2021年02月25日

第4ラウンド(Make America Great Again)「案外北朝鮮が鍵となるか」

現在誰が指導者なのか謎の北朝鮮ですが、
コリア国際研究所・所長朴斗鎮氏「朴斗鎮TV」によると
https://www.youtube.com/channel/UCMklE_92BFIX1yF_FCVkCJQ/videos

経済目標などを達成できない幹部は「刑事罰」というですね、、
トンデモな状況になっており、
(幹部の人事で全員が「どうぞお先に」と丁寧にお断りするでしょうに)
はっきり言って危機的状況です

ジャーナリスト山口氏情報では「妹金与正氏の対米機関は生きている」とのことですが、
にわかに信じがたいというのが本音です。
(この分析は、米国国務省人事などで本気のシフトがあるというものですが、ダメダメなので崩壊に備えての国務省人事の可能性もあり得る。)

現在の見立ては対米交渉派の金与正氏が失脚(交渉相手のトランプがもういません)
中国との関係がテコ入れされた様子も無く、
唐突に軍事パレードやってみるなど、支離滅裂な状況にあり、「サイバー部隊の預金かっぱらい報道」も米国務省筋のメッセージでしょう(締めるぞと→金融業界にはサイバー攻撃の損失を気にしないというか、、隠蔽する体質があって、それを許さないって意味があるのかな→対策しないと公開しちゃうぞって)。

バイデン政権にはそもそも当事者能力が無く、
いくら山口氏お墨付きの有能な幹部が抜擢されても「所詮事務方です」、勝手に外交交渉を進めるワケにもいかないし(バイデンは親中なのだから)、米国と北朝鮮の取引を中国が認めると思えない(国務省が先行してもホワイトハウスが止めるでしょ)。
●繰り返しになりますが、かといってNK国がチャイナと交渉のパイプを持ってる様子が【無い】
(とち狂ったコロナ対策に代表されてますが、通常の理解を超えた疑心暗鬼にあると思われる←NK国は完全にコロナを中国の生物化学兵器と思ってるだろって、ホントか嘘かはともかくに)

●しかも世界はコロナもあり、忙しくてNK国に構っている余裕がない、

トンデモ無いところでバイデン政権のボロが出る可能性は否定できない
(勘だけど、下手すっと飢えたNK国軍部が金王朝崩壊を合図に”核持参で武装難民的南進”に出るかもよ?)グダグダの戦争やらかしたら世界一の米国民主党がそこに輪をかけてって事にならなければよいが。
バイデンをいずれ辞任させる予定なら(1年も半年も大きな違いないのだから)
「急いだほうがいいかもしれない」



と言ってるしりからその「朴斗鎮TV」から速報です(なんかいよいよヤバい事なってきたな)
[速報] 北朝鮮でデモ鎮圧護衛部隊新設 平安南道では兵士が暴動との情報







━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 02:12 | 戦争と平和 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0