2023年08月10日

『共同幻想』社会における友人は”友人では無い”(”適応者”社会の名誉のために言い換えると「論理的に個人的友人とはならない」になるのかな)

ともだちの概念にこれってのあるワケではないので説明難しいところあるが、
(米国などでソウルメイト《soul mate》って言葉が別途あるように《日本の親友との違いは微妙にワカラナイが》、友人と社交性の境界は曖昧だ。)
『共同幻想』社会の場合、”合わせることや共有することを目的化した”「適応人格」なる(昔の言葉で言うと”外面や外面や対面だ”)意図された作為的な人格に寄せる(乃至置き換える)状況にあるワケで、その人物像状態の交友は「社会適応を仕事の延長として捉えるならば」そら文字通りの意味の友人では無いことは説明の必要すら無いと思う。
 ↑
【幅を広げるとわかりやすい】
懇意の取引先の社長に媚びへつらってる営業マンが、その社長を友達と思うか?ってまああり得ないワケだが、→どうだろうDQN系で知られる”ママ友”社会などにおいて類似した関係が無いと言えるだろうか?(ママ友幼児虐待殺人事件は極端にしても)名称が”ママ友達”などという皮肉になっているが、一般論としても「面倒な主婦同士の付き合い」の俗称でしょ。

※”適応者”社会の名誉のためにあえて付け加えると「彼らの社会でも個人的友人」というのは非公式というか(或いは付き合いのある仲間に伝える事のない)、この表現もどうかと思うけれど”アンダーグラウンドには存在する”(ドラマなどのシナリオで言うとさ、”イジメ”の対象になる前の人物と実は非公式に親しかったのに”イジメ発動”で対応が180度変わるとかあるでしょ)。全員とかいうことではないけれど、”適応者”の多くも『共同幻想』を妄信しているのでは無く、体感的には「漠然と正しいとか無難という判断で”適応”しているだけ」なので、【ここ重要だけれどさ】仲間から外れたところにある”非適応系”個人は気が楽になるというか(風呂とトイレの中と同じに)仲間に言えないことも言えたりするからだ(カウンセラーみたいなものさ)。←この様子を特別親しいとは言わないかも知れないが、体感される”友人感”は(話せる”非適応系”個人の方が)付き合いの頻繁な仲間友人より高くなる。
 ↓
※「風呂とトイレの中」ってのは=「”適応者”にとってのプライバシー」を比喩したものだから、
非適応系個性派(プライバシー領域拡大)を基本とする現代の「最低でも歩留り以上階層」では、上記のような(頻繁に付き合いがあるわけではないため見た目は特別親しいという雰囲気はないかもしれないが)個人的友人(友人と呼ぶのがどうかといえば知人)この接点は増大するワケで(規約統計では休日も友人と出かけることは無い多数だが←そこと矛盾しないのわかる?)、「友人と呼んでいいかどうかわからないが(友人という単語に『共同幻想』用語的響きがあるから当て込み難いのさ)付き合いのある友人などより親しみのある知人はいる」ということになるのさ(前述の非公式関係と同じなので)頻繁に付き合いがあることは”無いけども”(極論交友が無くてもよい《最強なのは”たまに見かけるだけで和む”》)。


でだ、勤務先社員にしても、大学時代のサークルにしても、出先ですから(稀に知古の友人がそこにいるからってのも無いではないと思うが、、それも何か違うと思うだろ?)広い意味では「取引相手の社長」と被るところあるのであって、
●この『共同幻想』適応系の友人関係の特徴に「イベントありき」ってのがある
■ブログ記事リクコンテンツをお読みの方はピンときたと思うけど
何故”現代風に言えば”DQN社会コンプレックスな人の目に”適応者の友人達が遊び歩いているように見えるのか?”←「遊び友達(遊び目的の友達)」に代表されるように、インセンティブの鍵は「イベント性や飲酒や食事など」交友関係では”無く”、私利私欲であって(それを共有する仕組みで《共犯関係的に》友人っぽさが演出される)
→近代の『共同幻想』倫理を前提にすれば一目瞭然。
当時は仲間同士や上位者の許可なく飲酒やイベントを行うことは許されていなかった。
【単独行動で禁止されてますから、飲みたい人は参加するように】←この設定で”飲み会”へ誘導していたワケ(日本の村社会にに限らず欧米教会権力も同じ)。
 ↑
●繰り返すが、結果便宜的に集められた人員を相手に
「ハイ、オマエラ何々会の仲間同士な、みんな同じ酒を飲んだからにはもう友達だよね〜」←という囲い込みをしたもので、
【現代的に言えば婚活サイトのオフ会で集まってイベントやってる様】みたいなものさ、
(彼らは元々友人で仲がいいから集まりったり恥ずかしい遊興イベントに参加しているのでは”無い”)

→続きを読む

posted by kagewari at 23:37 | TrackBack(0) | 精神分析時事放談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【web投げ銭(記事リクエスト)】
amazonギフトカードによる『web投げ銭』の受付
amazonトップページよりギフトカード購入→Eメールタイプを選択
同ページの「2. 詳細を入力する」に金額と、配送Eメールあて先info@kagewari.sakura.ne.jpを入力
詳細は以下記事参照
記事リクエスト再開
https://kagewari.seesaa.net/article/500418743.html

<収益は当事務所運営経費に当てさせていただきます>

<利用料金の値上げ24.1/23>
値上げの経緯は以下
https://kagewari.seesaa.net/article/502153223.html
<送信先メールアドレスの変更24.1/25>
サーバ移転に伴い送信先メールアドレスが変更されてますご注意ください
→送信先info@kagewari.sakura.ne.jp


【注意事項】
・ブログタイトル下の利用規約を必ず読んでください
・プライバシー保護のためお名前は”HN”でお願いします
・メッセージ欄「記事リクエスト」が可能
※リクエストは”記事内において引用される可能性”がある点留意の上、プライバシー保護の範囲内で記載ください(記事内引用に合意したものとします)
※縁起物的なカンパは少額でも歓迎しますが、意味のわからない反論を”100円以下で連発する依頼”は偽計業務妨害に相当する準違法行為であることを理解できない方はご遠慮ください
■返信記事を予定する際の目安
24.1/23料金改定【ドトールコーヒーメニュー、カフェラテSサイズ340円から】受付します

・ガタガタ文句があるなら問い合わせメールなど利用すればいいわけで(着信拒否など対応可能なので業務妨害とは言い難い:それでも1回は送れるし)考えて利用してくれたまへ
※問い合わせ代表アカウント(レンタルサーバ提供)はGmailへの送信に安定性がないため、私から返信ある場合は予備のGmailアカウントから返信となる場合があります。

必ずリクエストに答えるなどの対応は”できません”が
(閉鎖された「コメント欄」や『公開掲示板』の補完として)
可能な限り質問等には答えていこうと思います

※送信にはAmazonのアカウントが必要です
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■■■『有料相談』の依頼は以下Pから■■■
https://kagewari.sakura.ne.jp/kage2.htm

現在は基本的に『簡易相談(依頼文2000文字まで)7,700円』『簡易相談ハーフ(依頼文1000文字まで)4,000円』「テーマ限定300文字1,000円」のみの受付です
(※サポートの200文字500円は『簡易相談』の後に週に2回まで利用可能)
(『簡易相談』の利用は原則月1回のみです《ハーフは月2回まで》、テーマ限定は週2回まで)

■ご存知と思いますが、レンタルサーバアカウントの多くはgmailへの送信に安定性がありません(受信に関する障害報告はありません)。gmailからの依頼の場合にはセキュリティを担保した別途専用アカウントを用意しています。

相談のコースや方法などやり取りの後に、
有料相談専用アカウントのメールアドレスをお伝えします
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
comments他

・コメント欄は『公開掲示板』同様に原則削除禁止です
(基本的に削除依頼には応じられません、削除依頼は投稿禁止ワードとなってます)

・SPAM対策として一部キャリアからの投稿がIP規制の対象となってます
(同規制キャリアから登録抜けによる投稿がある場合、投稿は自動削除されると同時に規制IPに追加登録されます)



現在コメント欄閉鎖中 (2014.7.26〜)



LINK
タグクラウド