2010年05月17日

昨今の奇妙な鳩山政権の安定感

こういった現象を私は見たことが無かったので最初は何が起こっているのかよくわからなかったのですが、ネット情報(特にフリージャーナリストの岩上氏や松田氏などの話を辿ると現状を掴みやすい)を総合的に見ていくと、
『それを意図したものかはわかりませんが、鳩山首相の高等戦術としか思えない意図(鳩山氏流に言うなら”思い”)が見えてきます』

ここいら辺の状況つかむのが大変ややこやしい(それぞれの情報が断片的なので)だけれど、流れと背景を追ってみると、

・鳩山首相は”おごそかなトップダウン型”で、実際のところは「まずは任せて」その結果自分が動くのは最後というスタンス。

・そんな鳩山氏も、党内の右派が給油法案の時と同様に当然普天間基地問題を沖縄県内で決着させようと考えている事を十分知っているので、沖縄基地問題は政治家鳩山個人の決意として語ったものだった。
(党内でも前原氏なり長島氏なり小沢氏より安倍氏に近いような一波が県内派でこれに反対している事は十分承知)

・小沢は鳩山政権樹立時に”党務専念”の名目で政府の政策運営からパージされていたが(これは検察の西松事件が一定の効果を挙げて小沢幹事長起用にあたって党内力学的に反対派に配慮したもの)、キャンベル米国務次官補の訪米要請が逆に党内の反小沢派を刺激したようで(ひょっとすると県内移設派を結果的に後押しした)、交渉は更に鳩山の思惑から遠くなっていき、米国の思惑はよくわからないが小沢訪米はキャンセルされた。
(この話については小沢が断ったって噂もある→小沢は最近ルース駐日米大使との会談時にも「政治の話はしない」と語っている)

・鳩山は岡田・北沢・平野(+前原)辺りに所管大臣だからと交渉を任せていたが側近には「早くダメ出しが出て首相が引き取る形で自分でやりたい」とこぼしており、皮肉な事にマスコミの鳩山政権・小沢民主叩きは鳩山にとっては好都合で(ダメ出しが早く出る)、その分水嶺が沖縄県仲井真知事の反対集会への参加だった。
この知事の反対集会の参加には非常に大きな意味があり、
県内移設の時に工事の内容によっては知事の認可が必要になるため、その知事が反対の意思を明快にする事は『事実上県内移設案全体がポシャル』事になるワケで(県内移設で交渉していた所管大臣は打つ手が無くなる)、
これを鳩山は大歓迎したって話。
 ↓
つまりその結果
「ようやく(首相)自分でやれる」

・この間実は米国サイドも沖縄というより「グアム・テニアン移設を拡大する方式」を悪くないと考えていたんだけれど、インフラ整備の予算が足りなくてグアムの知事から厳しく抗議されていた。つまり予算が足りない。
一部の評論家の間では、この動きを「問題は沖縄の移設先では無くて、グアム・テニアン移設予算の日本負担額の話じゃないか」とすら語られていて、
(つまり普天間の海外移設となれば「国内への公共投資的利益誘導」ができなくなる)
※グアム・テニアンには社民党や民主の鳩山グループの一部議員団が訪米して接触して、米国もグアムを基点とした基地再編成を戦術的に決めているワケだから普天間問題は「あくまで政治マター」。

・それはさておき、鳩山の沖縄訪問前に鳩山は小沢と会談していて何らかの打ち合わせを行っている。
この経緯は、小沢に政策に口出しできない状況を飲んでもらったのは閣内の反小沢派に配慮していたからで、基地問題が首相案件となった段階で”当然のように小沢と相談の席が持たれた”という事になる。
(鳩山・小沢体制は”閣内より”強固であることが明示された結果「鳩山・小沢体制は求心力を増していいる」)

※面白いのは、鳩山が狙ったこの状況を作り出したのはマスメディアの「鳩山政権・小沢民主叩き報道」に他ならず、鳩山はマスメディアの報道を逆手に取ったことになる。

・噂によると”人からコンクリート”に熱心なのが平野官房長官と言われている
・外務省の岡田大臣は、鳩山に近くグアム・テニアンを訪問した川内議員と関係が悪化しているらしく、官僚から「グアム・テニアンの話を出さないでくれ」という何らかの傾斜がかかっているのは事実。
・そういえば川内議員と言えば「高速道路料金・前原馬渕案」に党内からストップかけた議員で(その後党と政府の対立を収めるためにこの案件は小沢が引き取った)、小沢・鳩山体制の深層心理は”川内議員の動き”がかなり近いものなのだろうと推定できる。


■つまり民主党政権に根本的問題あるとするならば、挙党一致のために鳩山首相が動きにくい体制になっているところで、事実上『組閣に失敗した』って事ですよ。
(といっても検察の動き・党内世論を踏まえて鳩山には他の選択は無かった)

思うに鳩山は「マスコミの動きなり・世論の風当たりなり百も承知」で幹事長に小沢を指名しているであって、鳩山個人はマスコミが何を言って世論調査がどうなろうが「最初からあまり気にしていない」ふしがある。
(それを武器に党内の主導権奪取を意図している一派がそういうネタを歓迎しているけれども、いわば小沢・鳩山体制はそういう一派を相手に権力闘争しているのだから”自分たちがいちいち気にしていても仕方が無い”のは確か)

マスコミネタで言えば更に笑えたのが『Loopy騒動』で、
ワイントンポストと提携関係にもある読○新聞が大喜びして大見出しにして記事にしたんだけれども、あっという間に発言したのがキャンベル米国務次官補だとバレてしまい米国首脳部からは「おまい何やってんだ」と非難轟々で、早々に「謝罪祭りの訪日」となり、難航していた日米交渉(SACO合意改定)の開始に快諾(笑
鳩山首相としては「読○新聞GJ!」みたいな皮肉な結果となっている。

そしてみなさんご存知のように、知らない間に「日本には自民党などという政党が存在しないかのような状況」になってまして、支持率の数字はまーどうでもいいとしてマスメディアの報道が連日「民主・民主」なのは確かで(仮にネガティブキャンペーンだとしても)これ広告費としたら大変な金額ですよ。
しかも日本は社会心理的に「ネガティブキャンペーンに馴染まない国」です。
現在はマスコミ報道は意図のあるものではなく「ニュース報道」だと本気で信じている人がいるからブーメラン効果が起きていませんが、一度そこに疑問が発生したらオセロゲームのように逆さまになってしまう”危険なゲーム”なんですよ。
 ↓
「5月には政局、小沢・鳩山体制を失脚に追い込める」という思惑が外れて、
急速に”ビビっている”。
(仮に去年の西松事件のようなブーメラン効果が又起きたら大変な事になってしまう)

突然マスコミは「どうしたらいいのかわからなくなり」、

そんな最中にとんでもない話が登場した。
『例の野中発言』
そして(関西では深夜の放送となったようだけれど)テレ朝が突然検察批判に繋がる大事件『三井環事件』を「鳥越ザ・スクープ」の特番で放送した。
http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/
 ↓
気がついたことをメモしておくと、
なんと某ポータルのTV番組表では「タイトルの差し替え」にも疑われる掲載され方をしていて(内容のトップは『三井環事件』なのに番組表の副題は三井環事件では無く次のテーマである”岩手少女殺害事件”の方で表示されていた)
これが配信側の朝日の要請なのかポータルサイト内部での編集なのか不明、
何だかんだいって、この放送もマスコミ内部の混乱の中で放送されたものと考えていいでしょう。
(野中発言が間接的な援護射撃になっている)
似たような現象が本家の日○テレビでも起きていて、検察批判の急先鋒である郷原氏(ほとんどの局がTV出演させない規制を引いている)がさる偏向番組(ぶっちゃけ意図的に鳩山・小沢体制潰しに偏向)から出演依頼があって、なんと発言がほぼノーカットで放送されている。
 ↑
皮肉な事に関西では同時間帯の人気番組で、『野中発言(官房機密費をマスコミ対策として裏金で渡した話)』がテーマとして取り扱われ、
番組趣旨は”野中発言何するものぞ”だったと思われるんですが(ネタがネタだから到底そういう誘導は無理)、結果として「あーそうなんだろうな(金がバラまかれている)」と視聴者は受け取ったでしょう。

マスメディア全体で(砂漠の嵐作戦でパウエル辺りが論じた)「撤退戦略」をもっていなかったため大混乱に輪をかけている。
※逃げ出したいんだけれど逃げ方がわからないかのように、


これを俯瞰で見ている鳩山首相が自信満々で随分機嫌もいいらしいと。
(彼の中では「後一手で詰み」という判断があるかもしれない)
小沢もマスコミを嘲笑うかのように「政倫審での説明」の一手に出て、
検察とも歓談(三回目の事情聴取)。
(このニュースもどう報道していいのかわからなくなっている→詳しく報道すればするほど小沢疑惑なるものが存在しない話になってしまうだけでなく、市民などと紹介されている小沢攻撃の急先鋒が極○勢力らしいという噂で、、、このまま行けばマスメディアは本当に逃げ道を失いかねない)


そこに『奇妙な鳩山政権の安定感』が実現していると、

・生方某もどこかへ消え
・偽黄門と言われた御仁の発言もニュースとは言えなくなり
・前原氏周辺は失脚寸前で
・小沢幹事長にはトヨタが付き(曖昧な協力関係の中)
・ナベツ○氏の仕掛けは軒並み失敗し
・枡添の名前もどこかへ消え
・沖縄基地問題を報道すれば報道するほど鳩山を応援する形になり
・今日も空しく「支持率下落」の世論調査を報道するだけ
・報道の公正さにおいて流石にヤバイところから睨まれそうで
・任侠政治家野中さんの本当の真意は謎のままだし
・ついにマスメディアから石川議員の発言が報道されるようになり始めた


そしてジャーナリストの松田光世氏の情報によると
「16日、ホワイトハウスでオバマ大統領と北マリアナ連邦のベニグノ・フェテル知事が会談した。詳細はまだ伝わってきていない。ただ、フェテル知事は今週中に鳩山首相との面談を希望しているという。オバマ大統領が知事に鳩山首相宛ての親書を託したとの情報もあり、確認中。」
http://twitter.com/matsudadoraemon


さてさて、どうなることやら。



参考:ジャーナリストの岩上安身氏のtwitterは以下
http://twitter.com/iwakamiyasumi


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

posted by kagewari at 15:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)




kagewari01
タグクラウド
RDF Site Summary
RSS 2.0