2021年01月24日

全ての人類に共通する『話を”盛る”心理』(『興奮』拡大傾向)4

「困った確率論と絶対値」

『被(こうむる)』とか
「冷蔵庫のプリン食べられた報復はプリン10倍レバレッジの法則」みたいな流れには、
勿論『退行化』が被る、

 だ か ら 左派は「歴史問題」で煽るんだよっ!!
(社会意識の『退行化』による報復感情的快感代謝を刺激して、過激化させる)
 ↓
注】そして歴史なら《これ保守幻想の”伝統”の遠用だよね》広く《取り立てて何も起きてすらいない》複数の個人に「強迫心理」を形成可能だ
故に左翼の手法もガチ『共同幻想』である:保守派の肩を持てばさ「歴史と伝統が”正の幻想”」なら「歴史問題被害者史観や自虐史観は”反動化した負の幻想”」って話になるのさ。


●俗に言う人の心理が「暗黒面に堕ちる」ってのが、
『被(こうむる)』であり、『退行化』であり、反動形成となる、
ここには抜き差しならない強みがあるのね、
「『興奮』値10倍と、確率100%」

反動形成レバレッジ論で「報復はプリン10倍返し」となるため、
これを煽れば『興奮』獲得値は10倍化するすため、
『快・不快原則』から考えて、強烈に人の心理はこれに”釣られる”
 ↓
個人心理学においては、この現象が「グダグダ幼児期の家庭環境のことに拘ったり」「コンプレックス《この原型も子供時代家幻想所属ネタ》をあーだこーだとひねくりまわしたり」、個人の歴史における慰安婦問題やBLM運動みたいな形式になっているワケ。
(個人自我における「鬱病」も、日本の自虐史観《War Guilt Information Program》や、米国の南部レイシスト悪玉論などの社会論でたとえるとわかりやすいと思う。)


●これに対して「自然な状態の人の心理の実存」ってのは(日常でもいいけど)
「『興奮』値は1日必要量1倍、確率は未知数(掛け率アリ)」なんだわ、
暗黒面の誘惑と比較すると、【確実に負けてる】(笑
 ↓
「今日の晩御飯は何にしてみよう(1倍)、そうだ具材に〇〇を入れて(賭け)」←この日常性で『快・不快原則』をプルーフしようって、当たり前の構造が『抗(あらがう)』認知となる。
(『退行化』に対抗する意味で「未来志向」と呼んでもいいけどさ)
 ↑
夢だとか希望だとかの概念もこっちの話な(説明しなくてもわかると思うけど)、
(※前者は悪夢と絶望からの報復や憎悪や自己嫌悪って世界となる)


■それこそ合理的判断としてよ、
「『興奮』値10倍と、確率100%」
「『興奮』値は1日必要量1倍、確率は未知数(掛け率アリ)」
比較すると、前者が強いワケ、
(サブカル・オルタナ論として後者が野村の考え的に”こっちにも確率を上げる考えがある”ってアプローチも存在する←この方向性は『共同幻想』崩壊により拡大した→「ITベンチャーなんかも本来はその流れ」)

<話は戻って>
比較すると、前者が強いワケ、
●しかし、ここにも重要なレトリックが関わっている
 ↓
前者が”煽りネタ”のフェイクニュースだってことさ
(左翼の煽りと同じ、盛られているとこに必ず”捏造”があんだよ)
「『興奮』値10倍と、確率100%」←こんな投資商品がある筈無いだろ(笑
(どこにでもいる市井の個人のどこにイエスや卑弥呼みたいなド・エピソード体験がありますかいなっての、現代でそれが観測される事例は、ほぼほぼ「PTSD・トラウマ論」などに限定される。)

つまり、詐欺なんだよっ”煽り”なんだってば、
(個人心理学でいえば、ネタバレすべき事実誤認が必ずどこかに在るってこと→そもそもその原理の元であるエディプス・コンプレックスからして「その時だけ自分は幼児だった」ことからくる事実誤認であり、)
ネタバレすると、現世代の特定階層が賠償なり報復求めて大暴れする材料がある筈も無く、
(BLMで言えば、アフリカ時代の記憶も無い世代が煽られてんだから、、)
(個人心理学におけるコンプレックス論にしても、たかが人類ヒト科の1個体に”絶対普遍のコンプレックス事象が成立することなど【無い】”→「それはともかく、さてどうするか」と考える《連想じゃなくて創造する》『自意識』が実存するからだ《しかも中の人的にこっちが”本人”》)


この辺がさ、
「わかっちゃいるけど、なかなか説明難しいのさ」
(勿論、心理学の知見が無くても経験的に「この手法を知ってる奴ら」は意図して仕掛けてくる)


もうちょい「困った確率論と絶対値」補足すると

「〇子ちゃん絶対マッチで遊んじゃダメよ」な時のだ、
どうしてもマッチでやらかしたいと思ってしまう”アレ”
(これも暗韻は倍率保証付きの不快確率100%)
浦島太郎が玉手箱開けちゃったり、鶴が機織りしているとこを覗いちゃったりさ、
(もう何万も負けてんのに)パチンコにもう1万突っ込む時の”アレ”とかな

「人類普遍の暗黒面に”盛る”心理」を時に破滅衝動なんて言うけれど、
(まあ確かに『快・不快原則』によって、快だろうと不快だろうと「退屈したら死ぬ病」の人類にとって『興奮』は同じ財貨なワケで→時々穏やかじゃない時に流行る”終末論”も同じ仕組み)

難しいことなのはわかるんだが、
「継続性で考えような、家が燃えちゃったら凄いことだと思うけど1回こっきりだからww」
(勿論ここには犯罪心理もかかってくると思うけど、俺は犯罪心理専門じゃないのでやめとく)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 17:04 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0