2021年05月10日

前記事<つづく>になってるけど本稿は”別角度”から

(様々な方向から話を詰めているんだが)

あえて、続ている部分としてはここ
 ↓
<<仮想普遍的『共同幻想』(崩壊限界)である「言語や通貨」で考えれば>>
『共同幻想』というものが、得意の依存受動系『被る(こうむる)』では無く、
「主体的な信用構造」になってくる点です←不安定では無い構造だと左記になる
(そこに幻想性を吹かすと「信用創造」)

確かに「”同じこと”にする」原理も”それこそ同じ”
「あなたの千円も、私の千円も同じ千円」だからね。
「私と言えば一人称私のことであり、あなたも”私”と言えば”同じ一人称私”」だから、
 ↑
そこに仮想上でも普遍的合理性がある場合、”盛る必要が無い”よね、
インセンティブ吹かす必要もありません。
”皆”がおおよそ主体的にそれを信じる概念ですから。
(圧力受けることも無く)
「日本語でいいですか、支払いは円ですか、」←確認しないよね(笑
(「だよね、そうだよね」って承認の必要も無い)

●つまりさ
「だよね、そうだよね」ってのが成立する同調圧力的な概念は、
殊更”幻想的なものだ”って事でしょ(仮想でも普遍から離れるほど、幻想度が高まる)
同調圧力が必要なほど(未確定不安定な)曖昧なネタである
(だいたいが楽しいや幸福感は通貨みたいに定義できない)
 ↑
幻で実態が無いから、誰にも「それでいいのかわからない」んだよ
その都度「これでいい?だよね、そうだよね」と、確認しないとさ、
曖昧過ぎて(実は誰にもわかっておらず)その場のノリで前後もしちゃっている。
”ネタそのものが不安定”なワケだ、
 ↓
「カラオケ、、」(激しく飛び交う横目視線)
「カラオケでいいよね」(若干の緊張感)
「だよね、やっぱカラオケだね」「だよね〜」(どっと広がる安心感)
 ↑↑↑↑
ここで起きてる幻想は、なんだこれ?

●ちょっと補足すると「実は誰にもわかっておらず(こうと決まっていない)」故に、
不良グループや、パワハラ体質のブラック企業や、暴力的家父長のいる”家幻想”などでは、
「トンデモな横暴でも『共同幻想』を構成できてしまう」
 ↓
「今日飲み会だから、全員集合」(えーっ、、)
「場所はいつもの」
「予約とか、、」
「そういうの許せないから」(速攻電話、、少し後方へ移動、かすかに怒号聞こえる)
「デモぉ〇〇さん、深夜0時っス、ヤバくないですか」
「どこが?」
「オイーーッす、飲み会やりたいっす、だよな」
ーーーっス「楽しみなってきましたね、今日は飲むぞー」
「会計はツケ、後から〇〇に払わせろ」
「了解っス」(速攻電話、裏から怒号がよく聞こえる)
「よし行くぞ、〇〇お前車出せ」
 ↑
ええ、誰が何言おうとこれは楽しいことで、
現場では(本当に)ハメを外した者どもが(無礼講”承認事項”につき)大宴会
誰が見ても”楽しいこと”が行われたのである。
(不安定なものが同調圧力で規制事実化された)


■「不安」ってのはさ、「定まっていない、曖昧、不安定」の”不安”なのか?
(「強迫局面」においては→”同じじゃないからアイディンティティーすら不安定”→『抑圧』が効いてるために主体性の回復というアイデアには至らず→《その根拠も曖昧なまま》必死に”同じにする”ことへ傾斜する)
 ↑
皮肉なことにターゲットが定まっていないが故に、
なんでもアリとまで言わないが(ちょっと”取り巻き”の知人が持っていれば「幸福の切り札」のように錯覚される)、主体的に向き不向き他「自分ならどうなのか(実際どうなの)」ってことを考えていない、てかそれを『自意識』が考えることは(強迫が効いて)抑圧され封じられている。
 ↑
こういう台詞を(親子の会話で)よく聞きませんか?
「何々がいるんだってば、無きゃダメなの!」
「本当にいるもの?あなたはアレだから何々あっても使い道が無いでしょ」
「違うの、いるんだってばーー、ナントカちゃんもみんな持ってるもん」
「それは目的と手段がさかさまって話だよ」
「もういい!お母さんは私なんか何々が無くて不幸でもいいと思ってるんだ!!」
「、、、へっ?、、、だから、あなたは何々を何に使うの?」
「知らないそんなこと」←【いや、知らないじゃネーだろww】


●<<心理学知見無い人は「強迫が効く」の意味わからないかもなのでちょっと解説>>
「強迫心理」とは、エディプス・コンプレックス関連など対象となる権威(代表例:親や恩人やチームの監督他)との関係に何らかの不都合(不安も当てはまります)があり、子供ながらに「きっとこうだからだ」などの”筋読み”したもので(勿論子供の考えなので不正確)、
(※よくある事例は「私がかわいくないから」だとか「私が悪い子だから」だとか「親が悪魔だだから」だとか「親が神だから」だとか「私が特別だから」などなど様々なパターンがある)
 ↓
逆に言えば、「強迫心理」を無視した瞬間、思い出すのもタブーだったりする事の発端である権威者との紛争や関係の記憶がフラッシュバックするため、ある意味それを「こういうことだから」といっちょあがりにまとめ《ひとまず過去に格納し》封印した概念が「強迫心理」です。
この結果、元ネタはフラッシュバックしないが、
「強迫心理」はエピソード記憶の原理で自我を『抑圧』し続ける
(既成概念を”決まったこと”として、以降、再解釈を含め主体的判断を禁じる)
 ↑
この構造に自覚的でない限り、当人は「反射的に「強迫心理」の番人としてその保守を優先」します。
(自我防衛として「強迫心理」に矛盾するような見解に対し、暴言を含む猛烈な反論が始まることも少なくありません《無限反論》←「自我防衛のための《強迫心理解体に対する》妨害」なんて呼ぶ場合もあります。←アンナ・フロイトがこの辺の論文書いてる筈)

(※『共同幻想』適応人格における「社会適応」の概念も「強迫心理」の一種です)


<つづく>



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 01:46 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0