2004年08月05日

『無意識』そもそもの本来の機能について

「なんとなく」、「嫌な予感」
洋服の色、食事で最初に噛む顎、
「とっさに」
いつも三段論法と弁証法で逐一考えて行動する人はいません。

ここは超自我も似ています、現象としてはしょっちゅう道徳的判断をしながら道を歩く人はいません。
構造的に自我にパーツや領域のようなブツがあるのではなく、人格を形成するかなりのロジックはいつも『無意識的である』

何故って自分がどんな人物か知る必要があるのは他者であり、本人は「自分のことなので知る必要が無い」
意外と「自分がどんな人間なのか」の答えは、他人から告げられて妙に納得したり、これだけ占いがさかんなのは(「あなたはこんな人です」)、自立的・確信犯的に自己のイメージは成り立っていないからで、ほとんどの人が「自分の性格を説明しなさい」の問いに即答できない。

つまり、自分のイメージは「無意識的で、当人は通常知る必要が無い」。それだけではなく、行動の大半は欲求というストレスへの反応で、自立的に「よーしやるぞ、だって僕は○○なんだもん」が口癖の人は、ほとんどいません。

意志とは「じゃーこっち」とかで発動します。
つまり、平常時の自意識とは「右を選んだ男」だけなのです。
しかし、この「右選択」は深く経験的なロジックによって選ばれており(何故なら彼の友人は「やっぱりね〜」と言うからです)そのロジックは無自覚的なのです、何故なら本人には「右か左か」がわかればいいのであり、「自分が何故右を選んだのか」なんて理由(ワケ)を知る必要は無いからです。

人は「これはこうだから、ははん」と言葉を覚えません。
知らない間に文法を操り、理屈の一つも言ってのけます、この言後習得の記憶が英語の授業のように記憶に残っている人はいなく、話す時に文法がめちゃくちゃで意味不明になることもありません。『文法をいちいち過去形とか、動名詞とか意識する事無しにです』

これが『無意識』の正体です、『知性総体』の中で「意識」として現実のインターフェイスになる部分は一部で良く、、、。
自分の認識である今覚醒してる意識とは、自己の知性の一部に過ぎず、その大半は無意識的で、アイデェンティティーとも呼ばれます。

つまり、悩みとは「意識では判断しかねる難題を、無意識が構成してしまう現象」で、その原因は自己を構成する『知性の組み合わせに矛盾があるため』です。
実際は人の思考は一面では無いので(判例となる記憶の断片がいつも一貫性があるなんて事無いので)、組み合わせの矛盾は誰にでもありますが、悩みとは、そういった自然に出来た偶然による「結果矛盾」ではなく、どうしても同じように繰り返される「予定された矛盾」です。

なので、予定外なのですが悩みがある時には、
無意識を自意識に取り込み(「なんでかな?」と、理由を考えることです。答えの数だけ無意識は自意識に取り込まれます。)「潜在的に抱える矛盾を、解釈しなおしてしまえばいい」ということです。

「何故タンクトップが好きなのか」「何故立ち食い蕎麦屋であんなに一味を入れるのか」「何故カレーパンが好きなのか」「何故シルクが嫌いなのか」「何故靴のかかとを踏むのか」「何故ハンカチは内ポケットなのか」「何故赤い服が好きなのか」「何故ブックカヴァーを外すのか」『何故悩むのか』

「いったい無意識に、どんなこんがらかったとこがあるのか」

全部に理由があって、それをスラスラ言えたら大変です、無意識的じゃなかった、となってしまいます。「不思議な感じなのだが、自分はついこう考えているのかも知れない」と違和感があるぐらいでちょうどいいのでしょう。
ここで疑問として残るのは、自意識が自己のアイデェンティティーを操作可能か?そもそもそんなやり方では、自分が別人になるのでは?でしょう
■全くそうではないのです。
「そうだなぁ、こうじゃねーのかな」と答えているのは、あなた自身だからです。好き好んで矛盾を抱える人は無く、『気がついていたら修正したさ』な部分が解決しただけで、無意識を取り込み、矛盾を「あっ!あれ〜、こりゃ変だ」と再解釈したところで、あなたの評判は「あいかわらずだな〜、あんたらしいよ」に違いないのです。

なんででしょう?

次回は「悩みに繋がる難題を意識させる無意識って?」の話です。
posted by kagewari at 07:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド