2023年09月30日

「歩留り」達の憂鬱(俺もよくワカランのであくまで推論)(1)

俺は予想屋じゃないので、未来のことをあれこれするのは好きでは無いのだが、
記事リクでも規約記事に見られる現代「歩留り」世代達のことがよくわからないというか、掴みどころが無い状態で、結果『退行化』が捗るみたいなことなるのも困るので、
現在進行形の範囲と(政治や政策の今後はある程度予測できるので)政策の動向など踏まえて、現代の「歩留り」達が、「恋愛幻想」崩壊”幻滅”後の社会に何を模索しているのか考えてみよう。

<結論の出ないネタなので、、長くなりそうだ>

1)「恋愛幻想」のネタバレ
正確に言えば、元ネタは結婚願望であり、時代に応じて変遷しているものなのね。
近代までは(《サブカル都市の上方と江戸を例外に》エロもなければ子供も労働する時代で暇も無しで)恋愛なんてのは近松の話に出てくる”物語”であり、「大人の性=結婚」だった。
結婚願望は女子だけのものではなく(「そろそろお前も身を固めろ」にあるように)男性も結婚して所帯もって一人前とされ(場合によると出世に響く)←暗韻は「《性の欲求的に安定した状態にしないと》『賢者モード』になれないだろ?=仕事に集中できないろ」の意味もあったかもしれない。
※だから近代までの歴史では(性と結婚が同じ意味だったので)結婚年齢10代とかザラになる(イランにおける女子の結婚可能年齢は12歳だ)
 ↑
明らかな「人権侵害・女性差別史観時代」を近現代発明された民主政治で考え、改善しようと編み出されたのが
(ウーマンリブを例外に、全否定ではないので啓蒙や革命とはちと違うと思う《見かけ上無難なものにシフトさせようと試みた》←勿論この狙いにはリベラル派が保守『宗教』権力《及び結託する政治権力》などを弱体化させようという意図があったのも事実だろう)
 ↓
●代案が、近現代からの「自由恋愛」
(当時、結婚を前提としない性行動を否定していた《不純異性交遊》教会権力やら保守派がこれに《不道徳であると》抵抗したことは予想つくよね=旧結婚制度の既得権益者だから)
日本でもこの「自由恋愛」の解禁は大正時代に端緒があったようにも思うが、歴史的には主として占領軍GHQによってもたらされた。
(不純異性交遊との違い?常にギリギリってか、全部グレー《「自由恋愛」の概念は単に近代への批判であって「これが『自由恋愛』ですよみたいなコンセプトは無かった」のさ》:故に関連する映画などの表現は”常に問題作”となる《上映禁止で裁判になったりな》←注目すべきは日本ポルノ映画界が前衛監督の登竜門みたいな存在だったことだ。)
 ↓
戦後の日本では、突然(前の時代から言えば街娼みたいな)ミニスカートの女性達が溢れた(明らかに「それじゃない」よね)

●どうして左翼のコミューンや左翼系演劇部などがフリーSEXまがいのホニャララになるのかってのも、前段括弧の「反対した保守」と対峙させれば意味がわかると思う。
(ある意味さ左翼って保守が反動で逆さまになったようなものなので→「フリーSEXの着想が、『共同幻想』適応社会における”仲間は誰でもOK暗黙ルール”」を地でいったものであることがわかる。)

<長くなるのでウーマンリブほか女性解放闘争の歴史は省く>

2)何もしなければ出会いなど無いのが普通
(そもそも赤の他人に唐突に声をかけるとか《何かの『縁』も無しに》マナー違反なので普通の人はやりません)
GHQが奨励したか知らないが、
やおら登場したのが「GOGO喫茶(後のディスコ、現在のクラブ)」
短いスカートで煽りまくって、客を(じゃなかった)男を誘う習俗の中でビートルズなども登場してですね、「大人の支配層(不純異性交遊は禁止だ)に対抗する青少年の反抗(戦争に負けたんだよ、自由にSEXしちゃおうよ)音楽」みたいな構造となる(戦前の結婚制度保守VS若い人の自由恋愛《暗喩フリーSEX》でみていくと、後にロックミュージックがヒッピームーブメントとなり《そこまでやるかと》左翼化してやれドラッグだと、、、よれていくルートも見えると思う)。

騒ぎは大きくなるが(流行の「自由恋愛」のつもりが、気が付いたらゲバ棒持って機動隊に突撃していたり)、何かこう詩的情緒のある恋愛と違うだろ?「話が違う」みたいなことになり(笑
(米国東部ではシングルズバーなど余計めんどくさいことに、、)
※若干”フリーJAZZのジレンマ(やってみたら全然自由じゃないって奴w《無秩序(カオス)と自由(フリー)はちがかったって話》)”に近い失敗に陥ったのかもしれない。一部の政治論議にはアナーキズムも無政府を意味しないって話もある。

→続きを読む

posted by kagewari at 18:18 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド