2004年06月25日

悩みなのか?キャラクターなのか?

(性格論はひとまずおいておいて)「くよくよする性格」というのがあります。悩みが多いわけでも困っているのでもありません、これは個人のキャラです。

自分は「精神的に悩んで苦しんでいる」と「私ってくよくよする性格なのよね〜」の差は何処にあるのでしょう。外見上「がっかりしている様子」にそう違いはないでしょう。
大きな違いは「自覚」です、つまり『被る』の関わり方です。

本来は悩んだりしない明るい人間なのに「今悩んでいて辛い」
まるで、何か災難に巻き込まれた(=『被る』)みたいです。
私は「くよくよする性格なので、いつも溜息がちなのよ」
まるで「自分がそんな人間だ」といわんばかりで、外側にはまるで問題が無いようです、、、

(ネガ・ポジ論への疑問と一致するのですが)揺らいでいるのは自分自身への「こんな人だ的認識の明解さ」です。何故なら思い悩んでいる人は、その前提となる『本当は悩んだりしない明るい人間なのに』を、おそらく認識していません(無意識的与件)見つけるべきなのは悩みの解決策ではなく、『自分自身のキャラクター設定』なのだ、と言えるのです。
posted by kagewari at 14:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0