2020年03月21日

リクエスト関連(犯罪と家族さん”性犯罪とか”)

(※末尾追記編集、末尾の編集がグダグダに続きスイマセン)


犯罪と家族さん
>(殺人や性犯罪が起きたら)犯人だけではなくその家族までが「(たとえ生活苦になっても、自分達の人生と引き換えにしてでも)被害者とその家族に謝罪と賠償をするべき」と言われたり、「(本を出せば)印税は生活費ではなく、被害者側に補償しなさい」と言われてますが(加害者やその家族が本を出すのもどうかと思いますが)、加害者家族にはどこまでの責任と義務があるのでしょうか?加害者家族は嫌がらせを受けたり、仕事や住む場所も無くなっても当然(自殺しても何とも思わない)と言う人もいますが、そのとおりなのでしょうか?

■この現象と犯罪は全く関係が無いのです
上記は『共同幻想』社会のルールですよっ

ご存じのとおり、近代前後の『共同幻想』の場合(主として農耕・氏族社会ですから)、
自分の土地を追われることは事実上の死を意味しました。
(その土地を守るために自らも相当殺してもいるワケだが)
共同幻想は”共通性”あっての同族性ですので、
一族から仮に「疫病」でも出ようものななら、その縁者全員を追放(事実上皆殺し)します。

欧米ならマジ魔女狩りで拷問した上で虐殺しますが、
日本の場合だと「村八分」が有名ですね。

そういう意味では「ローカル『共同幻想』というのは民度的にもかなりえげつない」
排除の原則も簡単で、
”同じじゃない事の発見”=死です
疫病、持病、障害、破産、不倫、異邦人を勝手に招き入れる、、、ネタはなんでもいいのです。
極論個人の意見を持つことも一族処分の対象です、
(共通認識が前提なので、個人が異論を持つ事は禁忌)
村の寄り合いで「余計な一言言った奴」も一族郎党皆殺しになる可能性あります。

●ですから、犯罪がどうこう、ましてや性犯罪どうこうとかの個別論では「ありません」

上記のような歴史的経緯を踏んでいるため、
現代においても、
「結婚して式典に血縁を呼び、一族の威勢を誇示するような慣習を保守しているような世帯や関係性(一族の威光で周囲を威嚇する行為)」←そのまんま平然と結婚制度を普通の事だと思って手法をなぞると(そこには「ハイ聖職者を前の結婚の制約=一族『共同幻想』契約の血の盟約」を意味しますから)、うっかりレトリックにひっかかり(自らの一族含め)参加している事になってしまう仕組みになってます。
 ↑
もうちょっとわかりやすく言えば、
結婚式などの慣習・様式・式場含むインフラ←誰が建てたと思ってんだ?ってこと、
様式の著作権もね、

(それを借りて堂々とやらかす=『共同幻想』社会にサインする
 ↑
JASRACが使用料取りにきますよってこと
(問題起こせば「前の店では二度と音楽流させないからな」)

こういうことを背景に起きていることで、
『歩留り』以降の(晩婚・非婚)現代”非『共同幻想』社会”の場合、
「全然関係の無い事」って話です、
本来日本のサブカル的には、成人する時に「姓字含めて勝手に自称していい」のであり、
近代に戸籍制度のネジ巻いたのは徴兵制含めての軍国主義を背景にするもので、
日本の伝統なのかって聞かれると、それもちょっと違うと思いますね。

百姓って言葉も「百の姓字(凄く家幻想的にマルチなサブカル)」って意味なので、
非公式サブカル性ってのがその背景に無くも無いと言えるかなと、

■いずれにしても、
うっかり(考えも無しに=自己責任を担保もせずに)
「『共同幻想』のしきたりなぞって平然と結婚式などをすると」、
前述のような「不始末の責任取ってオマエラも全員死ね」ってムーブに追われる事になります。
(昔は、謝罪に追い込まれるのでは無く、そのまんまご近所に襲撃されて事実上皆殺しにされた。)
(武家の場合は、当事者切腹の上”お家断絶”→その姓を名乗ることは許されず一族全員追放)
(欧米で言えば、結婚式やった教会神父の号令で尖がり帽子被った信徒が焼き討ちみたいな)
 ↑
近代以降の、オンザレールが考えも無しに「だよね、そうだよね」をやらかしてしまい、
無自覚に『共同幻想』の縛りがかかって、大わらわって現象です。

つまり要約すると、
「一族の責任を」という着想は
=「『共同幻想』適応気取り・武家(や極道)気取り・名家気取り」と同義
です


※一個忘れてました
一族郎党抹殺論理の背景のひとつに『共同幻想』社会側は”自我の営業スタイル”として、
共有自我以外の方法を知り得ないので、
たとえば、どこぞの一族に犯罪者がいた場合
彼らの論理では「その一族では犯罪者自我も”共有”されている想定となる」ため→「すわ山〇組か!」みたいに死活問題として討伐が行われると考えることもできると同時に、
うがった見方かもですが、
彼らも無意識に”非合理的思考”なるものが、エディプスコンプレックス抜きに語れない(『共同幻想』のやり過ぎ:『共同幻想』エンタメの過剰摂取)ってとこも「横眼・薄目で体感している」のかも知れません(集落に伝播や知見として残してはいけない=お家断絶)。

=つまり「関係者が晩婚・非婚、非適応個性派(非共有派)の場合」は、
『共同幻想』サイドが想定しているリスクも消滅するため攻撃対象とならない

 ↓
●その反対に堂々と”共有派”を匂わせる(結婚誇示する)場合は?
『共同幻想』側がこの時発する典型的な台詞は何?
「そ知らぬ顔で、自分達は”結婚して(一族で威嚇し)子供もいて(後継者)”幸せそうにしてるそうじゃない」←でしょ、
(「あの邪教が継承されているに違いない!私達を殺しにくるんだわっ」って不安を彼らは《彼らが運営している制度上そういう推論になる》言外に感るワケさ、)

●もうちょっと補足すると、
『共同幻想』の典型的台詞に「あら結婚はまだなの?(お可哀そうに)」ってありますね、
これも《彼らの制度上ひとりでは何も決められない》
周囲を威嚇する多数派誇示や威嚇ができないなんて、
きっとと〜っても不安よね(ひとりなので何も決められないのでしょ)という”彼らの制度上”派生する類推(トンデモ誤解)です。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 11:49 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド