2024年03月01日

『限界効用』の意味は大きい「欠乏は満足を高めるからだ」(2)

 あ た り ま え だ 所詮全員人類ヒト科だから(笑

仮にもの凄い脳でトンデモなドーパミンを出せるのだとしても、
今度はそのドーパミンに『限界効用』が発生するので(受容体もドーパミンインフレに対応してしまう)正比例で”快感代謝”が増大することは【無い】。
「アル中患者の虚しい泥酔」みたいなこととなる、
中毒性から禁断症状にも至るが、これは1で説明した「例外事項の生存を損なうほどの欠乏状況」を逆転する反動形成で、自作自演したもので、
「先進国の豊かな生活も文明も捨てて原始時代に戻りたいのか?」という事態に陥ってると理解することができる(そういう趣味ならともかく、嫌ならおやめなさいよと)。

ある意味薬物中毒の離脱リハビリも『認知行動療法』なワケだから、
(車で言えば、改造でくっつけたターボチャージャー外しましょうねということだ)
(※ひょっとすると《俺は別に詳しくも無ければ推奨もしてないが》アドラー心理学の自己責任論の根拠も同じようなものかなと思うぜ。)
 ↑
■現実との関係性において重視すべきは
「今、俺は何やってるのかの理解に他ならない」

言うならば「強迫心理」とは、「物語のイカレタ設定集」のことであり、ドン・キホーテにおける「水車を怪物だと思った」←こういう設定のことだ。
水車に立ち向かうドン・キホーテは「自分が何をしているのかという局面で、怪物と戦ってると思っているのだが(本人がどんな理解をしてもそりゃ自由だが)」←現実との関係が破綻する。
ファンタジー世界の住人になるってことです、
現実世界に帰ってきたいのであれば、何をやってるのか知ることです。

●さて、これはまた別に現実認知論において、人の認知はほとんどVRだと説明したことがあります。更に、松尾芭蕉が詠んでいるものは何なのか?
宇宙の動物全ての認知において、”そのまま現実を認知することは不可能”です(脳内で何らかの解釈を行う)。更に地球上の生物でわかっていることは、脳が各種五感などから得た電気情報信号から必要なVRを展開し、それを当事者が現実だと認識する生命構造なってますから、
「リアリズムや、リアリティー」或いは
芭蕉が「現実が表す本質を十分に言葉で表現できていないもどかしさ」みたいな部分、
これは、「決して到達できない”そのままの現実”に、以下に自分の脳内シミュレーションをリアリズムやリアリティーを担保する手法で近づけるか」ってことで、

人類ヒト科に限らず、あらゆる生物は「一歩間違えばあっちの世界の住人」なっちまうんです。
(※これの対立概念が「地に足を付けた」などと呼ばれる記号)
 ↓
「リアリズムやリアリティーを担保する手法のひとつが”論理性”なのよ」=自我を構成するロジックのことだ。言い換えれば自我とは、「不十分ながら現実を語る者」のことであり、
論理性がギリギリ当事者と現実との関係を繋ぎ留めいてるのさ。
そして論理性は手法のひとつだから、芸術性や芭蕉のような抒情性や他にも手法はあるだろうねって(後者の場合自我の構造がかなり拡張してると思われ)。
論理性とは現実を言葉で表す写術表現のようなものさ。

だから「描けるか?」ってのはスゲー大事だ分水嶺だと思うし、
箱庭療法に限らず、児童がトンデモ抽象画のようなドスグロの絵を描くと「この子大丈夫かしら」と周囲は心配するだろ?(何かのトラウマが表現されているのかしらとかって)
■これは実験したものでも、統計エビデンスがあるのでもないのだが、
”適応者”の絵は丸三角四角だけの「8ビット”イラスト以下」が一般的であり、
「君達は本当に現実世界の住人ですか?」が転じて『共同幻想世界の住人』と解釈しているのさ(その世界のかきわり背景は4ビットだみたいな)
 ↑
あくまでこれは比喩表現で(絵だと比較しやすいから)、
言語認知としてもこれぐらいの差異があるってこと。

「自慢話では無いが、俺は『有料相談』の返信で、8時間あれば2万文字ぐらいはアドリブで書ける(400字詰め原稿用紙50枚)」←”一晩で卒論かよ”と思う事もある。
脳のテーブルに展開してる情報量がそれだけあるということで(頭いいとか言ってないからなww)、絵画に表現するとかなり微細な解像度で捉えているっことです(書くこと多いから文字数が多くなるだけ《デッサンの手数が多いのと同じ》)。
ところがどうだ、”適応者”の場合?
「はい、この件で意見ある人は挙手して」→”シーーーーン、、”(文字数”0”)
(”適応者”個人に能力が無いとかの話では無くて「能力もろとも自分を捨ててる」。これを心理学的には「自己の「抑圧」」と説明してるのだよ。)
”適応者”自我の場合、リアリズムを『共同幻想』が保証するので、これに適応することで個人は何もやらなくてもいいシステムになってる。
(「普通そうでしょ」で終わり《”適応”しているので「どうしてなのかは知らなくていい」》)

→続きを読む

posted by kagewari at 19:05 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド