2021年06月25日

心理学はその現象を”どういうことなのか”説明するもので

心理学が分析している仕組みなり関係性は、
文明の進歩なり情報化なり社会の変動要因を背景に起きる個人(ミクロ)・社会(マクロ)などの間で(調整局面として)起きている摩擦を(或いは不均衡=均衡点まで移動中)現象として分析してる学問で、現状日本の大学などで人文系なのは言うほど間違いでは無いと思う。
個人=ミクロ、社会=マクロ、そのまんま経済学みたいなものです。
【極論ですが】それなりに均衡(安定)して回っている間は”誰も心理学に用が無い”

法人でも個人でも利害の対立がありますから(インセンティブに煽られている側面もあるんだが:有効需要論)安全保障のようにせめぎ合い均衡点で落ち着くなり荒れるなりする状況を観察し、その原理を分析しているって学問です(史学にも近いかも→もぎせか的に言えば史学を経済学みたいにやると地政学になるのかな)。

個人が心理学なりでゴリゴリやっている状況は、
時代との摩擦のようなもので(単純に時代は遅れてやってきますから→社会の変動はそこからさらに遅れる)「自我構造と社会構造の関係と変遷の歴史」なのかも知れない。
(社会学もマクロ心理学みたいなもんでしょ)
●大きな変化や伴う摩擦がある時(求めに応じるように)心理学の出番になる


<<<それこそ心理学の勃興を”どういうことか”と言えばさ>>>

■欧州にフロイト(1856年〜1939年)が登場した背景は、
産業革命による文明・社会の大変革であり、
WW1(1914年〜1918年)当初「戦争後遺症」「塹壕恐怖症」などと呼ばれた世界大戦を契機とするPTSDの発見など、
 ↓
個人自我構造の建付けと、社会構造の変化の間に「タイムラグによる大きな摩擦が各所に発生したから」と考えることができる。

●心理学のよくある話で「パラオの幸福論」「江戸時代の平和」じゃないけれども
文明なりの進歩が無く、社会構造変化の必要性も無く、
個人の自我構造との関係性も摩擦を発生させない状況では「自身のメンタルに問題意識を持つ状況(略して”メンタル問題”)」はほぼ発生しない。←心理学なんて考える人も登場しません(だって考える命題が無いのだから)。
 ↑
心理学は(片方が時代遅れになるなどで)組み合わせのギャップをさ、
「いやいやここがこうだから(そして今度こうなって均衡するだろう)」と説明するもので、
※「強迫心理」特有の現象に(発生時期が子供時代なので)あたかも時制のギャップ(世代間ギャップ)に近い特徴があるのも確か。
その時に背景となる社会はどういう状況で、どのような変遷にあるのかって事を抜きに語れない。
(時代背景の理解が無ければ、「強迫心理」生成時の根拠も読めないじゃん)

■なものだから、メンタル問題への対処の場面で目立つ心理学だけど、
心理学が先駆けとなっているものは→「その後社会現象として取り込まれていく課題」でもあるので、現状何も問題意識が無い人にも及ぶ話なのさ。
臨床が得意の造語で、名前を付けるような症例の分類があるってことは(個別現象というより)社会現象が個人に及び、症状と言う形で発現しているって話なので、現在取り立てて悩みの無い人に無関係ってことでは無い(安定期じゃなければ社会構造は動き続けるんだし)。

なワケで、変化に加速度ついてる先進国においては、登場場面も頻繁になってると思う。
だいたいがさ、昭和に「心療内科」なんて言葉をあんまし聞かなかったもの。
(いかんせん、フロイト心理学はその理解の条件が「自我の存立に依存関係の無い『単独者』であること」なので、《現状『単独者』の数は限られるから》臨床心理系に見られるような「歩留まり心理学」が、横行する形で観測されることとなるんだけど。←故に、下手打つと足引っ張る場合も出てくるが、この点も”心理学的にやむを得ない”んだよね《構造論的にそうならざるを得ないんだから》、困っちゃうんだけどさ。)


<<<つまるとこ>>>
今、メンタル問題抱えている人に対する心理学的分析は、
(どうだろ20年〜50年ってスパンで)心理学的見解に沿う方向で社会も変化していきますから、
【ド・直球の極論】で言えば、遅くても50年耐え続けると(心理学と接点無くても)、
社会の変化として類すること(心理分析に出てくるような話)を知ることになる。

(それが「個人の「強迫心理」ネタバレに及ぶのか?」については別論議だけど)
(※重要なことだけど、「強迫心理」の防衛は主として自分に関することに発動するため、社会現象として起きることには《自分としても第三者的になるので》防衛反応も”それほどでもない”からね。)

だーから心理学をオカルトみたいに面白がられると迷惑なんだわ、
(特にユング、、お前だ、お前、、「だってわからないものをオカルトで説明しちゃったら、科学の進歩が止まるじゃんよ」←これはシャーマニズムだものさ、、)

また勘違いしないで欲しいんだが、心理学は社会の先に起きることを【予想しているのでは無い】からね、単純に需要と供給の市場バランスみたいに(変動中ってことは均衡点に達していないのだから)「まずこの辺まではいくだろう」って見たままを分析しているだけで、どういう基準の何のグラフを見ればいいのかってのをフロイトが発見したって学問(で、それはある程度既に歴史にプルーフされており)。
後の研究とかってのは(既に理論は完成しているのだから)動向部分を見ての分析になる。
行為としては経済アナリストと「全く同じ」だよ(だから若干山師的なところはアル)。
(しかしインフレや金利の変動を、曼荼羅がだとかさ、集合無意識がとかで説明せんだろ?wだからといってオカルトはいかんよ、、いくらなんでも次元が違い過ぎる。)
そして基本はフロイトに始まりフロイトに終わっているので、以来随分経つけど心理学の世界に根本的な新理論とかはまず無いな。


●それからフロイト心理学を最大に有効活用したのが誰って
経済学者のジョン・メイナード・ケインズ(1883年〜1946年)←ダントツでしょ、
ご存じケインズ経済学(マクロ経済学)の創始者だ、
彼無しにOECDの先進国化テイクオフなどあり得なかっただろう。
(この人、ひょっとするとフロイト心理学的なマルクスのド・勘違いにも気が付いていたかも)
 ↑
本来フロイト心理学は個人自我のミクロ分析じゃん
だけど、もっともそれが平場で大活用されたのは「マクロ分析」なのよさ、
だから、岸田教諭がフロイト心理学から(そのマクロ分析として)吉本の概念を援用した『共同幻想』論を展開するのは必須の流れでさ(キャッボールみたいなものだな)、
『共同幻想』論があって初めて(それに先んじて《宗教と個人みたいな着想から》文化人類学や哲学・社会学的発想を個人時心理学の”説明手法”として使い)「社会と個人」という統合的な説明が可能になっているのであり、
 ↓
ここで展開してる『単独者』論なんてのも実存主義哲学からの”援用”で、説明の方便です。
岸田教授も「フロイト心理学をどうやって日本人に説明したらいいのか?」ってテーマの中で『共同幻想』論を使う形になったんでさ(「『共同幻想』出てくるんなら『単独者』論に及ぶよね」って)、

(※俺は文系だからよくわからないけど、アインシュタインの相対論からいろんな派生があっあたり、逆にその統合論が展開されたりするじゃん、それと同じ。→各説あってもフロイト心理学にはかわりないの←しかし、ブラックホールやダークマターの解釈に”オカルト”持ってきたらダメだろ?ww)

(※あんまし言いたかないけど、《それを全否定する》卒論のテーマだった”マズロー《1908年〜1970年勿論彼もユダヤ人》”だって《彼の自己実現論なんざある種『共同幻想』階層の動向を市場的に予測するものでしょ》、あの時代には十分有益だったのだろうと思う。うーん1960年代までは、、→「黄金の50年代アメリカンドリーム向け社会心理学」だったんじゃネーかな、)

■それから保守思想家などがフロイト批判とかするんだけど、
「それで正しいの」(だって理解したら彼の『共同幻想』適応自我部分が壊れるじゃん)

故に、フロイト心理学を何か社会運動みたいなものの権威付けに使うのも間違い。
(フロイト先生もそんなことは望んでいないでしょ)
自身のメンタルに対する問題意識とかさ、もっぱら”何かわからない事情”がある時に登場するもので、興味の無い人は知るべきじゃないとまで言わないが(パラオでフロイト心理学の講義して何か意味があるか?→信じている幸福のイメージ壊れて泣き出す子供とか出てきたらどうすんだいww)、
社会的事案に何か言うってのも、(どうしてもここがわからないとかさ)論議になる命題がある場合の話だから。

ま、言えば黒子だよね



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:27 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0