2023年09月06日

犯罪論で触れてる人類ヒト科と道具(武器含む)の話だけれど

これさ男女問わず誰でも「バッキューン!」ってふざけた指で銃の仕草とか、
弓引いてのポーズや、ボクシングなどの構えって(日本人なら空手風も)、
ほぼ自然にできるようになってないかい?
【俺はアンチ・ユング派なので集合無意識論とか全否定だが】
記憶が遺伝するとかそういう話では無くて、
(”ネタバレ崩壊する意味が無い”ということで幻想では無く「文明」に近いことかしら)
文化や習俗他、民度などとしても語られる現代人類ヒト科の合理的知見と言うものの中には、これ無数に類する表現や仕草が含まれており(言語も習俗も子供は自分で発明できませんから)、

道具(武器含む)を使う種の末裔であるのは事実で、
犯罪論で説明しているように、動物行動学的には「一撃必殺の牙を持たないサルの場合、本能レベルで同種への攻撃を抑制する機能が存在せず《脳を外部から制御するほどの絶対の降参ポーズが無い》」、結果として容易に同種を殺害できる珍しい生き物になっているワケだが、
同時に、道具を使うことは生存する上で必須のスキルであって(この操作習得と前頭葉の活性化は強い関連性がある《脳を損傷した時のリハビリ》)、人類ヒト科である存在証明でもある。

そこを(この習俗というのが幻想ではなく「文明」だとする場合)合理的に使用してこそ人類であって、「どこから考えても割に合わない犯罪なんてことをするのはバカの仕草だ」というのとセットなんだわ。
【道具を使う=前頭葉が発達する=自意識の考える力】だものさ、
 ↑
意味ワカランですか?
「道具を使ってバカみたいなことをする」←この言語が矛盾してんのさ、
(道具を使うことで、人類ヒト科は脳の前頭葉が発達してんだもの)
「バカな事をするのは、道具も使えず前頭葉が発達していないから」←でないと不自然だろ?

■思うに、だから法治国家においては犯罪は厳罰なのさ
「考えられないほどバカだからだ」=存在してはいけない(というか論理矛盾しているので”存在している筈が無い”)→「よっぽど何か面倒な論理で無理やりやってるだろ」=そこまでして犯罪やりたいかって帰結になる。→それはほぼほぼテロだよね(文明の否定)?
文明の否定を設定にして、自分では発明できない文明の力(道具や武器)使って犯罪しようなんてのは、市井でカタギやってる人の努力を”悪用”しているのだから(それを悪と定義できる)、
 ↑
いちおう筋道通ってるよね

(大人が面倒事を諫めるとか、喧嘩などを止める時の決め台詞)
「バカなことはおよしなさい」でしょ(強調すると「何やってんだバカヤロー」)。
警察のネゴシエーターもだいたいこの論調だよね(子供がよく言う悪いとかの悪口では無い《てか悪口自体が児童用語だから》)、
犯罪の場合は「バカはおよしなさい」では済まされない別次元だが、
●人類ヒト科ですからw
「誰だってバカみたいなことはする」ワケで
思うに、口には出さないが脳内では頻繁に「バッカじゃないの」言ってると思うのね(『自我』が)、
「バカか俺」ってさ(或いは「それは無いから」とか)、
思考時の合いの手ぐらいの頻度で信号出てるんじゃないかとすら思うよ(回数分だけ思考は深まる)。

→続きを読む

タグ:強迫心理
posted by kagewari at 21:03 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月05日

リクエスト関連(あおいさん「だから話をそらすなよイジメる側には批判無しでブスこそ整形すべきだってか?」)

あおいさん
(なぜ人を性的尺度の容姿で《厳密に言うと違うんだが》差別する犯罪者には批判が1mmも無いのさ?《そもそも管理職が女性の会社も別に珍しくないだろ》)
>化粧でも限界だから鼻は整形してます。昔はおかしな人ばかりしつこくつきまとわれました。美人は相手にしないけど私だといけると軽く見られてたようです。詐欺メイクをしてからは色んな男性に好かれるようになったけどおかしな人は寄ってこなくなりました(化粧と医師の力だけど)。美容院や店でもバッチリメイクでおしゃれした状態だと店員はちゃんとした態度だけどすっぴんだと店員にも横柄な態度を取られます。6割どころか殆どの会社、人が外見で判断します。あまりのブスなら自分の立場を守るために整形も仕方ないかなと思いますが。

●そもそも言ってることがオカシイ
「おかしな人はブス専だ」と決まってんの?意味わからないんだけど
どこのファンタジー世界の人なんですか、、、

ちなみに私が勤続17年フリーターバイト時代の管理職はずっと女性でしたし、
副業不動産でも、業務上の関係では女性店長や営業幹部の方など少なくありませんでした。
ブログのレポート依頼含めて付き合い長かったのも女性店長さんや幹部の方少なくありませんでしたし、何度も言いますが(現在は完全自宅SOHOのフリーランスなのでそもそも職場が自宅事務所なんだが)、女性を容姿で云々ですって?私東京暮らし40年になりますが、そんな職場をただの一件も存じ上げません。

規約にあるように【知人の話はNG】と書いてあるの読めませんか?
(規約違反だから)
どうしてあなたの身近な(どんなトンチキな環境か知りませんが)職場環境が一般論のエビデンスになるんだよ、、、あのさそれでゼミの卒論書けるの?
それはあなたの人格傾向で無意識に選択されてるのが『共同幻想』適応社会系だからって話に過ぎない。
■あのさ、心理学的に有権者の意識調査などから『共同幻想』適応系の分布は3割程度に過ぎず、65%の「歩留り」適応と、5%前後の『単独者』と一定の推論は立ってるワケ(これは新卒3割3年以内退社や東京都などの男性生涯独身予測値などで裏取ってます《飲酒率の変遷であるとか飲み会忌避率他》)。
●それからこれも規約だけども
規約記事の統計によって
<20・30代未婚者の意識・実態>
20代男性                        20代女性
2016、22.3% 2013、33.3% 恋人がいる  2013、42.6% 2016、33.7%
2016、19.3% 2013、30.2% 自分は社交的 2013、37.6% 2016、17.7%
2016、36.7% 2013、47.3% 休日は出かける 2013、49.2% 2016、35.7%
2016、11.3% 2013、17.8% 恋愛に積極的 2013、22.1% 2016、16.0%
30代男性                        30代女性
2016、18.0% 2013、17.1% 恋人がいる  2013、36.8% 2016、26.7%
2016、16.7% 2013、18.4% 自分は社交的 2013、22.6% 2016、17.7%
2016、34.7% 2013、36.1% 休日は出かける 2013、36.5% 2016、32.3%
2016、 8.3% 2013、10.0% 恋愛に積極的 2013、12.9% 2016、13.7%

これも既に古いDATAだから、現在は更に恋愛に積極的の数値が下落してると思う。
 ↑
つまりさ、全国統計で(特に都心部は)9割近くの独身男性は「あなたを性対象として見てないワケ(男性同僚と同じってこと:女性として意識しないと言い換えてもいい)」←この場合ブスもくそもあるかっての。

→続きを読む

タグ:適応強迫
posted by kagewari at 14:31 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

先日の「性別らしさ」記事の補完

元記事はこちらね
女性差別史観とLGBT(はたまた”性別らしさ”はどこまで幻想か)
https://kagewari.seesaa.net/article/500565259.html

あのおっさん顔の梅沢富美男ですら、劇団一座で女形やると美女に変身する。
(極論ノーメイクで梅沢富美男に似ていてもブス《附子》ではないってことです)
 ↑
もう一個付け加えると「ブス《附子》を造作のことだと勘違い《本来の意味は”トリカブトの根”無表情や面白く無さげな辛気臭い表情の意》」して、謎のコンプレックス感じている場合、これ当然だがその他大勢の女性達と個人的関係にないのだから「彼女達のすっぴんを知らない」ことになる。

でだ、梅沢富美男師匠の化粧技術には高度な技術が必要かもしれないが、
髭面パンチパーマのオッサンがメイクして女装するのと、
本当の女性が(どこにでもいる普通の女性)メイクして”女性らしく”するのとどちらが有利かって言えば後者です。
反対もそうだよね?
(一般女性が男装するより、髭面パンチパーマのオッサンの方が”男らしく”する上で有利)

個性化論議する時に、「足が速いから陸上に」「ダンスが好きだから」「絵画が得意だから美術へ」「走るより泳ぎが得意だから」「音楽が好きだから」「機械いじりが好きだ」「辛いのが好きだから激辛へ」など得意分野は早く水準が上がるから(或いは楽に専門っぽくなるから)、個性化ルートとしてはかなり主たる動機のひとつになる(全部が全部とは言わない)。
→ひとつの典型例な【得意とするものを伸ばす】
●なので前述の同記事では性別に応じて”らしくする”のは合理的範囲に含まれるでしょって話になってるワケ(これはナンチャッテ音楽評論における海外ハードロックボーカルの女性が「デスボイスなんかならなくてもいいと思うぞ」論として過去に記事がある)、

同様に、幼児がリーゼントに特攻服着るのもどうかと思うし
(まず100パー親がやらせたコスプレと思われる)
男性があまりに虚弱に見えると「少し筋トレしたら」とか言われることは(意識高い系ポリティカルコレクトネス的にはNGになるが)、「歩留り」の保守性に符合する範囲内かと思う(男性の場合得意分野だからだ《女性より筋肉がつきやすい》)。

だいたい日本においては「理系、文系」の選択があるが(これもいかんぜよって論議あるんだけどね)、みなさんこの選択で「多くが得意な方を選んでるだろ」←この合理性の話しさ

※ご存知かと思うが、米国『民主党』系のトンデモリベラル左翼において現在(LGBTのやりすぎで)親が自分の子供を意図的にそそのかして児童期から謎の注射を打ったり、性転換手術を勧めたりするというあり得ない話が現在進行形であり(トランプ陣営は子供の権利を守れと大統領選の争点になっている)、単純に「歩留り」の保守性はその反対ってこと。

→続きを読む

posted by kagewari at 13:10 | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月04日

リクエスト関連(あおいさん「いったいどこをどう読んでいるんですか?」)

<いつものように後から脱字直して、2行ほと追記>

あおいさん
(言ってる話が滅茶苦茶で反論になってませんよ?)
>私も昔容姿でいじめられた。レジバイトの時はお客様が私を避けて他のレジに行った。見知らぬ人からキモいと言われた。店で私が座ると近くの席の人が席を変える事もあった。詐欺メイクをしてから男女共に周りの反応が変わった。でもすっぴんを見せたら恋人に振られる事もあった。ノーメイクだと今でも前と同じ扱いを受ける事もある。ノーメイクだと男女共に横柄な態度の店員もいる。化粧して行くと店員の態度が良くなる。職場で雑用や恋人でもない男に性的サービスはしてません。そんなのしなくても容姿が良いと男性社員は親切です。

そもそも私は人を容姿で判断したりイジメに転じる人がいないとは言ってません。
いますよそりゃ
■だから真っ先に批判されるべきは「人を容姿で判断する奴だろ」と言ってんです。
(しかも職場で男性が女性に対しての場合セクハラであると)
下記記載のように予測値として4割の事業者にはセクハラは概ね無いか少ないので、答えは転職にあると、

●職場で女性にそいういうセクハラをするのは『共同幻想』社会系であり(偽装者も多くいる関係で事業者としては6割前後存在することになりますが)、現にこのようなハラスメントをなくすべきだと政府含めて動いているところで、「ブスが悪いみたいな話になったら違うだろ」と言ってんです。
※これも予測値ですが「上記により4割の事業者にはセクハラが起き難いだろう」となる計算
(しかも発端となる記事の投稿者はブス《附子》という言葉の意味を取り違えており《正確には無表情や不機嫌であるとか塞ぎ込んでいる様:『共同幻想』社会的には「アタシ達みたいな仲間の前でお前楽しくないの?」》、そもそも一般大衆の何割が美術の評論できるんです?実はブスと顔の造作における彫刻的な美意識には関連が無く、世論調査などにおける”人を外見で評価”などの細目も顔の造作という例は決して多く無く、髪型や服装や体形含めた”総合的な意味”という場合が決して少なくないとも言われてます《当然そこには態度や表情も含まれてくるでしょう》)
 ↑
■上記の説明は簡単で
(何故職場で女性にそういうセクハラをするのが『共同幻想』社会系だけかというと)
男性同士の友人関係で、男友達が友人の顔がどうこうウルサク言いますか?
(特別な趣味の違いがあればアレですが、)
そんな奴がいたとして、
●「僕は友人なら美少年と決めているんだ」←この発言聞いてどう思います?
ゲイなのかなと思いますよね、
女性をブスだなんだと関心持つには”自分の性対象と思ってないければ”動機が成立せんのです。
暗韻で言えば、「お前みたいなブスだと俺勃起できネーし」って意味です。
(だからセクハラだと言ってんの)
でだ、
何故『共同幻想』適応社会社会に限って「職場の同僚を自分の性対象と見る慣習があるの?」って、近代以降女性差別史観で(女性を一般職に留めるなど)いい会社に就職すると、「そこの女性社員の誰かと結婚できる」という暗黙のインセンティブがあったんです。
(現代でも結婚の多くが職場結婚であり、友人の紹介を合わせると半数超えるんだったかな?)
●どういう意味かって、関係する『共同幻想』仲間は「交際を申し込んでいい事になってんの」(頑張りによってはヤレるってことです)。←これを私は「仲間は誰でもOKの暗黙ルール」と呼んでます(交際申し出を断ることも可能だが、何故か→断る台詞は「ごめんなさい」であり謝罪しなければいけない。=暗黙ルールは”同じ仲間だから本当はOKだよね”)

■いやいや職場は仕事しにきてんであって、合コンじゃネーから
「職務上知り合った同僚等を許可なく性対象と見たらセクハラなんです」→「お前じゃ勃起できネーよとか、なんだそれ」犯罪だろ、、って見解
(ですから本来職場では同性同士の友人関係感覚を超えた表現などは許されない《勿論女性から男性に対してもです》)
と考えるコンプライアンス重視の意識高い職場や事業社が予測値で4割ほどあるワケ(←まずこっちを探して転職するのが健全じゃん)
※学校などでもイジメはありますが、不当にブスだなんだのイジメがあった時、罰せられるべきはイジメた側で、イジメられた側が整形すべきだって話になったら大変だろ。←ていうかイジメは構造的問題で(『共同幻想』適応社会だけがイジメをやるため)そういう問題起こした社会はその段階で現代の求める社会性として失格なのだから、被害者を元いた学校に戻そうとするのは悪手だろ(イジメ事件《不始末》を起こした学校を廃校にする《ケジメつける》のが先だろと俺は言ってんのさ)→それとも何かい、あなたはブスが悪いって言いたいの?

※『共同幻想』論的にも家臣が不始末起こした時には(刃傷《にんじょう》に及んだ実行者は切腹)連帯責任で御家取り潰しが対処の決まり事《それがわかってるから必死に隠蔽する》
(『共同幻想』社会の構造がその原因であれば、蛇の道は蛇でその道での対処をすべきでしょ)

→続きを読む

posted by kagewari at 10:15 | リクエスト関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『単独者』の雑感「そういえば最近「嫌煙ガー」って話をあまり聞かなくなったね」 (奴らが弱ってきたというより、「アリガトウIQOS」だな)

※カテゴリ「『単独者』の雑感」は「中立過ぎもどうか」と意図的に『単独者』視点で語る時事ネタなので、心理学の興味だけでブログを閲覧している方はスルーで。
(仰々しいものでも無いので「『自営業』の雑感」ぐらいの意味で読んでくれ、、)


■少し過去にあった激しい嫌煙運動の背景を精神分析してみようか、
(冗談だからね冗談)
喫煙と言えば昭和の不良の始まりみたいなもので(俺の喫煙歴の始まりも似たようなもの)、
”背伸びした””大人ぶった”などと表現される代名詞でもあった。
当然、ここで想定されているのは”父親”です。
 ↑
あら、もう答え出てますね

(しつこく言っておくが冗談だからね冗談)一部の嫌煙活動家が「嫌煙ガー」「副流煙ガー」で大騒ぎした心理の背景は、思春期『反抗期』こじらせて、父親相手に不潔だの臭いだの暴れている様”そのもの”だったのさ(これが嫌煙に象徴化されていた「某政治評論家は興奮してウンコのの匂いがする」とまで言っていたが思春期の青少年が『反抗期』に荒れてる時の暴言そのもの)。
つまり、彼らはなんらかのエディプスを拗らせてる人だったのだろうと。

現代社会の子供たちは、もう父親世代が非喫煙になるので(匂いに敏感に忌避があるのしても)、何か殊更興奮して騒ぐってことにはならないだろうと思う。
旧喫煙世代は、多くがIQOSなどの電子タバコ利用者になり、活動家も流石に「嫌煙ガー」「副流煙ガー」と騒げなくなった。
(この期に及んでも騒いでるのもいるけどさ、以前と比べれば大幅に勢力は減少したと思うぜ。)

平和になってなによりだわ、タバコが旨い



posted by kagewari at 05:05 | 『単独者』の雑感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月02日

記事リクの(実はナンセンス)「ブス《附子》論」を補完するというかまとめてみる(2)

必ず先に前編読んでおくこと
https://kagewari.seesaa.net/article/500579763.html
part2は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502759491.html

■「歩留り」階層や『単独者』はどうなんだろうと言えば、
そもそも同じ村社会ではありませんから、暗黙の異性関係合意などのフラグが”全くありません”から、『共同幻想』社会は『単独者』の外見容姿を特に”判断しません”(どうでもいいから《俗に言えばどんな様子でも面白い人”ダヨネ”〜など》)。
ちなみに『単独者』にとって”適応ダヨネ社会”はどうでもよく、DQN社会は「ワザとバカなフリするゲームなのか、罰ゲーム(これが旧約聖書の原罪か)」ぐらいに思っている(変わった宗教デスネ)。
●現代多数派の「最低でも歩留まり階層」はその中間点となりますので(答えを求めてさ迷うなかでかなりの数が左翼リベラルな”意識高い系”黒歴史時代を過ごしている可能性もあります《現代の欧米各国で一時期左翼リベラル政権が続々成立した背景はこれだったと思う→こちらが再選択保守に絶賛転向中》米国のMAGA)、
歩留りが狙っているのは、仲間ではあるが固定メンバーではないとか、その周辺の人のような位置取りかと思われですね。
(概念として「歩留り」階層は高齢者に至る過程の中で『単独者』を問われる構造なので、生涯歩留りというのはなかなか難しい作業だと思われ。)
立ち振る舞いが上手であれば(都会で生活するなど)、『共同幻想』社会から「あまり関心を持たれない」状況の確保に成功しているでしょう。

■簡単に言えば、
間違えて、急速に崩壊が進む『共同幻想』ブラック社会への適応などとか考えなければ、女性がブスとか(男性の場合キモイでしょうか)言われることは無くなります。
※みなさん街を歩けばわかると思いますが、美男美女など通常「ひとりもおりません」よね(笑
=美男美女である方が異例:アブノーマルなんですから(ちょっと個性的なのがナチュラル)
美男美女以外の外見容姿に呼称がある方がオカシイ(これじゃほぼ全員になっちまう)
(ちなみに”不細工”って言葉もありますが、そういうあなたは細工《ミケランジェロのような彫刻》がわかるの?できるの?→細工を判断できる能力も無い人が大半なのです《そういう言葉は美大を出てから言えと》←つまり”言葉のあや”に過ぎない《”不細工”とは”普通だね”の意である》)

■学校などのイジメにおいて頻繁にブスなどの表現が横行するのは、
文科省が時代遅れの意味不明な『共同幻想』社会運営(クラス=階級、運営)を続けていたのが理由です。大学のような解放的アプローチ(大学ではイジメが問題化されることはほぼ無い)を考えていない小中高校は全て「ブラック社会」なんです。
<意図的に「鳩の檻」(通常だと飛んで逃げられるものだから、檻の中だと殺意は無いのに”あっちいけ”だけの動機で同種を突き殺す)を作ってるのに等しい>
更に言うと、都合の悪いことに教育なんざを専攻したり関心強い人格は”多くが『共同幻想』適応者”であり【現代的には”個性化”教育を語る上で”不適格な人物”《全体主義系人物》が多いってこと】。
市井では『共同幻想』崩壊が次々と進んでいくなかで、学校制度などの運営は著しく遅れる結果となった。(高校野球で、丸坊主以外の選手登場したのは「やっと最近の話」ですぜ、)

●学校制度におけるイジメ事件は「ガチで人災です」(文科省の責任)

→続きを読む

posted by kagewari at 05:43 | TrackBack(0) | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年09月01日

記事リクの(実はナンセンス)「ブス《附子》論」を補完するというかまとめてみる(1)

発端となった記事リクは以下
https://kagewari.seesaa.net/article/500401218.html

part2は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502759491.html

■話の始まりは、近現代の「結婚制度」が女性差別史観を前提にしていたことだ。
(戦前などは嫁ぎ先の男性の顔も知らぬまま縁談がまとまってなんて結婚も珍しくなかった:ちなみに戦前の結婚は見合いも含むだが、確か7割程度が『縁談』である。→これが現代の社内結婚・友人の紹介へと変遷《戦後の自由恋愛は幻想に過ぎない:なんだかんだ相手は「同じ村社会の誰かである」》)
この制度が運営できた背景を更に心理学的に突っ込むと、
『共同幻想』社会のある暗黙ルールに突き当たる、
これは、ブログで再三登場するフレーズ「フォークダンスコンビのジレンマ(特定集団で意中の人と《しかも相思相愛で》コンビになる数学的確率が著しく低くなる件)」←これをいかなる手法で突破しているのかに繋がる【鍵は”馴化”】
 ↓
それが暗黙のルール「仲間は誰でもOK」
その証拠に、所謂恋愛シミュレーションやらセミドキュメンタリーにおいて、告白された相手が断る時の定番フレーズが「ごめんなさい」となっている(この慣習が定着している証拠でもある)。
【おかしいでしょ、何故謝らないといけないの?】→暗黙の前提は「仲間なんだから基本OKが前提だよね」「だよね、そうだよね」って構造にあるワケ(いちおう個別に断る権利はあるが、断る時には謝罪しなければならない)。
 ↓
●つまり大事なことは、そこに『共同幻想』適応社会(だよね)が展開されている場合(現代用語では”ブラック”)、仲間になるってことは性対象として「仲間は誰でもOK」への暗黙の合意を求められることになる。
「そんな理不尽な」と思う方いるかもしれませんが、
これは実に合理的に可能となります。
・人物像は、そもそも『共同幻想』適応により”共有人格:ダヨネ”をインストールしてますから仲間の人格に個人差は少なく
・年齢階層は社会性で概ね同世代などでくくられており
・外見容姿は流行ダヨネで服装も類似する上、容姿も”馴化”(簡単に言えば見慣れること)により、大きな違いを認識できなくなります
 ↑
ほらね、暗黙のルール「仲間は誰でもOK」は合理性に担保されています。
(この手法で『共同幻想』社会はフォークダンスコンビのジレンマを突破します)

■するとどうなります?
「長く仲間として安定的な関係(馴化が確実に起きる)を想定できるメンバーは誰でもOKな人」
「仲間としてどうだろ、関係の破綻もあるぞな(馴化に失敗)個人はNGな人(ごめんなさいは必要無い)」

 ↑
『共同幻想』ブラック社会に限った話ですが→「無意識に上記の設定が行われます」
なのでイジメなどにおいて、「仲間は無理な人」のことを暗号として”ブス《附子》”のレッテルを貼りパージしようとするのです。
(そもそもが生物学的に、見知らぬ個体は全て忌避される《初めて見る個体にシャーとか威嚇しないネコいますか?犬に至ってはもっと強烈ですよね》)
→●ちなみに歩留りの社会性は”ネコの集会”同様に(特定の集団では無く)環境としてそれを理解していることが先で(ネコが集会で互いに目を合わせないように)各人のプライバシーエリアに干渉しない慣習で担保されます→だから【歩留まり社会はハラスメントを許さない】んです(他人にはプライバシーに及ぶことを言及する権利はない)。

→続きを読む

posted by kagewari at 03:46 | 心理学テキスト「Why not」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド