2009年01月14日

経済ニュースから見る心理学

経済学そのものが心理学だと捉えていいぐらい両者の親和性は高い。
経済分析における「所得(消費)・投資・貯蓄」なるモチベーション(キャッシュ)の移動は現実における心理的な予測によって流動性を保ち、経済が右肩上がりで急成長する時には『白物家電』のような『共同幻想』が仮想常識化する等「心理学的な”現象”を観測する指標として経済分析がかなり有効」というのがほんとのところに思う。

ニュースを聞いていて一番「いい加減にしたらいい」と思うのが『景気観測』だ。
これってねぇ
「みなさーん上機嫌ですかー」と聞いているようなもので、それを世論調査で(この場合も統計学的な客観性が”質問構造”で保たれているのかも怪しい:誘導尋問)ニュースの形にすると「いかにも情報のようなもの」になるんだけれど(これを権威性をバックにするマス・メディアが流すと→妙にお墨付きが付く)、この情報は半分『強迫情報』のようなもので、株式市場における”観測(これはアナリストが好感等と観測するのが端緒となる)”とはなんというか業界筋的な方向性が違う。
株式の場合市場の動きを個人人格分析するような見方を持っていて、「市場という個人がいるかのように」”市場が好感”等の言葉を使うんだけれど(ここの認知の方が共同幻想の実体認知にかなり近い)、マスメディアの世論調査における「政権支持率のような現在や過去における実体のある具体的対象の世論ではなく」→将来予測を前提とする「景気観測とか雇用情勢等」この辺の報道が結果『強迫情報』のように(マス・メディアそのものが潜在的な権威性を持つ)なって、特定のニュース報道における”事実関係(調査自体は事実だけれど)”のようになってしまうのは、それこそ経済分析的には賢明な株式アナリスト辺りから見れば『風説の流布』に限りなく近くなってやしないか。
ニュースというニュースを「事実認定の構造壊れていないか」等とチェックするほど暇じゃ無いので、この実態がどうなっているのかまでどうこう言おうと思わないけれども、「数字の取れる煽り」とか、特に民法や新聞媒体ネットにおけるポータル等だと「スポンサーの広告」等の関連(ここはジャーナリズム的自主性であるべきところ)で”無意識に傾斜”している事は無いだろうかって、
ここ膨大な個人の無意識がそうであるように、『その崩壊によりカオス化した共同幻想の残滓』のような形で、バラバラになった分小規模化しつつ強迫化しているような感じがどうしてもつきまとっている(むしろこの辺の”リンク構造の怪しさ”はネットの方が強い)。

話を経済に戻すと、
昨今の世界的金融危機の引き金は北米の『サブプライムローン』だけれど、言ってみればこの金融商品の根拠そのものが『ガセネタ』なんであって、このネタ振りは個人心理学における『強迫構造のネタ振り』と非常に近いものがある。
て、ことは経済観測ってかニュース報道においても「確かにその世論調査はやったんだろうけれど、報道全体としてみたら”ガセネタ”的なネタ振りになってないか?」な着眼が無いと、ついうっかり無意識に強迫的発想に囚われるのと同じパターンで
「あら〜大変ね〜○○なのね〜」
みたいに”ステレオタイプな鵜呑み”がこれ結果として起きちゃうんであって、

どうにもね〜
社会心理学的には「これもどうにかしなくちゃいけない」テーマであるのは間違いない。
posted by kagewari at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



タグクラウド