2019年12月05日

思っていることが”バレる件”(それは何故かだとか)

これは主として『有料相談』などの解説で出てくるワードなんだけれど、
半ば超能力『共同幻想』適応系の人なら”異端発見ソナー”
<他のバージョンも考えてみた>
半ば超能力『歩留り』適応者の”偽装光学迷彩”
半ば超能力『単独者』の”自意識マター全開が半端無い”

これも相対論でね、
ネタバレすると超能力でも何でも無いだけどさ(笑

「人間が失った動物的直観」なんて言葉があるけれど、
失ったのは本能であって、能力が欠損したのではないと思うの。

ネコが意味不明な方向に注意向ける事とかよくありますよね、
対抗面から来る散歩中のイヌが何故だかこっち見ている時ありますよね、
後ろに目があるのか?ってOLさんが後方からの足音に反応する様子や、
(確かこれをより判別しにくい状況で目隠しして実験したDATAとかあった筈)
訃報に関しての「虫の知らせ」ってのもあるじゃないですか、
(これは私も個人的に経験あります)
「長嶋茂雄のバッティングセンス」なんてのもありますww
人間だって動物的直観(微細な情報でも関連性に気が付くって意味かと思う)
決して失っていないのだと思うのですよ。

動物との違いは、動物はその機能を本能の管理下で合理的に運用しているので、観察者にもわかりやすく確認できるってだけで、
「本能が壊れる方角からきました」って人類ヒト科の場合、
この機能の関連性が極めて自由度の高い(ほとんどカオスな)自我に関連付けられているため、どこでどのように使用されているのかわからんってだけだと思ってます。

■現象は明確に在るんだもの
発汗、息使い、体温変化、心拍数の変化、言葉の選択、文法、視線、身のこなし、
そもそもさ、ペットのイエネコと飼い主は言語が通じなくてもコミュニケーションできてるのであってだ(留学生のホームステイとか経験している方もそうだと思うが)、
確かに人類ヒト科は便利な言語って『共同幻想』発明してスゲー高いレベルの情報を流通させているけれど、それ以前の原始時代には言語無しでコミュニケーションしてたんだから。

「言葉で言ってないところもある程度わかる」→これを”バレる”って言うけど、
熟練した刑事さんなんかは、嘘かどうか一発でわかるワケじゃん。
これ刑事さんじゃなくても、ある程度接触長い関係者なら「何か様子が変だった」とか(事件の周囲聞き取りでよくあるじゃん)、
想像以上にニンゲンは”言外の情報を取得している”

『共同幻想』適応者が、”異端発見ソナー”で「お前誰?」みたいに非適応者が一発でわかったり、
異端者が何やら『共同幻想』ルール違反な思惑腹に持っている様子が即座にキャッチできたり、
 ↑
●全然驚く事でも無いワケですよ。

だって『歩留り』適応者が、(実は本音『共同幻想』ヘイトなのに)まったくバレずに見事な偽装ができちゃったりね(笑←プロのスパイ顔負けじゃんww
「アタシ実はね」←現代社会ではこういう人が比較多数なんだし。
(同じ『歩留り』関係者は、この台詞を何時言うのかなってずーっと待ってたりする。一度話し出したら個人的見解出る出る、『自意識』抑圧解除自由自在なんだね的な。)

世の中には「自称占いできる」みたいなペテン師がいるけれど、
(本物の占い師ってのは、伝統の様式でたわいのない範囲の事しか”あえて言わないプロ”でしょ)
「普通言わないよね」って事なんだわ、
人類ヒト科さ、そこそこ生きてりゃ(選択のそれぞれの生き様の中で)「ピーンと来た」なんて感覚皆さんイロイロ持っているワケだが、そんな大事な情報ちょっとやそっとじゃ言わないものでさ、
「なんかさ、そんな気がしたんだ」←後から言うもんだよね(笑
 ↑
暗黙のなんとかじゃないけど、
言ってもいいのは「喜ばしい方向の話」って合意があんじゃん。

これに反して、
「自称占いできる」みたいなペテン師って、不安を煽る方向の話しかしネ〜て特徴があってだな
(何故決まってそっち方向の話ばっかりなんだと考えてみって)



■心理学的原則論から言うと
「人類ヒト科の人生にたいした違いがある筈無いので、唯幻論的に言えばどうでもよくないことなど無い(悩みったって突き詰めりゃどーでもいいことなんだからさ)」であってだね、
「好きにしりゃいいじゃん」→から〜の、
『自意識』が気ままに自由になってないのだとしたら、
「どうしましたか?」って話

なんだろう、
あーでもないこーでもないとすごく考えて、
無理して(それこそ強迫的に)頑張ってみた的形を打ち出してみても、
 ↓
バレるから、ってかもうバレてる
ひょっとしたら「本当はこうなんじゃないの?」まで出ちゃってる

●故に率先して「バレてんだろうな」と思っちゃうのが楽なんじゃないのかしら?
素で、そのまんまの話してるだけなんだけどさ(笑
自分以外の人物にはなれないのであって、
だったらわかりやすい方が得じゃん。
「ヅラとハゲ論」みたいなもんだよ。
(別段人類ヒト化においてハゲが特別ネガティブとかネーし、誰も気にしていないのに本人が誰よりもって現象が”コンプレックス”なんでしょ。←だから「バカか俺」技が効くのであってだな。)


<逆パターンに”別に隠していないのに気づかれない”ってのもあるね>
それは受け取り手の認知リミッターって事になる。
典型例はラノベでお馴染みの朴念仁(ヒロインの恋心に気が付かない主人公)
恋愛センターにうといみたいな。
 ↑
こっちの方が異例だってことだもの(シナリオ設定的に)
裏設定は→「普通わかるよね」でしょ

そんぐらいバレちゃうんだわ

「バレたく無い事情がある時のごまかす手法」のことを”ハッタリ”と呼びますから、
逆に言えば「ハッタリかましていない事項はバレてる」って事ですよ。
反対に言えば「隠したいならハッタリかませ」、
「ヅラとハゲ論」に置き換えると
「ハゲなんてのは男の勲章よ(それは嘘で凄く気にしている)」←これはこれでアリだよね、嘘がバレてない訳だから→”ハゲ問題は解決した”=「んなもの俺は気にしてネーから」←あれれ答えは同じか
(この謎の循環も「バカか俺」技に、似てるような、、似てないような、?)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論で15円30円の投稿は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方は安易にこのシステムを利用しないでください
・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すれば送れるわけで(問い合わせメールなら着信拒否なども即座に対応可能であるため業務妨害とは言い難い)そこんとこ考えて利用してくれ


必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 09:00 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0