2004年06月28日

呼称について

一人称なら「僕」「私」「私」「あたし」「ウチ」「自分は」「俺」「○○子ね」「NM」、、様々です。いったい誰なんでしょう。
この人物は友人や会社で「○○君」「山田さん」「○○○(名)」「おーい」「君」「あなたね」「ちょっと」「○〜(あだ名)」「○さん(短縮形)」ますますわかりません、いったい誰なんでしょう。

一般に分裂病や、多重人格などという診断は重大な病として受け取られがちですが、普通の生活に適応するって事は、マルチパーソナリティーを必要とするもので、このデスクトップ画面の使い分けは、日常茶飯事です。人格の統一として考えると「俺」「私」に属する部分がマスターになるのでしょうが、みなさん経験があるように「独り言」や「日記」に登場する『自分』はちょっと綺麗事で、調子良かったりします。(ここにナルチシズムの誤解が生まれます)、つまり目に見える統合なんて無いんです。それぞれが根拠があって矛盾していなければいいのであって、存外「自分」は曖昧なものだったりします。
「我思う故に我あり」この哲学の発想は「言い切ればそれが自分(笑)」という隙間狙いのブラックジョークのようなものです。

しかし、この「我思う故に我あり」は重大発見だったのです。
「意外と自分は定義されていなく曖昧だ」の発見だからです。

以前に話した「カツカレー論」ですが、自分の定義なんて大見出しだと腰が引けたり、こっぱずかしいものなので、そこを狙って「我思う故に我あり作戦」を使うわけです。自分は何者?って話をレーゾンテートルとかを持ち出して話すと、なんだかそれだけで深刻になってしまいます(シリアスは違った意味だとも思う)。
つまり「大真面目に、僕は僕であるが故に冷やし中華である」なら立派に『自分』は実存します。

だからこそ、自分の希薄な人は「私も同じ物を」と、そのチャンスから巧みに逃れます。
何を話すのか、その時にどんな心境なのか、そんな些細な所に悩みの脱出口は開かれているともいえるのでしょう。
posted by kagewari at 12:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント
>「我思う故に我あり」
思いついたことが自由な発想かどうか不明なのがやっかいです。「こうに決まってる」というルールを基準に思いついたのでは?と。

自分で考えてることが本当に自分のものなのか、怪しいのです。一時が万事その調子で、自分を疑い始めるとそこから自分を嫌いになっていきます。そして何もかもがニセモノに思えてくるのです。

その結果「やっぱりこうに決まってるから」と思考は戻ってしまいます。自由な発想はロクなもんじゃないという結論が導かれてしまいます。間違っていても「常識」は「常識」。あ、「腐っても鯛」という言葉を思い出しました。
Posted by パッセ at 2004年06月28日 16:49
自分への懐疑を発生させない秘訣は
「興味の無いとこで『我思う故に我あり』作戦を発動」することです、無関心なとこには自我葛藤も無関心なので、「ひろいもの」で自分を発見します。

その後起きる懐疑は「ひろいものの自分のヤバさに気が付いた自我葛藤の反撃」で、むしろ「後から疑わしくなったものは、最初の判断が『自分らしい事の証明』なんだ」と逆説作戦を使っていいのです。
Posted by kage at 2004年06月30日 02:31

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0