2021年06月21日

第4ラウンド(Make America Great Again)「中国高官亡命の噂」

今保守界隈で流れている噂(と言うかFOXでタッカー・カールソンがニュース報道してるから)
最近の米国左翼メディアが唐突に「ウイルス武漢研究所漏洩説」に舵を切り始め、
米大統領不正選挙の操作が「トランプ有利か?」に展開中の”その背景”とも言われてます。
(中国共産党スパイと認定されたら大変と協力者が次から次と手の平を返し始めたとも)

まだま詳細は裏も取れていない情報で(カールソンもどこから手に入れたのか)
ちなみにカールソンは1月6日のホワイトハウス暴徒突入FBI黒幕説も展開中で(ソースはRevolver newsとあるがどういうメディアだかわからない:尚この件は先日バイデンと会談後にプーチンが記者への返答で触れている《ロシア情報局も何か掴んでるのかブラフなのか》)、
議会が非公開となっている10時間に及ぶ動画出せと情報請求するに至ってる。
とかなんとかで、中国高官亡命事件の【ほぼ確定】と言われているのは以下
 ↓
過去最高位となる中国共産党亡命者がいるらしい、
国防情報部(DIA)に保護を求め(CIAとFBIには中国のスパイがいるため安全では無い)
現在匿われている
持ち出した情報は1TBに及び、「武漢研究所漏洩関連」「コロナウイルスの兵器としての研究背景」「米国の中国人スパイリスト」「米国の(本人は気がついていない)協力者」「ハンター・バイデンのHDDコピー」←だいたいこれらのものが提供され、現在米国国防情報局が精査しているという話。
(DIAは、トランプ派のフリン将軍がいたとこじゃないかな)


エポックタイムズ・ジャパン(法輪功系の反中国共産党華人メディア)の元コメンテーターで、
帰化されていて、現在東北大学助教の「張陽さんの動画です」
張陽さんの話は、裏の取れてないアングラ情報も含まれるので、そこわかった上で視聴ください。
身分確定?【第202回】(張陽チャンネル)
https://youtu.be/VajMgGxIABA


「願わくば、中国共産党の日本人スパイのリストも存在することを祈ろう」
(特にメディアと政治家、左翼活動家に経済界)

しかし現在のバイデン政権は司法省も「もう完全にあっち側」であり、
DIAがこの情報を元に動けるのは、議会が舞台になると思う。
(それも動きやすいのはトランプ復権の足掛かりともなる中間選挙以降だろう)
暫くの間は、なんとも煮え切らない状態が継続するのではないかと思う。



posted by kagewari at 02:23 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0