2020年10月06日

台湾有事が本当にあるかもしれないという話

その発言以上に石平さんは問題を深刻に捉えている気がする
昨今の中国政府の動きを石平さんは「共産党内の権力闘争」中心に発言してきたのだけれど、
米国高官が台湾蔡英文総統との会談をきっかけに(一枚岩に戻ったじゃないけれど)北京政府が強硬になってきたと説く。
石平氏の話はこの辺の論議ね


ポイントは上記動画の部分では無いと思っているんですよ、

先日米軍が南シナ海演習時に中国がミサイル発射演習した件で石平さんは
「ひょっとしてだけど、解放軍の東部戦区暴走の可能性を否定できない」とも言ってる、
そして
最近の話題として、解放軍が「明日戦争になったら」とかのタイトルの謎のプロモーション動画をアップして、そこに米軍グアム基地を爆撃するシーンが出てくるものだから、大きな反響となりヤバくなったのか動画そのものを削除したって話がある。
勿論後者は北京政府の許可なくやって、後からダメ出し食らったって話だよね。

引用の動画で石平さんは「いやいや台湾独立ネタになると共産党も権力闘争どころではなくなる」的解説しているんだけど(ちょっと方針転換早すぎ)、
●実体はこういうことなのではなかろうか
台湾独立ネタになると(得意の面子の問題で)
「解放軍東部戦区を北京政府も抑えきれない」
東部戦区を抑えきれないので、どうしても強硬論を押し出させざるを得ない。
 ↓
その姿勢に自分で困って、現在絶賛日本にすり寄り中
(軍部を抑えられないので、日本が中国のメンツを保つような形で欧米との関係をとりなしてほしいってことじゃないかしらね)


関係するかわからないけれど、
沖縄周辺の空自のスクランブルでも中国の領空侵犯機が(これも東部戦区だと思うけど)かなり調子こいた無理なことをしているって話もあったように思うんだよね、
無駄だってのに何度も潜水艦で沖縄の海峡通そうとしてみたりさ
(その都度アクティブソナーか何かで浮上させられたりしている)
俺の個人的な読みは、ちょっと石平さんと違っていて、
「党内権力闘争も絶賛大荒れ中」「軍部の暴走も抑えられなくなりつつある」←この二者が同時並行しちゃっているんじゃないかと思うんだよ。
ついでに言えば
 ↓
「経済大暴落中、来年食糧大丈夫かもよくわからない」
「台湾の蔡英文総統はやる気満々(多分、一時蔡英文を脅していたとも言われる台湾マフィアも米国の脅しでおとなしくなっているんじゃないかな←そもそも北朝鮮に武器売ってるような連中だし)」
「米国軍人から”台湾に海兵隊基地をおくべきかもしれない”なんて発言も出る始末」
「日本の防衛大臣は親台派の岸氏」


米国大統領選後(トランプ再選だろうから)何が起きても驚かない
(クアッド会議で来日中のポンペイオの発言も相当飛ばしてるが、これマジで言っていると思うぞ。)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:01 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0