2021年01月19日

やれ「ブラック企業」など『共同幻想』的経営が批判され始めたのは最近の話

文明化における『共同幻想』崩壊は急速に進んだのだけれど、
こう言ったらなんだけれど55年ばかし生きた中で、世相というか社会が”グルングルン変化する様”を目の当たりにした。
昭和末期などついこないだけど、当時はバリバリのパワハラ体質管理職が普通に何食わぬ顔で偉そうにしていたし、年功序列の中でぬくぬくとそれなりの地位を築き、満足そうな顔して退職してたワケ。
 ↑
何だか一見「このヤロー」みたいな話だけどさ、
この彼等って、老後にこの現代社会で何思うって話でさ。
(どこに行っても厄介者なワケだ)

そんなワケだから、面白い話「俺の時代は兄弟間でも世代間格差がある」、
話が通じないとかそういうことでは無くて、
「世の中の仕組みは現在きっとこうだろう」って目論見が全然違うってことかな。
●勿論それは理論的には「後発世代のが常に現実との乖離が少ない」ことには、、
な る ん だ が、
常に変化が継続乃至加速している場合、
「随分先取り感のある社会認識ですね」な人物を例外に、20歳になるころには「既に使い物にならなくなっている」なんて事にもなりかねない。

何を意味するのかって
「それまで培っていた目論見ってものを都度変化(アップデート)させなければ対応できない」
その姿はまさに『歩留まり』選択な人生だよね?
一見すると(潜在的には『単独者』なので)中途半端な選択も目立つ『歩留まり』だけど、
『単独者』って商売の名前じゃないからさ(笑
(まー食えなくても平気だろうみたいな無頼なとこあれば別だが、まだまだ世の中ベーシックインカム政策が始まった状況に無いのだから)
実利的な計算できる人なら、(程度の問題という意味の)常識的には『歩留まり』に落ち着く、

極論するなら、時代の変化が急速な時「それ以外の選択肢はあまりない」
(なんだかんだ人類は市場原理や民主主義以外の合理性を発見できていないワケ)

(※同じ『単独者』系でも、”確信犯的保守再選択者”ってのは、歌舞伎の跡目を代表選手に、既に家業があるとか、再選択行為そのものが職業選択であるなど《軍の志願兵他》、この人達は随分昔から一定数存在してきたのだと思う。←宗教指導者としての後継選択なんてのもあるだろからね)


■さて考えてみれば
世界の大問題になってる『中国』なんだが、
多数の人が思う事でしょう「高額所得階層が1億も存在すると言われているのに(その階層は海外の自由や民主主義も嫌ってほどよく知っている)何をしてんのかいな」と、
 ↑
さあ、みなさん、この直近30年の中国の変化っての見てやってくださいよ
「もうさ、全員”特殊な『歩留まり』”になるしかないだろww」
(英語で言えば、Non-Political moratorium 世代でいいのかしら?)
(中国っぽく四文字熟語なら、『面従腹背』世代)
共産党も「強引にでも金・金・金のインセンティブで釣るしかない」みたいな
(いまその金がバラまけなくなりつつある)
 ↑
中国共産党(CCP)の支配ってのは”なんとも奇妙な世代感覚の上に乗っかっている”
(確かに、我が国日本も高度成長時代には「自民党永久政権なんだね」と思ったものです)
確かにビッグDATA・ディープラーニングの機能特化AIは中国有利なのかもしれないが、
こんな国は一生かかっても人を代替可能な汎用AIを開発することはできないと思う。


●しかし日本には2chを代表格に、草の根ネット世論(ガチの民主主義)というものが醸成され、
その原型は江戸のサブカル「落書(らくしょ)」から続ている伝統です。
所謂隠れ『単独者』が古くから存在していた珍しい国であり、
ネットの保守系論考って、誰が首謀者とかまったく無くて、
主として2chの集合知の中から自然と台頭したもので、それは他の国になかったものです。
(その後米国でも2chを模倣した掲示板サイトなどが台頭した)
これは偉大な社会的ソフト・インフラであり、
安倍政権を援護し、左翼メディアを追い込んできた。
(現在の2chには後発の左翼工作書き込みが横行し、なんとわはなしに保守系youtube動画に集散するような形だったり、論客のSNSに集まるなど相対として2chの発言力は弱まっているが、この基礎を築いたのが2chの論議だったのは間違いない。)

今米国は、同様のネット世論の存在の脆弱さに苦しんでいるし(若者の左翼化)
中国に至っては『歩留まり』のダメなとこが悪目立ちする(特異な)状態と言えるのかもしれない
(てか、貧富の格差が著し過ぎて、中国下層階級においてはローカル『共同幻想』や中華『共同幻想』や中共『共同幻想』がまだ健在)


<<<話を2chに戻すけれど>>>
「現在進行形の社会の今後はどうなんだろ」という集合知が、世代を超えて醸成され更新され続けたことの意味は大きい(ユーザーはかなり高齢から若い人まで多岐に渡るからね)。
欧米中日の中、日本は突出して
「社会の変化に臨機応変な『歩留まり』階層を備えており」
(いざとなれば速攻『単独者カミングアウトもできるのかもしれない』)
流石にこれを数字的に掌握することは困難だが、
2chの全盛期(20年ぐらい前かな)、世界のwebで更新され続ける文字情報の確か半数近くが日本語だった筈(バイト数の関係あるから=情報量と評価はできないけど:ちなみに現在は10%15%とからしい)、

世界のwebサブカルを日本語がリードしてきたのは事実だと思う。
(後にこれがkawaii文化がどうのこうのhentaiとは何かなど、一部が観測されるようになった。)

個人的意見だけれど、
「日本の『歩留まり』階層は、そんじょそこらの『歩留まり』とは違う」と思っている。
事実日本は、ここ数十年の急速な社会変化に戸惑うことも無く自然に対応しているからだ。




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 11:12 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0