2015年11月06日

勧善懲悪(起承転結)

「権威性認知(『共同幻想』系認知の代表)」
わかりやすい例が『勧善懲悪』感覚でしょう。
日本も『共同幻想』バリバリ時代の昭和においては「必殺仕事人」じゃありませんが、善人役の主人公が冤罪の不安も無く悪役を殺戮しまくるドラマがどこの放送局にもありました。←ある意味、中国の抗日ドラマも笑えない状況だったと。
『単独者』的世界観も60年代から存在していて(当時は某フランス系の影響もあって左翼的何チャラでしたが)、まー扱い的にはダークヒーロー者というか、”異色の”なんて講釈付き異端だったともいえます。「子連れ狼」も「木枯らし門次郎」も「座頭市」も「トラック野朗」も「網走番外地」も「ダーティーハリー」も中身的には勧善懲悪なのですが、フランスのフィルムノワールに始まる犯罪者が主人公系の話ってのは「タクシードライバー」を挟んで「ランボー」でエンタメジャンルになった瞬間からメジャータイトルになる事も珍しく無く、現代に至ります。

そんな現代は?「ドラマシナリオのネタ切れ時代」でもあります。
ハリウッドではリメイクリメイクですし、日本においてもサブカルの殿堂である漫画やラノベなんてところが原作を引っ張っているとこあります。
思うに、それは「起承転結進行の終焉」でもあるのかも知れません。

と こ ろ が
昨今の左翼陣営の極端な無知蒙昧化現象に見られるように、「勧善懲悪(起承転結)型の概念だとか理念みたいな」ものに極度に依存する階層も登場しており(これがまた伝統保守系依存にアンチなものだから”新興宗教”並みにグダグダの内容にもなりがちで)、とにかく誰かが悪者であたかも善人サイドに定義される側(勿論自分側)は被害者なのだ的な、ザックリしたというか、、、無理筋上等な(所謂グダグダのシナリオ)三文芝居のような『共同幻想』世界が小規模に勃興するみたいな状況も発生しており(一部だけで常に短期循環で流行する意味のわからないジャンルの底の浅い音楽みたいな)、「勧善懲悪(起承転結)型じゃないと事象が認知できない」という形で表面化する『共同幻想』瓦解図もあるので、一部の小世界では「そんな勧善懲悪(起承転結)型の話がどんどん出てきているじゃないか」みたいな錯覚を生んでいるかもですが、
俯瞰で見れば、根本的に「そういうわかりやすい話の構成」なるもの自体が「もうおしまい」なのであります。
(『共同幻想』お得意の「煽ってから安心させる」「驚かしてから助けを求めさせる」「怒らせてから溜飲下げさせる」←などなどの心理的手法で「あたかも合理性が担保されている演出」に”乗せる”って手法。言えばガチ洗脳手法ですわね。)

さて、そうなっちゃうとハリウッドに代表されるエンタメ世界にとっては大変な事なワケで、
(勿論「昭和の大歌手」のような概念自体が終了していることは皆さん体感していると思います)
ミニマルコンパクトな不条理劇となれば、30分も引っ張れません(笑

ひょっとすると、
「全く意味がわからない不条理な話だけれど、内容的には意図的に難解みたいな手法(衒学的手法)ではないよね。案外気分良く話しについていける。」
てな〜方向が登場してくるのやも知れません。
個人的推測ですが、真顔で考えさせるのでは無く、なんだこれ的に(面白おかしく)考えちゃう世界とかのストーリーが伸びていくのかもとか思います。
そんな話じゃちっとも儲からないでしょうけどね(笑
(単独者時代は公共スケールのインフラがらみの話を例外に、市井の実業スケールや売り上げは合計や総数では大きいが利潤も同時に個別化する流れなんで、それでいんです。)


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント欄に問題となった同趣旨の投稿が続いたため、暫くの期間ブログのコメント欄トラックバックを閉鎖します。閲覧されている方には不自由となる部分もあるかと思いますがご了承ください。(再開までの期間は未定です)
詳しい経緯は下記リンク及びサイドバーコメントリンク表示の説明参照
コメント欄の削除があった件(関係障害について)
http://kagewari.seesaa.net/article/402054291.html


■私のミスで時折記事のコメント欄などが承認制になっていたりしますが(或いは昔の記事など)、現在のブログ運営方針が「コメント欄トラックバックの閉鎖」なので、仮に投稿があっても内容に関わらずもれなく削除となりますので宜しくお願いします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
posted by kagewari at 19:33 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド