2021年08月19日

リクエスト関連(名塩さん「過去はとっくの昔に変わってるけど?」)

名塩さん
>まず最初に過去を変えられない無念さを抱えていらっしゃるようなので菜の花さんのリクエストに答えてあげてください。菜の花さんの回答で疑問なのですが、昔よりはお一人様は増えつつあるけど今でも友人やカップルや仲間で騒いでる人が多数派ですよ?私のようなぼっち(それも好んでぼっちになってるわけじゃない)の方が少数ですよ。同級生でも近所や職場でも結婚してないのは私だけで同級生やご近所さんや職場の人から『いつ結婚するの?彼氏は?』などと嫌味言われるくらいですから(笑)

文章を(脳内編集せずに)そのまま読んでます?
どこをどう読んでもそうならない筈なんだが。

■まず過去はとっくの昔に変わってます、
1)以前の過去は、適応強迫系の悩みがあり現在進行形だった
(現在に連なる、継続中の過去)

2)菜の花さんの現在は「謎のコミュニケーション・トレーナーだからなんだか知らないけど」アドバイスだか勉強により、強迫系の悩みをごり押しで達成してしまうという形で外形的には解決した。
(難しいこと言わなければ、よかったよかった)
(適応強迫の過去は、現在に”連ならない・切り離された”『単なる過去』です)

上記1、と2の違いがまさかわからないってことはあり得ないと思いますが、
念のため補足すると、
(高校野球も開催中なので野球にたとえましょうか)
1)”昔から”変化球が打てない悩みがあり、現在進行形である

2)変化球打ちの名人と呼ばれるコーチに学び「変化球を克服した」
 ↑
上記の1と2が同じだとかすっとんきょうな事言う人いませんよね?


●ではむりくり「過去の屈辱ガー」が起きるとしたらどうなってんのって事ですが、
既に変化球のタイミングが取れるようになっている今(今や得意な球種だ)、
打席に立つ度に「昔変化球打てなかったことガー!!」と涙する、
 ↑
こんな変な奴いますか?

ギリギリあり得るのは、
「(今や得意な球種なので)あーーの県大会の2アウト満塁、もう一度やり直したい(あの時カーブで三振したこと忘れられない)」
 ↑
ほらね、ニュアンス違うでしょ
むしろ「もう一度あの時から是非やり直したい」ってことなので(意欲的)、
悩みじゃないだろ。←てかこういうネタで「どうしたらいいでしょうか」って質問する人いる?
(アインシュタインの相対性理論に詳しい物理学の教授に聞いてるなら別の意味になるかもだが、、)


<しかし、「取り返しのつかない過去が」である場合はどうなる?>
■駐車場から車を出そうとして、幼い子供を殺してしまった場合
 ↑
取り返しがつかない=解決しない=現在進行形である(過去にできない)

話をもどうそうか?
上記のようなことに菜の花さんの心理が陥っているとするなら?
「おかしいと思わないかね?」
【現在進行形である(過去にできない)】

設問中に出てきた、以下がさ→「解決したってホントなの?」ってことになるじゃんよ、
「謎のコミュニケーション・トレーナーだからなんだか知らないけど」アドバイスだか勉強により、強迫系の悩みをごり押しで達成してしまうという形で外形的には解決した。
(私は、菜の花さんが自分で解決したって言ってるのを、嘘では無いと尊重しただけです←仮に嘘がないのであれば、名塩さんは菜の花さんから「余計なお世話だ」って言われることになるんだが。
 ↑
仮に設問が「”解決した筈”なのに、今でもフラッシュバックするのは何故でしょうか?」
そういうことなら(心理学的命題が提示されているから)答えることができる。

(そういうことならば)
■「適応強迫」は適応強迫なんで、
『共同幻想』適応の人生をやたら持ち上げてみたり、それに無理やり適応しようとすること自体が間違いで(それでは根本的な解決にならない)
「謎のコミュニケーション・トレーナーだからなんだか知らないけど」←これがバッドチョイスだったって事
根本的な解決とは”ほど遠い”アプローチをしたに過ぎず、
表面的に「社会適応しました」みたいな形を演じても何も解決しない
「それは間違いでしたね」って話です
(だから、あたかも現在進行形のように引きずるんですよ)


>友人やカップルや仲間で騒いでる人が多数派ですよ?
 ↑
違うよ(何なら内閣府関係の統計出そうか?:他にも世論調査統計他沢山エビデンスあるけど)
「ガチの少数派です」
(んなもの現在でもそれらしいもの探せばド田舎のDQN《崩れ》ぐらいのものです)←「強迫心理」のネタ元って(子供時代に構成されるため)現実認知の時制が時代遅れなんだってば、まさか名塩さんは昭和一桁生まれってことじゃないよね?

>『いつ結婚するの?彼氏は?』などと嫌味言われるくらいですから
何時の時代の昭和ですかww
現代社会の都会で今これやったらガチセクハラです
(労基に訴えられたら大変なことになる)

それから【知人の話】を引用しての反論は、この事務所の規定違反だからな、
(ブログ見出しの注意事項を読んでよ、、)


<<<は〜、ため息つきつつ(どうせ嘘だとか言うだろうから)>>>
エビデンス挙げとくよ、
【文化人類学的参考指針】としては、以下統計DATAに登場する確信犯的な人(非適応個性派)何かにつけて30%前後の数字になるが、これは「新卒入社3年以内に3割退社」の厚労省統計とも概ね一致しており(投票行動における「無党派層」の4割越えが実数だと思う)、
現代では間違いなく比較多数と思われる、
同時に以下エビデンスをみればわかるように、若い人ほど顕著であり(だから進行しているワケで)
現代20代以下(ほとんどTVを見ない50%越え)世代の時代になれば、確実に過半数すら超えると推測できる。


↓ほらよ、
20〜30代未婚男女の6割が、恋愛は苦手?
だけど「恋愛の延長に結婚があると思う」50.9%(結婚相談所のレポートです)
https://www.p-a.jp/research/report_123.html
<一部引用>
国立社会保障・人口問題研究所が実施した第15回出生動向基本調査によると、2010〜2014年における恋愛結婚の比率は全体の87.7%を占めています。パートナーエージェントが先日行った「結婚観」に関するアンケート(https://www.p-a.jp/research/report_122.html)でも、20〜50代男女の85.3%が「恋愛結婚」を“アリ”と答えているように、現在の日本では多くの人が恋愛から関係を始めて結婚へと進んでいきます。
けれど、「結婚したい」と思っている未婚男女の中には、恋愛に対して苦手意識があり、悩んでいる人もいるかもしれません。結婚適齢期と言われる20〜30代の独身男女に「恋愛が得意かどうか」聞いてみました。

未婚男女の62.4%が、恋愛が「得意でない」と回答
「得意」と考える人(12.9%)の約5倍に

まず、自分は「恋愛が得意かどうか」を答えてもらいました。
「恋愛は得意な方だ」と答えた人は12.9%でした。さらに「自分は恋愛リア充だと思う」と答えた人は17.4%でした。自分で「恋愛が得意」「恋愛リア充」と思っている人はそれほど多くないようです。

それでは「恋愛が得意」な人とは、どんな人なのでしょうか。当てはまると思う項目を答えてもらいました。
「相手の気持ちを察することができる」人が42.3%でトップでした。また、恋愛が得意な人というと、たくさんのお相手とたくさんの恋愛を楽しんでいる人というイメージがありますが、実際には「1人の人と長く交際している」(34.7%)人の方が、「たくさんの人と交際してる」(20.9%)人より恋愛が得意と見られていることが分かりました。

 ↑
注<<<ハイ、社交的な人格タイプへの否定的認識>>>

交際経験についてはどうでしょうか。「恋愛は得意な方だ」と答えた人で交際経験が「6人以上」は31.7%でした。また、「恋愛は得意でない」と答えた人の35.1%が「交際経験なし」でした。
交際経験については、自分で「恋愛は得意」と思っている人の方がずっと多いようです。

 ↑
注<<<圧倒的多数の恋愛不得意階層の最多35.1%が「交際経験なし」>>>



<古すぎて元記事リンク切れのものは以下>
以下のエビデンスは(リンク切れてるぐらいなので)2012年やそれより古いので、現在は同傾向が更に拡大していることになる

■イマドキ中高生の恋愛事情
https://news.livedoor.com/article/detail/9679749/
<(要約だけ残っているのに)以下引用>
イマドキの高校生および大学生の恋愛事情について、調査結果を発表している
高校生では9割、大学生では7割が恋人なしという結果となった
交際中の8割が同い年カップルで「好きな人がいる・いない」の割合は半々に


http://www.consadole.net/hokkaibi/article/130
(上記は以下記事を引用保存している民間ブログのリンクです)
■厚生労働省が発表した最新の「人口動態統計」によると(元記事は既に削除)
<一部引用>
このままいくと、
 「30代後半男性の4人に1人」「20代後半男性の3人に1人」が、
 一生独身でいることが予測される。

■内閣府調査:「子供必要ない」42% 20〜30代6割に(元記事は削除)

■生涯未婚の男性、2割を突破…30年で8倍(元記事は削除)
<一部引用>
50歳時点で一度も結婚したことがない人の割合である生涯未婚率(2010年時点)は、男性20・1%、女性10・6%と、初めて男性が2割台、女性が1割台に達したことが30日、わかった。
政府が6月初めに閣議決定する2012年版「子ども・子育て白書」に盛り込まれる。
1980年時の生涯未婚率は、男性2・6%、女性4・5%で、今回は30年前より男性が約8倍、女性が2倍以上に増えた計算。男女共に90年頃から生涯未婚率が急上昇している。
年代別の未婚率を見ると、25〜29歳では、男性71・8%、女性60・3%だった。30〜34歳は男性47・3%、女性34・5%。35〜39歳は男性35・6%、女性23・1%。
(2012年5月1日 読売新聞)



以上、



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 15:38 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0