2021年04月26日

『広告』や『NEWS』ってコンテンツは瓦解していくのでしょう

<この話もちろん前回記事繋がりなので、前回記事も参照ください>

以前にも少し触れましたが(住まいの心理学だったかな)
リーチということで言えば、AIの機能上昇によりユーザに関連する商材をレコメンドの形で情報提供する機能が”難からかの形で実装されます”、この段階で広告宣伝業は意味を失いコンテンツとしてのCMは絶滅するだろうと。
半面、商材は直接ユーザに提案されるため、製造元HPなどへの(所謂一次情報)アクセスは高まりますから広告業の皆さんがwebデザインに特化していく可能性はありますが、
一次情報は(妙なアニメーションで動作が遅くなることは嫌煙されますから)シンプルなものでいいことになり、所謂”業界人”的な人材は必要とされません。
(ぶっちゃけ価格ドットコムのスペック情報などがより詳細になるならそっちでもOK)

上記の構造は「報道・ニュースでも同じです」
記者が集める一次情報を編集してコンテンツにしている訳ですが、
局の偏向や意味の分からないBGM、そして最悪の「詳しくはCMの後で」演出はおろか、
前述の商材レコメンドでわかるように、「興味のないジャンルのニュースは無価値」なのであり、
(たとえば”誰だか知らない芸能人の結婚がどうした”など時間の邪魔でしかない)
一次情報を繋ぐ”あなたの記者”みたいなAIが登場すれば、役所発表の一次情報、諸外国も同様にプレスリリース、文化など興味のある部門の事務所発表や関連動画、企業広報部などの資料他、株式など各種統計も個人的興味に合わせた複合グラフ化され提供など、
(政治や芸能なら関係する動画も出てくるでしょう)
「新聞社がケツ持ちのニュース報道など必要ありません」

社会的ヘッドライン的なものは「細々残る有料ニュースチャンネルのサービス」などが継続するでしょう(そんなんで十分でしょ)、あるいはビッグDATA的に(Twitterトレンド方式)「社会版」をAIにリクエストすれば十分です。
 ↑
簡単に言えば、ブラウザのグーグルニュースが「全て各ユーザ専用画面となる」

各企業からの広告費などの流れがどうなるのかはわかりませんが(多分広告費のようなものは消滅するかと)、消費者の購買に至るプロセスなどから逆算して「手数料のようなものがどこかに手当される」収益構造となる。
広告表示は無いが、何かの購買に影響力を発揮した動画には「なんか知らない間に報酬が発生する」ような仕組みです。



●もちろん実際にはそんな単純な話で推移するとも思えないので、
「それっぽいことが起きるだろう」的なイメージに過ぎませんが、
広告も報道も(大規模なものは)消滅していくだろうと、
TVについても”民法TV局”って業態が、その斜陽度の点で”パチ屋程度のもの”だと思います。

社会が『歩留まり』中心の日本では一切動揺も起きないと思いますが、
まだまだ『共同幻想』の残滓が残る欧米では”ソフトランディングできない”可能性もあります。
(殊更にそれを問題提起するものでは無いですが、「共有しやすい話題や流行幻想を確認するため」教会に通う人が増えるなどの保守現象が起きるかもしれない。)

俺が「日本には異例なアドバンテージがあるのではないか」と考えてるのは、
”サブカル親和性”であり、その”ド級な世俗化習俗”です。
(そら日本にも『共同幻想』崩れが、不安反動で《地方の成人式みたいな》醜態晒すとかも起きてるけどさ、)
●次の時代、あるいは新しい経済ってのものコアだとか、鍵となるのは、
「技術ではなく、それ以上に”世俗的文化やサブカル民度”のようなものではなかろうか」と思っているんだわ、

ネットの世界で言えば「”世俗的文化への理解やサブカル民度”の水準=リテラシー」だからだ、




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 11:15 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0