2021年06月01日

『共同幻想』とは”噂のようなもの”である

「何故だろう、不思議と他の人にも伝えたくなる」それが噂です、
暗号の文法はこちら
 ↓
「実は、”何々はホニャララ” らしい」←人はこの文法の伝聞を聞いた瞬間から他の人に話したくなる(現代SNSの世界では”共有・拡散”って呼ばれるアレです)
即席『共同幻想』構築の基本のキであり、
『共同幻想』基本機能に含まれる”イジメ”などでも同じ文法が用いられますね

それだけでなく”広告・プロパガンダ”もこれに類似した文法を使います
「今、”Kポップなんとかの〇〇〇が大人気” らしい」←ハイ、ぼんやりしてるとひっかかりますw
脳内セキュリティーソフトのキーワード警告により「K」と聞いた瞬間「ご勘弁を」を嫌煙感出る設定ある人は速攻全否定できますが(決め台詞は「バカらしい」)、
人間誰しも、普段は「副交感神経オートモード」で『自意識』寝てますから、
うっかりすると「へーそうなんだ」と言ってしまいます、
●不思議なもので、一度口にしたこの台詞に自我は拘束されます。
 ↑
(※ちょっと話それますが、だから会社・学校の朝礼やマヌケな研修会とかでは「さあみなさんご唱和ください」じゃないけど、声を合わせて同じ文章読み上げたりするんです。←餅の論仏教も修行で同手法を用いる) 


<<そこで、ちょっと面白いネタなので、>>
前述の「一度口にした台詞に自我が拘束される」話を展開してみようと思います。
(同時にこれが冒頭の、「聞いた瞬間から人に話したくなる」原理を説明してくれます)

ひょっとすると”無意識的な”
 ”副交感神経オートモードの時だから”、拘束されてしまうんじゃね?
ええ、勿論”無意識的に”(実は、いつ何時でも『自意識』に否定可能な状態である)
●だから、「バカか俺」言う程度でストップかけられる(それほどに根拠希薄で”無意識的に”「あーなんか、うーん」みたいな調子で言ってるだけだから)。
 ↓
ここで”噂やイジメ”の論理に戻るけど
 『自意識』立ち上げてまで考えるのがめんどくさい(或いは関心度が低い)ことは、
(バカらしいデマでも)既成事実化する

仮にこの手法で、日常の大半を占める”副交感神経オートモード”でウロウロしてる人類は、「あーなんか、うーん」みたいな調子でこの既成事実を共有・拡散し(そして関心度の低い対人関係における有効な”最初に話すこと”《ニュース・トピック》となる)、
その意見が周囲の出先社会の過半数を超えた時、
(”みんなが言ってる”錯覚=関心度の低い対人関係が大半であり且つ、関心の低いことなので誰も真偽を確かめない)
 それは権威お墨付きの『共同幻想』となり、
この段階で「変更してはいけない確定的事実となる」
この確定的事実となって以降、このネタを聞いた人は(適応者である場合)
「確実に根拠のある本当の話だ」に転じるため、
●「本当の話」として2次拡散を始める
(こうなると「社会のバカか俺役」であるジャーナリズムが批判記事をあげた程度では覆ることが無く、現代のように《ジャーナリズムが斜陽化し》営利優先となったメディアは「むしろそのネタに乗り」且つ”煽る”)


<<<オマケ>>>

「米国大統領選不正選挙(実はトランプの勝ち)が何故噂として広まらなかったのか?」
1)私が知っているぐらいなので、十分に保守系界隈では”噂”として広まっている
2)左翼工作は、SNSとメディアを抑え「噂の拡散」を止めた(トランプのアカウントBAN・保守系youtube動画削除など必死の言論弾圧による)
3)大統領選の不正は『共同幻想』化しなかった(抑え込まれた)
4)むしろ、左翼陣営が意図的に流した”トランプ陣営の言ってる話はデマ”工作は、実は過半数に達していなかったが、
 ↓
5)「噂が過半数になる時に動き出すSNSやメディアがこれに便乗する部分」を意図的に発生させることで、出来の悪いインチキ『共同幻想』としていちおう形になったので
→情弱層だけには浸透に成功
 ↑
理論的には(左翼は過半数を取っていないインチキ幻想なので)
ぶっちゃけ平場の「力技状態で拮抗してる」
保守系はあからさまな左翼工作を見せられ、無意識的では無く”確信”し(こちらも過半数では無いが同陣営では圧倒的多数により『共同幻想』化した)
●仮に左翼陣営も『共同幻想』化に成功していたら戦争になるんだが
(『共同幻想』VS『共同幻想』の構図による勢力争いは「戦争を引き起こす」)

あからさまな嘘だったため、
左翼陣営は工作の主力だったSNS・メディアは(コロナウイルスのネタから)ほころび始めている。
(やるなら左翼陣営は少なくとも左翼陣営内だけでも過半数まで押し上げ、『共同幻想』化に成功しなければならなかった)
「そりゃ、民主党支持者の間でも2割3割が最初から選挙に不正があったと認識」してたので、
この作戦自体が筋悪だったのは間違いない。

左翼陣営の不正工作で唯一成功したのは、
保守系をトランプ派として一致結束させてしまったことだ。
(※あまり大きく報道されていないが、『共和党』内のトランプ懐疑派《マコーネル》や、反トランプ《リズ・チェイニー:ブッシュ派》の力を低下させ、リズ・チェイニーに至っては共和党会議議長を解任された) ↑
ここ非常に大きな意味を持っており、
トランプ第一次政権は彼が『共和党』主流派では無いため政権発足から苦労し、主流派の助けを借りる形で自由に動けなくなった背景がある。
この主流派の存在そのものをパージしかけてるのだから(仮にトランプ後になっても)保守系の足腰はトランプ政権時代より強化される結果となった。


※念押しておきますが、現代政治状況において左翼とは既に崩壊している『共同幻想』政治思想をベースにしている時点で存在そのものが陰謀組織のようなもので(それを指摘されたくないため環境問題や人権運動などを自称したりする)、ソ連崩壊の時に既に終わってなければおかしい存在。
(宗教で言えば、『共同幻想』としての組織構成は終わりましたが、個別信者は残っているでしょ?それは信教の自由なので自然な事です。左翼陣営なる組織体が残っていることがオカシイのであり《現代でも十字軍のテンプル騎士団残っていたら大変でしょ?》、個別にマル経信者が残るのはおかしなことではありません。)

また、上記説明に登場する『共同幻想』は伝播される概念の形式のことで(いわば”常識化”のような意味)、『共同幻想』社会や『共同幻想』思想のような組織構成の事ではありません。
「歩留まり」人格であっても結婚すれば世帯は法人格取得のような意味で『共同幻想』社会の構築であり(この場合は組織構成が)、「歩留まり」故に概念としての結婚は夫婦間で『共同幻想』化”していません”(故に脆弱)、結果今後の結婚の形式は「事実婚の増加がほぼ確定しており」(この辺はフランスなどが先取りしている)、おかしな表現ですが組織構成が脆弱なのだから矛盾の無いように関係そのものを事実婚として緩く構成する方が「(実情を反映する)安定する」となります。

※2「伝播される概念の単体形式としての『共同幻想』」=代表的には「言語や、通貨など、」




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 16:26 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0