夫婦間でも避妊の禁止
これに対してリベラル派は「いやいやイエスが生きてた時代にはゴムもピルもなかったろーガー!自分ら聞いてきたんかワレ(ヴァチカンの法王庁科学アカデミー出てこい!)」
 ↑
こういう道徳倫理上の道徳的対立というコントみたいなことになるのね、
米大統領選における(日本で言えば憲法9条や靖国参拝に相当)人工中絶の是非論なんてのもその流れにある。

さて、そんな流れから現代に至るんだが、

『共同幻想』(道徳)が「だよね?そうだよね?」になる事情もよくわかったでしょ
(当初全く知らず)人から聞いた話しを鵜呑みにしたもので、正直自分でも詳しいことはよくわかっていないため(応用が効かない)、事あるごとに「あれ?これでいんだよね、そうだよね?」が口癖のように出てしまうという、こういうことです。
小集団を牽引する権威者を例外に、構成員は常に知人・友人の承認を必要とする。
 ↓↑
これに対し『単独者』などの”美意識”は全部自分で考えたものなので「俺はこうする」という決断において誰の承認も必要としない(人がどう思おうと知ったことでは無い:何故って俺の決断に何ら関係が無いから→認識として個人が善悪イメージを持っているのは事実だが概念が共有されないので《権威への承認を求めないので》非公式俗説《俺はこう思う》で完結する)。

<つづく>



●”いろいろありまして”「記事リクエスト」規約をちょっと見直しました
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安【ドトールコーヒーのメニューにありそうな金額から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 18:04 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0