2024年02月07日

社会構造から見える人格構造の背景(連動性あるから)

■『共同幻想』適応社会の衰退と崩壊は、社会学の巨人テンニースの提唱した「社会進化論」の延長で解釈したものだ。テンニースの社会進化論ってのは産業革命期に起きた「地縁血縁社会《ゲマインシャフト》から、経済合理性による世俗社会《ゲゼルシャフト》への転換」。
就労構造で言えば「農奴から工場労働者、そしてホワイトカラー」
<テンニースの続きを考えると>
そして「あの文科省まで舵を切った個性化社会《ゆとり教育》」
※文科省まで動いた背景は、これは情報化社会の中でイノベーションを起こすアイデアは自由な個性的人材が求められたのだろう(俗に言う「大谷世代の登場」)←中国が先進国になれない理由に「政治的に民主化しないと自由発想の経済にシフトできないから」ってのがある(パクリを続けている間は論理的にも先進国にテイクオフできない《自分で自分をコモディティ化する矛盾》:コピー品の大量生産しかできない)

ってことはさ(ここんとこ記事リクでよく出てくる話だけど)
「時代変遷だけでなく、地域差もある」ってことだ
(ベタに言えば田舎は時代遅れなのだから《地方はインターネットへの関度も低い傾向あるんだよね←理由はまさにメンタルだと思う》)
今回はこの辺の説明です、

主な切り口は3点
■1)「社会的ダーウィニズムとノスタルジー《『共同幻想』論》」
次の項で出てくるけど、現代では”弱肉強食、適者生存”で知られるダーウィンの進化論及びこの競争を社会に適応しら「社会的ダーウィニズム」は学会的には否定傾向なのだが、その根拠が「棲み分け論」。←読めばわかるとおりで、「存在知られていない場合競争にもならん」よね(ガラパゴス諸島に希少種が残ってるとかが始まりだったかな)。
 ↑
言えばこれ不動産の話じゃん、地域性だよ、
「社会的ダーウィニズムは人類普遍の法則では”無い”が、場所によっては強く出る」というもの
【それが地方だよ】
仕組みは簡単、農業他定住する固定的地権者がつば競り合いする環境にある。
わかりすくするため、先祖伝来の土地から引っ越しができない設定とする。
逃げ場所が無いのだから些細な事でも厳しい争いになる。
(典型例:不動産所有権における隣地や公道との境界線争い)
闘争に勝つためには?或いは生き残るためにすることは
「軍団を結成し多勢になることですね?」
見方変えれば「内輪同士の争い」(閉鎖的社会の中で逃げ場所も無い)。
 ↓
土地持ちや保守性は=個人の自我なら「ノスタルジー」『退行化』フラグじゃん
時間の流れに逆らうように”過去を権威とする”(先祖信仰)
時代は高学歴化の『共同幻想』崩壊時代だってのに、地方では『共同幻想』適応社会が”崩れ”として残るワケ(不動産環境による闘争や競争力学的に)。

●なんの工夫も無くそのままだと、いずれ人口減と高齢化からの限界集落になっていく
滅びるまでの間は、どうしてなのか?と定義する上位概念との関係が時代の変遷で切れたまま、”崩れ”として末端組織の”濃密な適応社会人間関係”だけが(後継者を失い消滅するまで)ズルズル残るだけとなる。

●俗に言う「村おこし」などのリビルドは、正体『単独者』の”保守系再選択者”によって、「未来に向けて守るべき伝統」ってのが”再発見”された場合なの。
割と有名な例だと「茅葺き屋根の集落がこれほど残っているのは世界でここだけ」など”価値の再発見”さ(これは『共同幻想』をネタバレしてこそ発見できる)。「この伝統を守らなければ」とかなって初めて、職人とかにも若い後継者が登場する(場合によってか後継者が外からやってくる)。
『共同幻想』を構成する上位概念権威を再発見するので、この関係が切れた前述の”崩れ”とは全くの別物。
しかも、「未来に向けて残すべき伝統(幻想から文化へ)」なので、『退行化』フラグも無い。
 ↑
今後も地域性が残るって形は、「その地域性を個性に変えて」という上記プロセスのことさ。
”再選択者”による地域に特化したリーダーシップを持った少数のグループ。
(場合によるとこの集団が”崩れ”を率いる形で救済する可能性はあるかもしれない)

※勿論地方でも県庁所在地圏は都会には違いないが(北海道の場合人口の6割が札幌経済圏に暮らす)、地方の県庁所在地の歩留まり率が全国平均ぐらいと思われる(大阪や東京の歩留まり率は田舎と10%地方県庁所在地と5%前後の差をつけて前衛化していることが推測されるため)。

→続きを読む

posted by kagewari at 11:00 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド