2024年06月17日

微妙に日本のプロ野球史は戦後日本の変化を先行して表している(1)

※こんなん興味ある人一部だと思うが

特に注目すべきは(俺が個人的に贔屓してるのもあるが)古田会長の指揮の元でプロ野球選手会によるストライキ敢行と、セ・パ合同10球団1リーグ構想を潰したことだ。
 ↑
この10球団構想を主導したのは読売グループの総帥ナベツネであり、
御存知かと思うが、読売と日本TVは戦後CIAの指揮下にあったことは歴史的事実であり(正力松太郎で検索してくれ)、何もこれ特別なことでは無く戦前保守派の公職追放を主導したGHQに協力するってことは、どこもかしこもこの形で生き残らざるを得なかったのであり(戦後日本の大学組織が極端に左傾化した理由でもあるが、この現象は母国米国アイビーリーグにもおいても起きており日本の敗戦だけが原因とも言えない)、世界の既得権層というのは多かれ少なかれそういう傾向にあった。
 ↑
これに対して、プロ野球選手会は(プロ野球選手は個人事業主契約であり労働組合というより中小零細事業者による組合が系列親会社と対峙する関係にある)「体育会系出身の脳筋適応系選手がだいたいいいなりになるだけ」という組織であったが(だから契約に弁護士などの代理人契約することだけでも大揉めになったほど《バカは言う事聞け風土が厳然と存在した》)、
有名大卒選手がスポーツ特待リクルート推薦が多い中で、
古田敦也は異例の普通受験の普通入学(立命館大)からのプロ野球選手だった。
(※この点インテリで各種資格を保有していたサッカー選手の中田英寿と被る部分もある)
言えば、古田は自らが引退したら代理人でもやろうかって人材であり、
彼が個人で『単独者』として、戦後プロ野球界で戦ってきた野村克也監督の弟子であったことも、歴史的な何かである。

<以降陰謀論含めての話になるので”話半分で聞いてくれ”>

造られたアイドル的に言えば(これは後のジャニーズでもある)
戦後、力道山から美空ひばりボクシング人気と巨人軍の王長嶋
国民的ヒーローなど何かの演出無しにあり得ないものであり(当時はラジオや街頭TVしかなかったんだから)、プロ野球界においてパリーグはセリーグのための咬ませ犬とは言わないが長年日陰の存在だった(親会社の節税対策みたいなもので社会人に近かったかも知れない)。
野村克也は何も陰謀的なことを知る由も無く、貧乏な出身であったから「ただ生き残るため」だけに切磋琢磨してきた選手であるが、彼がどこかにカチンときていた部分には「違和感というか何かがオカシイ」(それが何かはわからないが)彼固有の理解があったからだろう。
後に彼が再婚相手とする 野村沙知代のいかがわしさは戦後日本そのものであり(彼女は俗に言う米軍相手の風俗嬢上がりと言われてもおかしくない境遇から這い上がる)、夫婦ともどもこの戦後社会という掴みどころの無い怪物を相手に(『共同幻想』論の登場は1968年だ)、貧しい生れの個人が才覚だけで戦ってきたという稀有な人材であり、
言うまでも無く野村選手時代は「プロレスで言うとこの悪役(ヒール)」として重宝されたというか、泳がされていたに近いものだった。

それが大転換したのは古田敦也の存在だ。
(南海で確固たる地位を持っていた野村だが、沙知代との再婚がらみの鶴岡御大との確執から南海を追放され浪人していたのだが、本来ナベツネに解任された長嶋を監督に迎えようとあれこれしていたヤクルトからふいに監督の話が舞い込んだものを《故にヤクルトは後に長嶋一茂をドラフト指名する》、佐知代が尻を叩いて受けされた流れがある。)
はっきり言って、捕手として古田の能力は野村を超えており、
野村監督の元で台頭した古田は「戦後の筋書きを個人の能力で書き換えた」
読売ナベツネは(FA時代の到来も梃に)、長嶋との和解の後に再び巨人軍の黄金時代を予定していたが、野村ヤクルトの存在はその筋書きを「個人の力で覆した」。
ヤクルト黄金時代というトンデモが登場してしまい(それが戦後レジュームへの挑戦であることも知らずに)、

→続きを読む

posted by kagewari at 23:29 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド