2019年07月07日

オンザレールな『共同幻想』高齢者世帯が”被った”悲劇

年間医療費の件で言えば、
資産のかなりの部分(単年度統計から類推すれば高齢世帯は可処分所得の3割超えてるんじゃ?)を病院で消費し、
(経営上都合よく病気認定され医療産業の好ましいお得意様になるために、生まれ、働き、蓄財しててきたのだろうか←あれれ高度経済性当時代の夢マイホームってどこいった?)

生活環境の心理的評価で言えば(てか考えるまでもなく)
何チャラホームや、介護施設など
「人生の最後に待ちに待った収容所送り」
(しかも不思議な事に一部利用者はそれを喜んでしまう、、、この辺ひょっとすると痴呆原因を後押ししている心理上のリスクとなってるかもしんない。)

■いったいぜんたい何がおきたのか?
流石にこれは悲劇としかいいようが無いんだが、
高齢世帯になって
「唐突に『共同幻想』の夢は崩れたんですよ〜」と言われてもだね、、、
長年鍛え上げた『自意識』抑圧の(自分は抑えろ的な)強迫性常識論も鉄板だと。
 ↑
この期に及んでどう抗えっていうんだよ?
高齢者の本音ではないでしょうか。
 ↓
「へ、今から『歩留り』転向とかで『共同幻想』批評入れてとかってお前、70過ぎてから自分の人生にに「バカか俺」とかにわかに言えないだろうって、この気持ちわかる?」

大変なことになってちゃったんですよ。
今後の世帯と比べて、不当なぐらいに莫大な年金を受給できる現状も
「なんていうか、賠償金の前払い的な」ことなのかなと、
(その金をまた、医療機関や介護なんとやらのハゲタカにこっそり抜かれるんだけど、、)


●正直政府は、現高齢者を特別に援助する政策打っていいと思う。
そんぐらい置かれた状態は不遇と言わざるを得ない。
「考えてくださいと、下手したら100歳見えてますよ。70歳遅くない『歩留り』転向はまだ間に合います。『共同幻想』崩壊はむしろ解放・自由化なんですよ〜」
 ↑
どうやったら、このルートが高齢者世帯の視野に入る形で提示できるのか。

俺は思ったんですよ、
●高齢者はフリーパスで高校だとか大学行けるようにしたらいんじゃねと。
(どうせ教育無償化の論議になるんだから)
 ↑
時にねみなさん、
教育無償化凄くコスト高くなるように思うかもだけど、最先端の研究とか必要な拠点大学には補助金どーんと投入しつつ、ハーバードのなんとか教授じゃないけどさ、講義を無償で公開するだけでアレするからね。
地元でこの講義聞いて後に解説する補助講師は(それこそベーシックインカムじゃないが)ボランティア募って運用することもできるでしょ(それこそシルバー講師もアリアリなんだし)、

そこは弾力的に考えましょうよ


<次回、団塊編へつづく>



<<<<今回ED>>>>

応援歌的に村田先生でいきましょう
無法松の一生(度胸千両) 村田英雄

雄々しいですねぇ
(てかさじっくり聴くとかなり前衛的だよね)


欧米的にはこちらかしら
イタリアマフィアじゃなかった、、、フランクシナトラからMy Way
「マイウェイ My Way」フランク・シナトラ、Frank Sinatra live

ほんと歌うまいよねマジに



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
以下リンクより「Eメールタイプ」を選択(金額は15円から1円単位で指定できます)
代表メールアドレス宛 kagewari@cside.com

収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます

【注意事項】
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 22:07 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0