2021年05月09日

(今後にシリーズで展開)「不安心理」のとっかかり試案

「鶏が先か卵が先か」って論議あるでしょ、
いや、物理学では時間の概念が無いので「それは同時に起きている」ともいえるけど(笑
実際【脳内では結果と因果関係の時系列が同時に存在してるだろうって推定が鍵】だと思う。

何の話って、
・「どうして(監禁拘束されているワケでも無く)欲求不満に至ることがあるのか?」
(どういう現象?って、取り立てて困ってないのに「友人ができません」とか)
・「解除(不満解消)インセンティブへの固着(執着)は何?」
(相手もいないのに漠然と『結婚願望』だけが忽然と発生する謎現象など、他『出世願望』)
 ↑
この辺のことなんだけど、
(『単独者』の暴論で言えば、いずれも「バカか俺」技で雲散霧消する話だが、、)


■『共同幻想』論だとシンプルに説明できるよね、
権力・権威のあるサイドが、宗教教義や道徳や法によって半ば強制的に「欲求不満」を醸成し、「心配ありませんよ、ほらここに酒池肉林、あなたのエンタメイベントを用意してます(従うもの《適応すするもの》は救われる)」、
更に経典の独占や意図的に教育水準を抑えるなど、「下手したらネタバレしちゃったり、自分の頭で考えだすこと」を制度的に抑圧してみたり。
 ↑
シンプル故に、産業革命以降の近代化や、古い『共同幻想』の世俗化など、
社会が「歩留まり」に至る過程(『共同幻想』崩壊過程)の説明も構造は簡単。
(社会学におけるテンニースのゲマインシャフトからゲゼルシャフトへの社会進化論とも符合する)


●急速に説明が難解になるのは「承認欲求」だよ、
思春期『反抗期』における、子供時代のネタバレ崩壊と自立(乃至、オンザレールなら《親では無く社会人に共有されてる》大人の論理《『共同幻想』》で上書き)、そこに何らかの不具合や不完全燃焼があったとしても(コンプレックスなどが原因で)、成人年齢になれば「酒・たばこ・投票・バクチ・性行動などなど」制度的に限定解除されるワケじゃん(『共同幻想』も崩壊するような先進国法治国家なら)、
故にさ、
成人年齢以降も(謎の家督権力で)親や周辺権力が(習い事の監督だとか)強制力伴って自由度を制限しているならわかりやすい(もう法律違反なんだけどさ)、
しかし?
一般に「承認欲求」ってのがさ、困ったことに「漠然と想定される社会に対して発現することが多い」だろ?→時に仕事だったり、時に会社だったり、時に友人関係だったり、恋愛関係などなど、
 ↑
おおよそ、対象の相手方には「これといった強制力が無い」ケースのが多い(恋愛なんかは例外かもだけど、とはいえ言うほどでは無いだろう)


■ここには「実態を伴わない不安の錯覚」が存在するとしか思えない。

「不安の錯覚って何?」ってさ、よくあるあれだよ→「あっガスの元栓閉め忘れたかも」「あっエアコン付けっぱなしで出てきちゃったかな」とかの奴さ、
 ↑
実はこれという根拠もなかったりする
(ふとそう思うと、これを止める有効な手段は無い:何故なら強い関心事項では無く、俺が”小脳化”などと呼んでる無意識オートマチックモードで作業してる領域だから=記憶が定かじゃないのさ)
 ↑
JRやエアラインでこれを防ぐ方法は簡単で(オートマチックに任せるな)
「指さし声出し確認」だよね
(俺はメンタル問題における指差し確認を「バカか俺」技だと思ってんだけど)


<話を巻き戻すけど>

「欲求を満たすため、何かをしようとしたとする」
「承認欲求」に囚われている自我の場合、「なになにしていいと思う?」のような着想を対象者に向けることになります(必ずしも声に出すとは限らないが)、場合によっては(相手が何も言ってないのに)「ダメだとか思ってるんでしょ!!」とか唐突に激怒することもある。
 ↑
「強迫心理」元ネタである『共同幻想』における承認モデルは?
「だよね、そうだよね?」←つか、同じ行為の確認(=共同構成員と同じ行為しかできない)

●そして「強迫心理」って何?(ネタバレしていない子供の『共同幻想』イメージのため)
「誰とも共有されない『共同幻想』」と言い換えることができる(岸田教授もかなり分量割いてこの点説明していたと思う)。
それは一般社会で共有されている社会人の『共同幻想』では無く、
どこぞの家の”家幻想”を、まだまだ物事を理解できない子供が「こうに違いない」と思い込んだもの(小学生に映画『砂の器』を見て理解しろというのが無理な話←この子供のヘンテコ感想イメージと”同じもの”を共有できる大人を一般社会で探すのだからまず《共有は》不可能)。

決して”同じ”にならないってことだよね?
(=その承認不安は構造的に解決しないことが予定されている「解決不能命題」)
いや、「承認欲求」と「依存心理」は一体のものか?
何故ってさ
「承認されること、それが《手段では無く》目的化しているなら、対象者に依存してることになる」
(そして自由に選べないんだよね「抽象概念としての”皆”と同じ行為」の定義があるんだから)
、、、どうもすっきりいかない、何か足りないんだと思う。

ひょっとして、あのNHKのTV番組のタイトルが鍵か?
「おかあさんと”いっしょ”」

確かに、
「子供ってさ、どっから考えても”そんなことして楽しいか?”な事象でも、興味を引くと(大人や兄弟がやってることを)”私もやりたい、〇子もやるもーん”とか言うよね(未経験なのだからこれは単純な”快感代謝”目的の欲では無い)、自ら選んだやろうと思ったことでは無く”誰かと同じこと”をだ」


<つづく>


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
タグ:不安心理
posted by kagewari at 03:18 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0