2024年02月12日

リクエスト関連((猫の)またたびさん「だったらネコに学ばないと《真面目な話》」)

<あー生活保護んとこ忘れてた、末尾に追記>
<少々細部校正と加筆、更に一部加筆>
<2/13とてもわかりやすい説明思いついた「どこぞに追記」「どこぞに追記2」>

(猫の)またたびさん
>他の人は複数の友達に依存先を分散させてるから一人に執着しないと言ってましたが、私は元々友達や恋愛経験が少なく、やっと出来た恋人に依存しがちになるのかもしれません。若い頃よりも年を取るにつれて切り替えがさらに難しくなってます。若い頃にもっと遊んだり、恋愛経験もあったり、友達が多ければここまで依存しなかったと思います。それが何らかの投影だったとしてもなかなか元彼のことを忘れられず、どうして良いのでしょうか?それと近い将来生活保護制度が破綻する話は本当でしょうか?引きこもりの身内がいるので心配です。

■いえいえ違います(「知人の話」は規約違反です《ガチ取り巻きじゃん》)
あなたの知人は現代オワコンの”適応者”で、
仲間は誰でもOKの世界に依存する生き様な人だってだけです。
(元ネタは中世から近代の”村社会”)
誰でもOKがルールなので(そもそも個人として実存しない:”常に仲間の誰かAである”)、分散も何も自分すら固定できない人格構造なんです。
※現代社会的にはブラック派(昔で言う「体育会系」ですよ)

そもそも性行為の回数で何かがどうなったら大変ですww
(回数じゃネーだろ《レディコミ作者や風俗嬢志望なら別かもしれませんが》)
戦前は婚前交渉無しで『縁談』嫁入りそのまま生涯夫だけとか普通だったのであり、
(祭りの酒池肉林の”間違い”はノーカウントとする)
なんですか?
婚活する時に「男性経験10人以上じゃないとダメなんですか?」
(なんかそれ違うと思うぞ、、)

●それから
あなたの知人は現代オワコンの”適応者”には「同調圧力の仲間がいるだけで(彼らはそれを友人だと錯覚している《文科省が小学校で誤った教育するからなんだが》)」、彼らには友人がひとりもおりません。
そもそも友人というのは、何にも依存しない自立した個人が1対1で酌み交わす信頼のことであり、「ひとりで何もできない奴には誰の友人になる資格もありません」=”適応者”は全員失格なんです。
(※だから旧世代の権力闘争を描く場合「家族以外は信用できない」と血縁での後継指名などがあれほどまでに優先されるんです《典型例「一族経営」》←”適応者”にとっての友人とは「信頼できない交友関係」に留まるんです《例外は幼馴染ぐらい》:そもそも”友”の語源は「二人が握手し誓いを立てる様子の記号」と言われてますから”適応者”の友人とはソレじゃないってことですよ。)
 ↑
わかりやすく言えば、プロ野球などで「宿命のライバル」などの対決ありますが、
この時に、バッターボックスに誰だか知らない選手が手取り足取りズラズラ自称友人が連なって(悪霊じゃあるまいし)二人羽織みたいなことなっているとしましょうか?
「ふざけてんのか」と思いますよね(これ対決?)
 ↓
現実社会だとこうなる
「なかなか面白い奴だな、こんど一杯やろうか」と誘ってみたところ、
誰だか知らない自称友人を3人4人と連れてきて、、、←「これどうすればいいの?」
 ↓
※しかしこれ、”適応者”社会だとそうなるんです(「抜け駆け禁止」と言います)、今度どうですかじゃなくて、いきなり「村の振興会あるからの、君も顔ださんかい」からの「常にナントカ会」という群れによる団体行動イベントに参加することになる。←ここで内緒で誰かを個人的に誘うと(「内々に」「内密に」とも言いますね)裏切り行為になります(それが異性関係の場合は全員にどこかでカミングアウトしなければならない=だから結婚式ってあるんです「僕たちは今から性交します」ってプライバシーの強制共有=子供時代の写真まで暴露されどういう週刊誌なのかというプライバシーも許さない会合《出席者全員が帰り道で「今頃どこまで?」》←いじめのわいせつ画像をSNSで拡散ってありますが、存外メンタリティーには共通するものあるかもしれない)。
 ↑
●現代社会ではこれ「ブラック、パワハラ、セクハラ認定」となっており、『非婚・晩婚遠因のひとつ
(お葬式が縮小しているように、”適応者”の結婚も小規模化していくでしょう「ストリップ小屋のまな板ショーじゃあるまいし、、」)
※ちなみに私は子供時代の西部劇で(現代では差別用語らしい)インディアンが写真撮られると魂抜かれると迷信めいた理由でそれを避ける様にヒントを得て(何の着想だが忘れちゃたんですが「記念撮影というモノのいかがわしさ」に気が付いた)、「以来、ブログ含む身分証明を例外に私の写真は50年間で例外事項の2枚しか存在していません」(しかも所有はどこいったかわからない1枚だけ)。

■あなたが何を錯覚しているのか知りませんが、
現代社会ではあなたの知人はカルトな少数派であり(悪く言えば田舎のDQN)、
あなたの略歴として、既にどこかのセクトでブイブイ言わせてるのではありませんから、
現代の一般的人格「歩留り個性派」だってことになります。
(※”適応者”ってのは、気がついたら既にどこぞのセクトに適応している人のことだから)

→続きを読む

posted by kagewari at 11:53 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド