2024年07月09日

”社会適応者”達の認知構造(記事リク補助用に記事として起こしておくことにした)

「ブス《附子》誤用論」はその代表格かも知れないけども、
https://kagewari.seesaa.net/article/500401218.html
基礎的に、『共同幻想』社会適応者の現実認知は偏ります。
 ↑
■偏らずに”適応者”になることは不可能だからです。
”適応”とは人に合わせるということで(予定調和)、個別性などの認識は重要視されません(社会心理のことになるので)全体としてどうなのか?その認識を多数で共有可能なのか?が重要になります。
個人的趣味性を”適応元”にすることは不可能ですからね。
(「マスメディアの論議VSマニアの専門誌」そのままです。勿論”適応社会”の論議としてハマるのがマスメディア的論議なのは言うまでもありません。)

簡単に言っちまえば、細かい事や難しいことや個別性が含まれてはいけません。
端的にいって”適応社会”にとって個性は悪であり、
日本の採点評価『偏差値』がどれほど”適応社会”で好評だったのか考えればよくわかると思います。
※『偏差値』:元中学の理科教諭桑田昭三氏が進路指導の指標とするため発明

わかりいいとこで、「ブス《附子》論」で言えば、
(美人も極端な個性で偏差範囲の埒外ですから)
美人女優として有名だった木の実ナナさんは、あまりにも外国人顔であったため(出生地などいろいろありまして)子供時代は当時ハーフの蔑称だった”あいの子”と呼ばれ激しいイジメにあっていたそうです。
『偏差値』の俗称は「平均的、平均以上、平均以下」などの概念指標として広まっており、個別性の評価には適していません(数値化できないため:一点ものの価値《個性》は相場から離れる)。
 ↓
つまり”適応者”の俗に言う価値観は「平均(最強多数に共有可能な)」をひとつの指標にしており、これが彼らの常套句でもある「普通」を意味していたりします。
(本来の『偏差値』は母数の多い中間点の平均値を測るものではなく、自分の学力に応じた志望校を判定するものなんですが、「平均最強、普通こそ普遍」みたいな概念に結び付いていった。
※典型的な用例でもある「顔面『偏差値』もブス論同様に誤用であるのがわかりますね?」←しかも暗韻として踏まれているのは「ヴォリュームゾーンの中央値を普通の価値基準とすること」であり、美人評価の指標では無い(簡単に言うと「平均以上」を指標にしている)。

■時にこれが極端に転じて謎ワードが登場します。
「僕は普通でしょうか?」←ほぼ言語として崩壊してますね、
素朴に常識的な国語で読解しようとすると→「何言ってるのかわからない」
まず確認が必要になります
「その普通は常識的な意味のことですか?はたまた『偏差値』認知の中央多数のボリュームゾーンこそ正義(数学界の”適応すべき予定調和数式”)みたいなイメージですか?(そもそも造形を数値化して関数でグラフにするとか不可能ですが)、はたまた「最近どう?」みたいな”適応者”特有の調子のいい話のことですか?」
 ↑
ちょっと解説すると、
普通も何も、誰もが人類ヒト科であり「あなた普通の人間ですよ?」
(魔物とかそういう風に見えません)
「いやそうじゃなくて」
「じゃあ何が言いたいの?」

そもそも数値化して関数グラフに乗らないものを『偏差値』的に考えることは不可能だから。

●逆説的に言えば、趣味性や個別性の高い事象には「ブス《附子》論誤用」みたいな話は最初から登場しません。
昆虫採集の専門家が珍しい個体を発見して「これはブスだな」とか言いませんから。
(勿論、人を性の商品化として見た時の競争力みたいな話は一部可能ですが《この段階で差別的なので現代で表立って言える話では無い:ポリティカルコレクトネス》、私が女衒などの風俗の人買いだとして、どう思うかって《類似に芸能事務所のスカウト》、これはもう一般論ではありません。←むしろこの世界では一般的という意味が”素人”として語られる。)

私は「この世にブスなどいない」とか左翼みたいな綺麗ごとを言ってるのではなく、
本質的意味は語源の《トリカブトの根:附子》「無表情、不愛想、物調面などのこと(略して言えば”笑顔の無い様”)」であって、
でなけりゃ「愛想笑い」なんて言葉はこの世に無い筈です。
そして美人なんてのも想定外であり「基本誰しも一般素人(普通)だ」が”適応者”に期待される認知の本質です。

上記の認識は”適応者”の一般論であってだな、
(変な言い方になっちゃうけれど、”適応者”を相手に好感度を上げるなら笑顔で十分ってこと)
性別でもそのイメージは若干違ってきますが、性別に分類しただけで(ちょっと分岐しただけで)もある種個別性のフラグが立つからだろう、
※男性におけるカッコつける様に「ニヒルで無口(笑顔の反対)」なんてのがあるのは何故だろうってさ、男性社会には「血で血を洗う競争社会」みたいな「勝手な男社会のイメージ《男性誇示:マチズモ》」とかがあるから、←しかしこれは男性社会におけるカッコいいであり、男性営業マンに置き換えれば男性でも好印象が笑顔であるのは同じ。

→続きを読む

posted by kagewari at 16:28 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド