2019年06月11日

割とどうでもいいネタ「よくわかる人達」

海外の反響動画は本当に人物観察として面白くてですね
今回お題は有名な「進撃」です。

●アニメ『進撃の巨人』です
(米国系だと思いますが)
影響力や優れたTVエンタメコンテンツランキングで1位取りました
スクショ取っておきました
imdbrating.jpg
 ↑
なんとあの超大作『game of thrones』(まとめ動画しか観てませんが映画で言えば”スターウォーズ”級)を超えての1位です。
上記サイトがそれほどの権威のあるものなのかわかりませんが(笑
日本国内においても、サブカル系に属するアニメが実写含む全てのコンテンツのトップに浮上するってそれだけでも痛快です。

長年海外の反響動画で人間観察してきた意見として、
欧米系視聴者はバチンといいもの悪いものを区別しないと視聴が続けられない(故に掲示板では頻繁にどっちのキャラがいいものなのか論争なども起きる)。日本の漫画アニメは「誰がいいとか抜きにした複雑なドラマが多いため(特に進撃はそう)」、
一部の作品は作品の深い表現意図についていけずに見当違いなとことで爆笑するなど、あられもない状況を目にすることもあるのですが(勿論伏線回収や深い意図を感じ感動するリアクターもいるのでその理解に激しい差異があるというのが正解かな)、


■進撃に関してはその人気から(掲示板などで事前にやりとりしていることも多いのでしょう)、欧米人でも過半のリアクターが演出意図を踏み違えずついてきています。
(思うにランキング1位取れたのも、訓練され且つ深い意図の演出を理解できた彼らなりの達成感みたいなものもあるかも知れない)

そんな中(2週ほど前の回なので)ネタバレしても大丈夫でしょう
『進撃の巨人』54話
「よくわかる人達」がおりました、
アクセス数的にも人気リアクターのベテランならではと言えるでしょう、
勝手に「おもろい夫婦」と呼んでいるこの方達なんですが、
(ネタバレ批判回避なのかな、54話の反響動画削除しちゃってますねww)
 ↓
リアクターはこの方達で(参考で53話貼っときます)


●で、削除されちゃった54話の反響動画でどういう展開があったのかと言うと
1)内容的は主要キャラのアルミン・アルベルト死亡の展開に二人落ち込むも
2)勘の鋭い嫁がオープニングのネタバレに気が付き
「あんたアルミン生き返るで」
「何?!」「オープニングに”アレ”ってモンタージュがあんねん」
「ちょ、どこ」「まってな」
”カチカチカチカチカチカチカチ(コマ送り)”
「ほらみ、アルミンの顔に超大型巨人の顔が被っとるやんけ!!」
「決まりや巨人になって生き返るのはアルミンやで」
(すっかり元気を取り戻し)
「お前はポーズ(コマ送りpose)職人やな〜」
(褒められた嫁が得意げに)
「もう一回見せたるわ」
”カチカチカチカチカチカチカチ”、そしてご満悦

発見された場所はこちら

(【ネタバレ閲覧注意動画】として日本では一ヵ月前から発見されていた)
 ↑
自らこのネタバレを発見してしまった結果、
彼らの55話のリアクションがイマイチショボくなってしまったのである(笑

海外のリアクターの間では、不意にOPにネタバレがあることを嫌い「OPとEDは掲示板などで”もう大丈夫”」の情報があるまで観ないって人少なくないぐらいですから、OPが怪しいって気が付く事はそれほど凄いことではないのですが、
彼らが54話リアクション動画挙げた時点で、同様箇所に気が付いていたのは(俺の知る中では)「おもろい夫婦」と「米国有名掲示板の書き込み」の2件だけでした。


■話に入れ込むって意味で「よくわかる人」といえば
ここんとこ数回で展開した「エルヴィンが死ぬのかアルミンか」ってところで、
(このダイナミック設定は通常のドラマにも滅多にないことだと思いますが)
敵役とは言え”何か事情がある”のも間違いないベルトルトの死と引き換えにアルミンが蘇生し
同時に甲乙つけがたい主要キャラのエルヴィンが犠牲となり死ぬというですね、
「喜んで泣いていいのか、悲しくて泣いているのか自分でもわからなくなる」自我崩壊状態に陥るベテランリアクターも多数で(そういうの”さらざんまい”でも起きてますがこっちは内容が高度過ぎてついていけるリアクターは限られる)、


なんだかんだ、欧米では「アルミン派とエルヴィン派で争いにもなっていた」のですが、
●そんな中「エルヴィンは俺の夫」と豪語していた”リアル”キャロル&チューズディじゃなかった、、、仲良し女子コンビが55話終了後(夫の死を前に)ほんとにお通夜状態」というね
(視聴前冒頭部分はあんなに元気だったのにww)
 ↓

(彼女達のリアクション動画はyoutubeの説明蘭に別リンクであります)


わかる人は「同じネタでも快感代謝のレベルが高い」
ある意味”省エネ”なんですよ。
秀作アニメ観て人生変わるぐらい”なんだか凄く考える”って機会を獲得できる(と証言しているリアクターが実際複数いる)。
個別具体的に何を経験したのかでは無く、そのネタでどこまでの理解に結び付けたのか(或は創造的な思考)、後ろの方がそりゃデカいんです。

勿論欧米にもアニメ観る人への偏見は多数ありますが、
楽しくやっているリアクターがこれだけいれば時代は変わっていくでしょう。
(最近決め台詞の日本語覚えたリアクター凄く増えてきた「何!」とか「団長」とか「進め!」とか。印象としては「何!」のウケがいいかな。「ガンバレー」知ってる奴もいる)
いうまでも無く欧米でも最も知られている日本語のひとつは「サヨナラ」なので、
進撃に関しては、今季のED「そこだけはほぼ全員意味わかっていて」
「出だし”サヨナラ”で泣かせにかかってるだろ!」なんて話も定番になってきとります。

※最新話においては南アの凄腕リアクター”アニメーチャン”が一発で「この腕章ナチスドイツ時代のユダヤ人のあれだ」と気が付いて、リアクション動画中で第二次大戦時代の記録調べ出したからね。
「わかる人」だよ。
https://www.youtube.com/watch?v=CdXT_oXqKCs&t=0s
(彼女はライナーやベルトルさんの台詞から”人種差別的テーマが”この作品の背景にあることに気が付いている。)



<オマケで前期作から>
●『モブサイコ100 (2nd)』
これ日本の漫画家と編集者座談会において「トンデモないぜ」と論じておりまして、
漫画に携わってたり漫画やアニメのファンやっている大人たちの誰しもが厨二病の頃思う夢、
「何か特別な存在になりたい(そんなものが大人の世界に在る筈もないので、忘れる者、まがい物の人生を特別だと言い張ったり、今のあなたのように漫画やアニメを見て代償満足に浸ったり)」、
『共同幻想』崩壊世代の”わかる人”は、
モラトリアムな『歩留り』であきらめの境地の中、
 ↓
劇中”霊幻”はそんな中で(偶然のように見えて必然)主人公である超能力”モブ”に出会う
(結局何者にもなれない自分を同世代の視聴者が霊幻に”妙な感情移入”を行っていく中)
最後橋のシーン(自分がモブにアドバイスした言葉「何かができるできないは単なる個性”に過ぎない。いい奴になればいんだぜ”」の台詞を)、
霊験が偽霊能者として追及されてもなお、
「最初からわかってます師匠は”いい奴”だ」
 ↑
このシナリオ「わかる人」はですね、
アニメを視聴している今の自分を投影し
「何かができるできないは関係無くて、最初からわかっているから。あなたはいい奴だよ」と全てが許されたように(モラトリアムで失望や諦めを抱える”バカらしさ”からも解放され)、
全く(このコメディ超能力アニメで)想定外のところからカタルシスに至り、
いい歳こいた大人が泣いちゃうワケだよ(どうして自分がこんなに感動しているのか、それは彼にもわからないのだけれど)。 ↓


※ちなみに動画の『モブサイコ』は英語吹き替え版です(最近欧米の声優さん上手くなっていて彼も「わかりやすいし吹き替えクオリティ高いのでこっち観てるんだとのこと」)、
リアクター氏は(アメコミ系ファンなのかなちょっとフィルコリンズなりかけだけど)「僕のヒーローアカデミア」だとか「フルメタル・アルケミスト(鋼の)」のファンで、
よく泣く人ではあるんだけどね(笑



●他に、最近気が付いたことですが
(米国だけなのかも知れないが)
とにかく彼らって「点数で評価付けたがる」んですよ。
「ん〜今回は10/10」みたいなんが”一種の慣用句”みたいになってる。
(確かに冒頭紹介のランキングの投票のようなコンテンツも盛んだからと言えますが、その方式が欧米系自我タイプに合ってるから盛んなのだろうし)
ランキング投票の無い音楽リアクション動画で感想述べる時にも「文句無し最高」の意味で「”10/10(ten of ten「10点満点」)”」使うんですよ。
(日本語にもそのままま”10点満点”って褒め言葉ありますが、日本の場合どこか上から目線の時に使いますよね?→その典型「審査委員の台詞」だよね。)

日本の場合は「順位付け人気投票」はよくありますが、
「10点満点で採点するようなランキング投票」が一般的とは思えない。
一体この違い(彼らが点数付けるの好きな理由)はなんだろう、、
ここは今後の課題かな。



<<<<さて今回のED>>>>>
予告通りの『人間椅子』です
そもそも海外の反応で最初に聴いた人間椅子タイトルがこちら
最新作のMVなのかな?
聴きごたえのある長尺の大作です

Ningen Isu / Heartless Scat(人間椅子 / 無情のスキャット)


(総じて人間椅子はブラックサバスっぽいと言われてますが)
イントロのベースがマイク・オールドフィールドみたいだったりね、
ひたすらカッコいいです


汗くさいオヤジ色《隠す事なくむしろ強調》むき出しのタイトルがこちら
Ningen Isu「Chou-nouryoku ga Atta nara」LIVE(人間椅子/超能力があったなら)

いや〜、英国でも米国でも現在ほぼ絶命したコテコテのハードロックです
(歳も歳なので血圧大丈夫か?と若干心配になるww)
最後に恥ずかしがりながらの「センキュー」が切ない


ちなみに話に出てくるブラックサバスは「プロレスで流れたあの曲」で覚えている方いるでしょう
(シンプルでガチっとしたリフとヴォーカルが若干しょっぱいとことも似ている)
Black Sabbath "Iron Man"


youtubeの判定によると(関連動画の出方的に)
Black Sabbathは「Deep Purple のシンプル版」みたいな扱いなのかな(笑
(ファンの人怒らないでね、youtubeの判定を推測しただけだから)




━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、ブログコメント欄を閉鎖します。
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 16:10 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド