2021年04月19日

第4ラウンド(Make America Great Again)「菅首相を出迎えたのはハリスらしいけど」

バイデンは政権として終わってますよ(あんまし外交に関心無いんでしょ)、
一部消息筋によると、中間選挙での民主党惨敗が見えているので、それまでの1年あまありの間に「やれることを徹底的にごり押ししておこう」って話が持ち上がってるほどです。
そしで、今回の選挙で既に多数の極左系議員が民主党から当選してしまった結果。民主党自身が収拾がつかず主流派が政権の方向性に従わない可能性すらでてきています。

これ民主党主流派(というか穏健派)の危機感は共和党以上かもしれない。
(そら自分の党がイカレタ活動家に乗っ取られてしまうかも知れないんですから)
BLMもアンティファも「絶賛民主党の街で暴れまわっており」、一部民主党知事は「躊躇なく逮捕する」と警告しているほど(とこりがブルーステイツの司法は即日釈放しちゃう筈なんだよな、、)。

●また米国の習俗ご存じない方はピンとこないかもしれませんが
米国差別文化としては「黒人社会はアジア人種の上位」って設定となっており、
アフリカ系黒人がやたらアジア人ヘイトの暴力事件を起こしているのは、ガチ・レイシズムです。
(しかもCA州SFのBLMのケツ持ちが中国ですよ?なんじゃこりゃって話)

民主党主流派としては「どうしたらいいのかわからなくなってきるのじゃなかろうか」
トランプ憎しで、手を組んではいけない相手と裏で共闘し、裏なものだからどの執行機関がそれを取り決めたのかもわからない(取り決めの内容もわからければ、これじゃ責任も追及できない)。
この現象の発端だった「小口献金サイト、アクトブルーがもう怪しい」
小口と言っても匿名でいくらでも名義の偽造できちゃうのじゃないかな、、
(選挙人登録のIDも廃止しろとか言ってる政党なんですよ?)
結果として外国からの政治金工作をロンダリングしているようなものです。
(サイレントインベージョンとして中国が最も得意としている作戦)
この政治資金の流れにより、極左活動家議員が激増した。


■俺はトランプ陣営本当の狙いは「民主党穏健派の切り崩し」と書いてきましたが、
・冒頭記載の「政権による強引な法案推進」
・民主党穏健派の危機感
・中間選挙での惨敗が既定路線化している
・大統領選における不正において、FBとCNNの関与はガチで確定
・トランプ陣営の共和党改革は民主党穏健派の思惑と重なるところがある
(トランプは個人的にリベラルのため)
・バイデン政権のアフガン撤退決定は、バイデン政権が軍の方針に手を突っ込まない意思を示している(現政権の思惑は、とにかく米内政であって、外交軍事は「《環境以外は》トランプの方針そのままでいいよ」な雰囲気がある)
・世論動向的に、現政権が目論んでいる「環境政策の”盛り上げ”」が、実は賞味期限切れで「票にならなくありつつある」

だったら、民主党穏健派としては「トランプにつくほうが得策」だよね?
(メディアの陰謀情報なども相当知ってるだろうし)
何やら、昔の日本の政局みたいですが、
「裏切りを高く売るなら、タイミングが大事だ」←と、考えていると思うぞ



posted by kagewari at 06:13 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0