2019年07月09日

オンザレールな『共同幻想』高齢者世帯が”突入する新時代”(団塊編)


■そして次の世代(団塊)はどうなるだろうか?
我も我もと『歩留り』選択転向が続出すると思われ(関連本も多数出版)。
高齢者認定直前60代から加速度ついて増えるのじゃなかろうか。
(案外彼らはかなりの対応できると読んでます。若い頃に左翼から保守へ転向という離れ業経験者でもあり、転向ってのも最初じゃありませんから。)

断言します
そんな時代の「女性紙(女性○身とか)」には、
「60代からの恋愛が本物」であるとか、
「60代のSEXが気もちいい特集(最大のアンチエイジング)」
「人生120年、60代再婚のノウハウ」
「高齢離婚は失敗では無く再出発」
「高齢再婚のスィートホーム」
「無理筋な医者の言葉にやんわりお断りする会話術”ガンと付き合う”」
こーんな見出しが飛び交いますよ、きっと。

団塊世代ってかなりの層が『歩留り』選択を、「あー60年代のウッドストック、ヒッピームーブメントでフリーSEX的なものかな」と思うのじゃなかろうか(笑

強烈なドタバタ喜劇も展開し、
ひとつの社会現象となるでしょう。
名作ドラマや名作映画も登場するだろうと予言しておきます。
(昭和の『共同幻想』となる”家幻想”やら”家族愛幻想”どどこへやらと、)

「え、私のひ孫なの?あなた誰ですか」みたいな、、、

さらに美魔女だけで無く、グレイヘアダンディみたいな言葉も登場しww
「60代って30代と見た目変わらないよね」を合言葉に
トンデモの展開を繰り広げるだろうと。
(エベレスト登頂高齢者記録500人とか)
■存在感は強烈な需要層でもあるので、
「(子供って誰ですか?)死ぬ前に使いきれ」も合言葉に、
おしゃれな部屋着デザインのパワードスーツから、自動入浴車椅子から様々な新商品が開発され、
医師会大反対の『ホームメディカルAI端末119(緊急投薬合成機能付き)』なんてのも出てくるかも←接続用チップは体内に埋め込み済み。


政治の動きとしては人権問題として「高齢者施設0」が目標となり、
福祉政策は自立の継続支援に全力投入される。
(本当に医療が必要な人の長期入院は認められる法改正とバーター←これで医師会と政治的取引する)
「昭和の”家幻想”とはなんだったのか」みたいな事になるのじゃないか?
(戦後から見た、軍国主義時代のように)
 ↓
これに連動し、
お婆さん・おじいさんもPC(ポリティカルコレクトネス:政治的配慮)で禁句、
ついでに「お母さん、お父さん」って属性名称もどうななだろうの論議となり、
”家幻想”崩壊の証明として、
「お母さん、お父さん、ママ、パパ、子供、などの概念がフェードアウトを始め(それぞれ人権もプライバシーもあって独立した個人だね)」
(下手すっと”家族”などという血縁民族意識は差別的概念かもしれないも拡散し、)
家族の同居や家族の食卓的な世界観も後退(プライバシー重視の個室アリ全日保育園も大人気)、
 ↑
「週末や夏休みをいっしょに過ごす血縁仲良し」に”ネオ・ファミリー”なる新呼称が登場するかも。
(忙しかったり、仲悪い人は合流しないのが自然だし自由選択なのでそこ誰も疑問に思わない。)
(●性格の不一致みたいな謎原因で離婚するとか逆に減る。婚姻の大半は”入籍の無い事実婚”となり、同居しない夫婦も増えるため。)


■ひょっとするとアレかな、
(若い頃の左翼から『共同幻想』適応転向の反動ついてリタイア後の『歩留り』転向が嵐の大旋回となり)
団塊世代高齢者が「崩壊する高度経済成長『共同幻想』モデル」の壁を、”組織的に”突破する切り込み隊長”破壊神”となるやもしれない(ちょっとやり込み過ぎみて現行世代『歩留り』群が迷惑するほどに)ww




<<<<そら今回EDは同世代を語る>>>>>

60年代ヒッピームーブメントとベトナム反戦を描いたミュージカル『Hair』より
映画『Hair』からオープニングタイトル
Hair - Aquarius

(必ずしも興行的に成功した映画じゃ無かったと思うけど、これ好きでしたね)

そしてミュージカルから『レット・ザ・サンシャイン・イン』



『はっぴいえんど』から「夏なんです」





━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 15:16 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0